デスクワークの肩こりを解消!ひどい肩こりをほぐすストレッチ方法とツボ押し

執筆者: 大西 紘平 職業:アパレル接客・暮らしガイド
はじめに

デスクワークをしていると、非常に肩が凝りますね。

 

現代人は肩こり人口が多いと言われている上、特にパソコンを使うことの多いオフィスでは、肩こりは避けて通れない症状だと思います。

 

 

今回は、デスクで簡単にできる肩こり解消法をご紹介します。

肩甲骨をほぐすストレッチ

肩こり解消の基本はストレッチです。

特に肩胛骨をほぐしてあげると、痛みが和らぎ肩が軽くなります。

 

「腕を後ろで組んで伸ばす」ストレッチ

方法はいくつかありますが、もっとも簡単な方法は「腕を後ろで組んで伸ばす」ストレッチです。

 

1. まず背筋をのばし、両腕を後ろで組みます。



2. 次に息を吸い込み、腕を軽く伸ばしながら10秒かけて息を吐き出します。

息を吐き出す間、腕を後ろに組んだままキープします。

このストレッチを3~4セット繰り返します。

肩胛骨がほぐれて肩の痛みが和らぎ、肩こりも解消されます

 

肩を回すストレッチ

もう一つが、背筋を伸ばし、腕の力を抜いて後ろにぐるぐる回す方法です。

立った状態で20秒ほど回します。

 

このとき、肩甲骨が動くように意識してみてください。

血行が良くなり、肩の重みが緩和されます。

ツボマッサージで肩こり解消

肩こり解消に効くツボをマッサージしてみましょう。

 

一番分かりやすいツボは後頭部にある「天注」というツボです。

天柱は後頭部の髪の生え際、髪と首の間付近にあります。

押したときに鈍い痛みを感じる部分が天柱です。

 

 

天柱に人差し指と中指を当て、そのままゆっくり5秒指圧しましょう。

数回繰り返すうちに肩こりが和らぎます。

 

このツボを刺激すると血行促進効果があり、肩こりの原因である血流の流れを良くしてくれます。

疲労回復にも効果がありますので、疲れたときにはマッサージしてみましょう。

温めて治す方法

肩こりは、血行を促進すると痛みが緩和されます。


そのため、使い捨てカイロや蒸しタオルで一時的に温める方法もお勧めです。

オフィスの場合は使い捨てカイロやめぐりズムなどの市販品、自宅であれば蒸しタオルを使ってみると良いでしょう。

 

 

使い捨てカイロ系で即対処

使い捨てカイロ系は、痛みがある部分にしばらく乗せます。

やけどには注意しましょう。

 

蒸しタオルでリラックス

蒸しタオルは、ハンドタオルなどを濡らして堅く絞り、レンジで30秒ほど加熱します。

あら熱が取れたら肩に乗せ、しばらくそのままにしておきましょう。

 

1分ほど当てるとじわじわ効いていきます。

おわりに

肩こりは、慢性的なものと一時的なものの2つに分けられます。


慢性的な肩こりで悩んでいる方も、毎日マッサージやストレッチを試してみましょう。

特にツボマッサージはすぐできて効果が期待できます。


肩こりは様々な病気を引き起こす可能性があります。

パソコンを使いすぎて肩が凝ったら、早めにほぐしてあげましょう。

 
 コラムニスト情報
大西 紘平
性別:男性  |   現在地:香川県  |   職業:アパレル接客・暮らしガイド

コラムをご覧いただきありがとうございます。

服飾専門学校を卒業後はアパレル業界へ数年間身を置いていました。
Latteではファッション(業界ネタ中心)や生活の知恵など、様々なコラムを執筆しています。

今は下記のブログでも情報を配信中です。

flappe(フリーランス・フリーライター向け情報サイト)
http://flappe.guide-book.xyz/

ぐーぱん(ファッション業界の最新ニュース)
http://gu-pan.com/

お気に召しましたらGoogle+のページもご覧下さい。
コラム配信のお知らせをいち早くお届けします。

*Google+*
https://plus.google.com/107466210478032391080/about

*Twitter*(ぐーぱん専用)
https://twitter.com/gu_pan_news

 

 健康・医療のコラム