可愛いリースの飾り方♡ナチュラルなお部屋に似合うインテリア活用術

執筆者: korie
はじめに

お部屋にリースを飾ったことがありますか?


クリスマスの時期になると玄関先に掛けられているのをよく見かけますが、色や素材を選べば、クリスマス期間だけではなく一年中楽しむことができるアイテムです。

 

今回は、様々なリースの楽しみ方をご紹介します。


 

リースの楽しみ方いろいろ
フラワーリース

お部屋を華やかに演出してくれるフラワーリース。

ドライフラワーやプリザーブドフラワー(一般的に、生花や葉を一度脱色してから着色し、乾燥させたもの)、造花を使ったものがあります。


お花の色、形は様々なので、お部屋の雰囲気や色味に合わせて選びましょう。

生花で作られたリースとは異なり、加工された花や造花で作られたリースは、長い間楽しむことができます。

 

グリーンのリース

 

シンプルなグリーンのリースなら、どんなインテリアにも合うので取り入れやすいでしょう。

瑞々しいグリーンのリースを光の当たる場所に吊るせば、爽やかな空間が演出できます。

 

気分を変えたいときには、花や木の実、リボンなどをデコレーションしてアレンジして飾っても素敵です。

 

 

リースを置いて楽しむ

リースは壁などに掛けて楽しむことが多いですが、置いて楽しむのもおすすめです。

置いたリースの真ん中にキャンドルを灯すなど、ディナータイムのテーブルアレンジメントに使えそうなアイデアです。

 

 

小さ目のリースをお気に入りの雑貨たちと棚に並べて、オリジナルのディスプレイを作るのも楽しいですね。

 

 

手作りのリース

身近にある材料でオリジナルのリースを作るのも良いですね。

プリザーブドフラワーなどの花材を使用した本格的なものもありますが、手軽に作れるリースもあります。

 

100円ショップアイテムを利用

 

100円ショップなどで手に入るリースの土台を利用すれば、簡単にオリジナルリースが作れます。

 

手芸店で小物を揃えて

手芸店には様々なデコレーションアイテムが販売されています。

 

土台にリボンを巻きつけたり、どんぐりやポプリ、ドライフラワーなどお好みの素材をグルーガンやボンド等で貼り付けたりして作ります。

 


こちらは植物のつるを巻いて麻紐でまとめ、造花をあしらっただけの簡単リースです。

こんなリースをさりげなくお部屋の一角に飾るのもいいでしょう。

まとめ

今回は、様々なリースの楽しみ方をご紹介しました。


色や素材、アレンジ次第で一年中楽しめるインテリアアイテムですので、ぜひお気に入りのリースをみつけて飾ってみましょう。

 
 

 生活のコラム