誰でも分かる図解エクセル(Excel)。ブックの作成・使い方・保存方法

執筆者: 池本伸治 職業:ITコンサルタント
はじめに

こんにちは、ITコンサルタントの池本伸治です。

 

今回のコラムでは、Excelで最も使用することが多い基本操作として、以下の3点をご説明します。

 

  • 新しいブックを作成する方法
  • 既存のブックを開く方法
  • ブックの保存方法

 

 

新しいブックの作成

Excelを起動すると、最初に以下のような画面が表示されます。

あるいは「ファイル」タブの「新規」でも表示可能です。

 

作成方法

新しいブックの作り方は、次の2通りです。

 

  1. 「空白のブック」から作成する方法
  2. テンプレートをベースにして作成する方法

 

テンプレートをベースにして作成すると、最初から作るより、早く、簡単に、使える文書ができるので、初心者には特にお勧めの方法。

「オンライン テンプレートの検索」と表示されているボックスにキーワードを入力し、オンラインテンプレートを検索することもできます。

既存のブックを開く

ハードディスクやUSBメモリなどに保存されている既存のExcelのブックを開く方法は、次の2通り。
基本的に、他のWindowsアプリケーションと同様の操作です。

 

  1. そのファイルのアイコンをダブルクリックする方法
  2. Excelを起動してから、そのファイルを選ぶ方法

 

2の場合、前述の画面の「最近使ったファイル」から選ぶか、「他のブックを開く」で選びます。
あるいは「ファイル」タブの「開く」でも同様の操作ができます。

 

 

ブックを保存する

作成したブックを再度使うためには、ハードディスクやUSBメモリなどに保存する必要があります。
保存の方法は次の2通りです。

 

作成したブックに任意の名前を付けて保存する方法

新しくブックを作成した場合や、開いているブックに新しく名前を付けて保存する場合、「ファイル」タブから「名前を付けて保存」を選ぶと、以下のような画面が表示されます。

 

 

ファイル名には、日付や通し番号を任意の名前の後ろに付けると、後で整理しやすくなります。
例:精算表_池本_20150210_V01.xlsx

 

開いているブックに上書き保存する方法

開いたブックを修正し、同じファイル名のまま上書きする場合は「ファイル」タブから「上書き保存」を選びます。

おわりに

Excelのブック基本操作についてご説明しました。
引き続き、次回もExcelの基本操作について解説していきたいと思います。

 
 コラムニスト情報
池本伸治
性別:男性  |   職業:ITコンサルタント

埼玉県所沢市で合同会社オフィス・イーユーシーというIT会社を経営しております。
IT歴(IT専門家として)30年超の経験を活かして、地域の小さな会社やお店のITの有効活用を通してお客様のビジネスの活性化を支援したいとの思いで立ち上げた会社です。
EUC(End User Computing)とは、ユーザ自身がシステムの運用・開発に積極的に関わっていくという考え方で、私はEUC推進に関するコンサルタントをしております。
詳しくは弊社のサイトをご覧になっていただくと幸いです。
http://office-euc.jp/

 

 PC・家電のコラム