Excel(エクセル)の作業効率アップ!セルのコピーや移動を素早く行う便利な裏技3選

執筆者: 池本伸治 職業:ITコンサルタント
はじめに

こんにちは、ITコンサルタントの池本伸治です。

今回は、Excelでの作業効率を劇的に向上させる、3つの小技をご紹介します。

 

  • Ctrlキーとマウスを使ったセルのコピー
  • Shiftキーとマウスを使ったセルの移動
  • ShiftキーとCtrlキーとマウスを使ったセルのコピー

 

 

Ctrlキーとマウスを使ったセルのコピー

複数のセルをコピーする場合、通常の操作では少なくとも4ステップが必要です。

しかし、以下の方法では2ステップで完了します。

 

  1. コピーしたいセルの範囲をマウスでハイライトします。
  2. 選択されている範囲の端にマウスポインタを持っていくと、矢印に変化するので、この状態で、Ctrlキーを押しながら、コピー先のセルに選択範囲の枠をドラッグ。マウスの左ボタンから指を離します。

 

 

Shiftキーとマウスを使ったセルの移動

Excelで複数のセルを移動する場合、通常の操作では少なくとも4ステップ必要です。

しかし、以下の方法だと2ステップで完了します。

 

  1. 移動したいセルの範囲をマウスでハイライトします。
  2. 選択されている範囲の端にマウスポインタを持っていくと、矢印に変化するので、この状態で、Shiftキーを押しながら、移動先のセルを指定してドラッグ。マウスの左ボタンから指を離します。

 

セルの列間に挿入する場合

既にデータが入っているセルの列間に挿入したい時は、図Aのように、挿入位置が表示されるので、位置を決めて左ボタンから指を離します。

 

この時、Data2~Data4の列が左にずれていることに注意して下さい。

 

 

データの行間に挿入する場合

既にデータが入っている行間に挿入したい時は、図Bのように挿入位置が表示されるので、列間への挿入と同様の操作をします。

 

 

ShiftキーとCtrlキーとマウスを使ったセルのコピー

「Shiftキーとマウスを使ったセルの移動」とほぼ同じ操作ですが、同時にCtrlキーを押すことだけが違います。

手順は以下の2ステップです。

 

  1. コピーしたいセルの範囲をマウスでハイライトします。
  2. 選択されている範囲の端にマウスポインタを持っていくと、矢印に変化するので、この状態で、ShiftキーとCtrlキーを同時に押しながらドラッグして、図Cのように挿入位置を指定。マウスの左ボタンから指を離します。

 

 

おわりに

Excelの操作では、セルのコピーや移動の操作頻度が高いので、今回の小技を覚えると、操作効率が格段に上がること請け合いです。

 コラムニスト情報
池本伸治
性別:男性  |   職業:ITコンサルタント

埼玉県所沢市で合同会社オフィス・イーユーシーというIT会社を経営しております。
IT歴(IT専門家として)30年超の経験を活かして、地域の小さな会社やお店のITの有効活用を通してお客様のビジネスの活性化を支援したいとの思いで立ち上げた会社です。
EUC(End User Computing)とは、ユーザ自身がシステムの運用・開発に積極的に関わっていくという考え方で、私はEUC推進に関するコンサルタントをしております。
詳しくは弊社のサイトをご覧になっていただくと幸いです。
http://office-euc.jp/