マイナス思考を変えてポジティブになる方法!あなたの考え方の癖を知る

考え方の癖を変えたい!ポジティブ思考になれる実践トレーニングを、NLPトレーナー&カウンセラーが解説。まずはネガティブな考え方の癖をセルフチェックしてみましょう。

執筆者: 平井妙子 職業:NLPトレーナー&カウンセラー
マイナス思考を変えたい!ポジティブになる方法とは

こんにちは、NLPトレーナー&カウンセラー平井妙子です。


人の苦悩は尽きないもの。

良くない感情が生まれますが、それはいったい何故でしょうか。


誰かの態度から?自分のミスから?思い通りにならないから?自分がダメだから?

 

出来事にポジティブもネガティブもない

出来事の意味から、マイナスの感情を生み出しています。
自分が物事をどのように解釈するかで、気持ちは変化します。

 

「起きた出来事(過去)と他人は変えられない、だから自分が変わりましょう」というフレーズは、多くの方がご存知でしょう。

しかし、「じゃあ自分を変えるにはどうすればいいの?」と思われているはず。


今回は、自分を変える一つの方法をお伝えいたします。

 

 

出来事に対してマイナスの意味をつけているのはあなた!

心理学では「リフレーミング」というものがあります。
リ・フレーム。

つまり、枠組みを変えると意味が変わるという考え方です。


例えば、結婚式の写真。
100均のプラスチックフレームと、高価なキラキラしたゴージャスフレームとでは、違って見えませんか?

 

「コップ半分の水」を例えにすると、「まだ半分ある」と思う人もいれば、「もう半分しかない」と思う人もいます。
あるいは、「家で飲む水」と「砂漠の真ん中で飲む水」の価値は大きく変わりますよね。

「写真」や「水」は何ら変わらないのですが、どう捉えるかで意味合いは変わります。

 

マイナス思考を変えて、ポジティブになる実践トレーニング

このように、解釈は自分で自由に変化させることが出来ます。
自分がマイナスだと思い込んでいることは、他者からは見れば、プラスであったりします。

では、早速練習してみましょう。

誰かに以下の言葉を言われたと仮定して、その言葉をプラスの言葉に変換しつつ返してみてください。

1)忙しくて、時間が無くてできません。
2)物事が決められないのです。
3)涙が止まらないのです。


出来ましたか?

いくつか例文を挙げましょう。

 

1)忙しくて、時間が無くてできません。
  • 大切な誰か、何かのために時間を使っているのですね。
  • 時間を無駄にしない毎日を過ごしているのですね。
  • 時間を大切に使いたいと思っているのですね。

 

2)物事が決められないのです。
  • 多くの人の話を聴き入れる姿勢を持っているのですね。
  • 情報をたくさんお持ちなのですね。
  • アイデアやアンテナがたくさんあるということですね。

 

3)涙が止まらないのです。
  • 浄化の涙ですね。
  • 感情が豊かなのですね。

 

マイナスな言葉をポジティブに変換してみよう

日常の会話(相手や自分自身)の中で、上記のようにプラスに変換できれば、気持ちも軽くなります。

 

自分にポジティブワードを使えるようになると

自分の欠点や短所と思っていることは思い込みで、実は長所であることにも気づきます。
また、他者の長所を見つけるのが得意になってきます。

 

他者にポジティブワードを使えるようになると

「この人と話すと元気になる」「楽になる」など感じ、人間関係に良い影響をもたらします。

まずはポジティブな考え方に変えてみることから

病気の方に「ゆっくり充電されて下さい」「御自愛下さい」といったメッセージ、誰も送ったことがあるかと思います。
これもプラスの言葉に変換されたものです。

 

このように、日常の中に多く使われています。
意識し、プラス思考を身につけることで、「自分が変わる」を実感されてみて下さいね。

 
 コラムニスト情報
平井妙子
性別:女性  |   現在地:山口県下関市  |   職業:NLPトレーナー&カウンセラー

幸導塾主宰、ウィングシード株式会社 代表。
NLPトレーナー、カウンセラー、コーチングコーチとして、これらのスキルを統合し、メンタルサポート&研修、講演、セミナー等を行っております。
幸導=こうどう=行動、望ましい状態へアクションを起こし、幸せへと導くお手伝い。看護師として、心と身体の健康もサポートしています。

★ウィングシード株式会社★
http://www.wingseed.jp/
★ブログ 輝く人生☆導場★
http://ameblo.jp/wingseed-ns/

 

 生活のコラム

  このコラムに関するタグ