家族や同居人が部屋を片付けてくれない!自主的に整理整頓して貰うコツとは

執筆者: Barbie Style 職業:整理収納アドバイザー
はじめに

生活をしている中で、部屋の片づけは誰しもが大変・面倒・億劫と感じる事が多いと思います。

 

例えば…
  • 家族が協力的でない
  • パートナーが次から次へと物を買ってくる
  • 子供がすぐに散らかす
  • 時間がない


など理由は沢山あれど、いつもどこか他人のせいにして、片づけが出来ないと言う方が多くいらっしゃいます。

 

今回は、家族が自発的に片づけをしてくれる方法のご紹介です。

 

 

片づけをしよう
  • どんなに家族に望んでも、どれだけ口を酸っぱくして同じ事を言っても、少しも変わってくれない。
  • 毎日不満や、イライラを募らせ、部屋はどんどん荒れていく。
  • 荒れているから、家族も私に冷たく感じる。

 

 

悪循環を断ち切る

そんな悪循環を断ち切るのには、やはりお片づけがとても効果的です。それも、他人に望むお片づけではなく「自らがどんどんやっていくお片づけ」です。

 

家族に片づけの期待はしない

片付けをしている時には、家族に期待をしてはいけません。ただ淡々と、自分と自分の物に向き合っていくのです。あらゆる家族の所持品が邪魔に見えてきます。


「これも、あれも、それも、全部あの人のだわ!」、「また子供のおもちゃが出てきた!」

しかし、ひたすら自分の物と向き合います。

「要る?要らない?」自分に問いかける

多すぎてコントロール出来ていない物を減らしていくと、どんどん気持ちが楽になってくる自分を発見し、楽しくなってきます。

 

 

楽しい上に、部屋は綺麗になっていくため、家族はそんなあなたに興味が出てきます。

  • 何でそんなに楽しそうなの?
  • 何で最近変わってきたの?
  • ここは綺麗だから、汚したらダメだな…
  • 自分も、自分の物は部屋に持っていっておこう…


綺麗さや、生き生きした言動は周りに伝染します。

家族が変わってくる

普段何一つ捨てなかったパートナーが、あなたが楽しそうに物を捨ててるのを見て、突然捨て始めます。

そんなに楽しそうなら…とやってみたくなり、綺麗にし始めるとそこに物を置くのが申し訳なくなってきます。

 

何も言わずとも、家族が片づけを始める

あなたは「片付けて!」と一言も言わずして、家族はあなたのやっている事をやり始めます。

綺麗で心地よい部屋の感覚を覚えると、それをキープしたくなります。

自分もスッキリする感覚を覚えた家族は、笑顔になり、会話が増え、空気が変わり、今まであなたが悩んでいた事を一気に解決してくれます。

 

 

自分から快適な空間を作る

片づかない原因を、家族のせいにする必要もありません。

ただひたすら自分の物に向き合い、快適な空間を作っていけば、自然と周りが変わっていきます。

 

おわりに

他人を変えようとする事は不可能に近いですが、自分が変わる事は出来ます。
そして、自分が変わる事で周りの人が変わっていく事はあります。

お片づけは、そんな家族の笑顔や、変化を見る事の出来る素敵なツールなのです。

アドバイスさせて頂いた沢山の方が「家族がどんどん変わっていった」と言って貰えたら、光栄です。

 
 コラムニスト情報
Barbie  Style
性別:女性  |   現在地:名古屋  |   職業:整理収納アドバイザー

愛知県名古屋市を中心に 整理収納アドバイザーとして お仕事をしています。
お片づけでお悩みの女性をサポートしますo(^_^)o

 

 住宅・不動産のコラム

 生活のコラム