断捨利で豊かなシンプルライフを。片づけで迷った時の3ステップ方法

執筆者: 岩舘 さゆり 職業:ライフオーガナイザー/クローゼットオーガナイザー
はじめに

こんにちは。ライフオーガナイザーの岩舘さゆりです。

 

皆さん、断捨利の定義をご存知ですか?

  • 「断」 入ってくる不要、不適、不快なモノを断つ
  • 「捨」 はびこり堆積した不要、不適、不快なモノを捨てる
  • 「利」 とらわれた状態から、離れていく


「断」と「捨」は、実際に家の中にあるガラクタを捨てる、要らないモノが入ってくるのを断つという行動で、「断」と「捨」を繰り返していくと、「利」の状態、すなわちゆとりのある“自在”の空間で心地よく暮らす状態を指すのだそうです。

 

今回は断捨利についてお話したいと思います。

 

※「断捨離」は、やましたひでこ氏の登録商標です。

 

使わないモノは捨てるの苦痛

片付け=捨てる。

 

片付けに苦手意識をお持ちの方は、「捨てる」ことに抵抗を感じていることが少なくありません。
使わないモノは捨てることを助長している世の中ですが、使わないけど捨てられないモノもたくさんありますよね。

 

例えば、お子さんが赤ちゃんの時に着ていた産着や、初めて書いてくれた手紙、母親から譲り受けた着物や食器など、いわゆる思い出と言われるモノたち。

 

 

所有しているだけで、心を落ち着かせてくれたり、背中を押してくれたり、笑顔になれたり、そんなモノであれば無理に捨てる必要はないと私は考えます。

本当の断捨利って?

私が考える断捨利は、自分にとって「必要・素敵・快適」なモノを厳選することで、「不要・不適・不快なモノを断つ・捨てる」と逆の思考です。

 

羅列された字を見るだけでも、なんだか気持ちが沈んでしまいますが、反して自分が持っているだけでモチベーションを上げてくれるモノ、使い勝手がいいモノ、お気に入りのモノを選ぶ、ワクワクする作業と考えたら、楽しくなりませんか?

 

 

迷ったときは

片付け作業をするときは全部出して「いる」、「いらない」、「迷う」に分類すると進めやすいです。

 

3秒迷ったら「迷う」に入れます。

分類が終わり、「いる」は使う場所に配置、もしくは適切な場所で保管します。

「いらない」は、捨てるだけでなく、リサイクルや欲しい人にあげることも手放す手段となります。

 

「迷う」は期限を決めて保管し、都度リセットしていくのですが、「手放せないかな?」と自問してみましょう。

「何かに使えるかも」という言葉は、手放す踏ん切りを鈍らせます。

 

 

おわりに

モノがたくさんあれば、豊かなのでしょうか?

抱えているモノが多すぎると、動きにくいし身軽な方が走りやすいですよね。

 

暮らしも同じです。1日1つ何か手放してみましょう。

 

1年続けたら365個のモノを手放すことになります。

無くてもさほど気にならない。そんなモノたちが意外に多いかもしれません。

 

暮らしは、量より質です。モノを介して、本来の自分を見つけましょう。

 
 コラムニスト情報
岩舘 さゆり
性別:女性  |   現在地:岩手県雫石町  |   職業:ライフオーガナイザー/クローゼットオーガナイザー

はじめまして。岩手のライフオーガナイザー岩舘さゆりです。
片付けも、ファッションも自分のセンスのなさに楽しめずにいたのですが、
成功の法則(理論)を学んで克服できました。
今は毎日がラクで楽しいです♪
基本を知っていれば、いかようにもアレンジできます。
お隣さんと同じである必要は全くありません!
片付けのお悩みを解消できるヒントをお伝えしていきます。

 

 生活のコラム