片付けられない夫や子供に!整理整頓をやる気にさせる6つの方法

「家族が片づけてくれない!」旦那様や子供が整理整頓や収納が出来ない悩みを改善する、お片付けのやる気を出させるモチベーションアップ方法をご紹介します。

執筆者: Barbie Style 職業:整理収納アドバイザー
片づけられない家族にやる気を出させる方法

整理収納作業にお伺いすると、「ママさんだけが必死で片付けを行い、家族の協力を得られない」というお悩みをお聞きします。

居心地の良い空間は、そこで暮らす家族皆で作り上げていくもの。

そのためには、家族の力が必要となります。

パパや子どもに対して、片づけをやる気にさせるには、次の6つの方法があります。

 

 

1.素敵な空間を見せ、刺激を与える。

インテリアショップやホテル、旅館、モデルルームなどのウットリするような空間に行くと、素敵だな、と刺激を受けますよね。

インテリア雑誌でオシャレなお宅を見たり、綺麗に片付いた友人宅に遊びに行ったりすると、こんなところで暮らしたい、なんて思いませんか?

そういう刺激を受けると、お部屋を片付けてみたくなりますよね。

2.やる気スイッチの入る音楽をかける。

やる気スイッチを入れてくれる音楽ってありますよね。

『トイレの神様』という曲を聴くと、無性にトイレ掃除がしたくなりませんか?
『ルージュの伝言』を聴くと、なんだか楽しく掃除機をかけたくなったり。

どんな曲でもいいですが、音楽があると、お掃除が楽しくなりますよ。

 

 

3.競争心を上手く利用して、ゲーム感覚で。

誰だって、「競争」となると ムキになってやりたくなりますよね。

 

その気持ちを、片付けにも活用してみませんか?

結構燃えますよ。

 

お子さんと

おもちゃの片付け VS 食器洗い

ご主人と

本の整理 VS お風呂掃除

以上は、例ですが、どんな対決でも楽しみながらやってみてください。

 

 

4.視覚(ビフォーアフター)で、達成感アップ!

今はスマートフォンで、簡単に写真が撮影できるので、是非 片付ける前、片付けた後の写真を撮影してみてください。

成し遂げたという達成感を、より強く感じることができます。

 

視覚的な効果で、次々片付けたくなりますよ。

5.ご褒美のためなら、頑張れる?!
三週間続ければ、習慣に!

脳科学では、三週間続けると、それが習慣として身に付くと言われています。

 

 表を作り、出来たらシールやスタンプを

表を作り、出来たらシールやスタンプで埋めていきましょう。

 

三週間続けることができたら、頑張った自分やご家族に、ご褒美をあげることにすると、さらにモチベーションがアップします。

表にも、目立つように書いておくと良いですね。

 

 

6.前向きな気持ちになれる、魔法の言葉をかける。

人は褒められると、嬉しくなりますよね。

前向きな気持ちになれる魔法の言葉、『あいうえお』があります。

  • あ … 有難う
  • い … いいね
  • う … 上手いね
  • え … えらいね~
  • お … お~!すごいね

 

是非、出来たことに目を向けて、嬉しくなる言葉を笑顔でかけてあげてください。

 

おわりに

嫌な気持ちになると、どうしても長続きしません。

やる気を刺激する「やる気スイッチ」を押してあげて、家族皆で居心地の良い空間を作っていけると良いですね。

 コラムニスト情報
Barbie  Style
性別:女性  |   現在地:名古屋  |   職業:整理収納アドバイザー

愛知県名古屋市を中心に 整理収納アドバイザーとして お仕事をしています。
お片づけでお悩みの女性をサポートしますo(^_^)o