片付けが苦手でも「すっきりキッチン」に♪台所の収納整理ポイント5つ

執筆者: Barbie Style 職業:整理収納アドバイザー
おうちのキッチン、キレイでスッキリしてますか?

キッチンは女の城とも言われる場所。

サッと料理ができて、いつも美味しいご飯が提供できるということは、家族にも喜ばれます。
そして、それは家族の笑顔、自分の笑顔にもつながります。

今回は、キッチン整理のちょっとしたコツをご紹介します。

 

 

「掃除するなら、まずはキッチンから」がおすすめなワケ

おうちをキレイにしたいという方には、キッチンから掃除を始めることを、次のような理由でお勧めします。

 

物がまとまっていて、取り掛かりやすい

キッチンは、おもちゃや服などが混在してるわけでもなく、比較的キッチンで使われている物がまとまっているので、取り掛かりやすい場所です。

 

キッチンでほぼ完結しているので、集中できる

キッチンで使う物がまとまっているので、他の部屋とリンクして考える必要が少ない分集中して作業できます。

 

捨てる判断をする練習にピッタリ

賞味期限など、明確に「捨て時です」と教えてくれる物が置かれているので、捨てる判断をする練習にもってこいです。

 

片付いたことのメリットを実感しやすく、やりがいがある

キッチンがキレイになると、料理にとりかかるのが早くなり、料理の効率もグンと良くなります。
それゆえに、片付いたことが、色々なことに良い影響を与えることを実感しやすいのです。

例えば、いつもより1品余分に作ろうかなといった意欲が湧けば、自分や家族の健康面にまで効果が及びます。

 

キッチン整理のポイント
食器類を見直す

食器棚に食器があふれかえっていませんか?

 

欠けていたり、個数が半端な物、頂き物や粗品などで、自分のテイストではないのに使ってしまっている、または、仕舞われてしまってる物はないかをチェックします。

不要なものは、適宜処分しましょう。

 

お鍋やフライパンを見直す

シンク下に重ねに重ねてタワーになっているお鍋やフライパンを見直しましょう。

代用できるお鍋はありませんか?

 

1度に使えるコンロの数も決まっています。

同じような形、用途のものが複数あったり、焦げ付きやすいなど使いづらくなっている物を使い続けていたりした場合は、必要な数だけ残して処分することをお勧めします。

 

 

キッチンツールを見直す

ほとんど出番がないのに場所を取るもの、同じものが何個もあるものがないか、見直しましょう。

便利と言われて買ったけど、結局使ってないものや、シャッと洗えばまたすぐに使えるお玉など、数を確認してみてください。

 

 

賞味期限が切れの食品は、思い切ってサヨナラ!

賞味期限が切れている食品は、一度リセットしましょう。

使いきれなかった物は、次回から買う時に、ストックの仕方を注意するようにします。

調味料は、極力収納する

キッチンの上に出っぱなしになっている調味料なども、極力収納してしまいましょう。

 

気がつくと、すぐに油でベタベタになっている調味料入れ。
ホコリなどが付着すると、容器自体洗うのも億劫になってきます。

 

キッチンは食品を扱う場所なので、常に清潔を保つためにも、やはりサッとお掃除ができる環境を作ることも大切です。

 

 

おわりに

こうやってキッチン収納の中で、眠っているもの、使っていないもの、代用できるものを探して整理していくと、
驚くほど空間が生まれます。

空間ができると、物一つ一つが取り出しやすくもなります。

お片づけ、どこから手をつけようかお悩みの方。
まず、キッチンから始められてはいかがでしょうか?

 
 コラムニスト情報
Barbie  Style
性別:女性  |   現在地:名古屋  |   職業:整理収納アドバイザー

愛知県名古屋市を中心に 整理収納アドバイザーとして お仕事をしています。
お片づけでお悩みの女性をサポートしますo(^_^)o

 

 生活のコラム