子どもを産んだら夫婦仲が悪化!?「産後クライシス」を回避する5つのポイント (1/2)

執筆者: よねだ ひさえ 職業:心理カウンセラー&ライティングサービス
「産後クライシス」とは?

「産後クライシス」という言葉をご存知でしょうか。
『出産を機に夫婦仲が悪化する現象』を指して、そう呼ぶそうです。


出産により家族が増え、各々の役割ややる事が増える事により、それまで隠せていたことが表面化してしまった結果。

それが産後クライシスです。

 

 

出産は、あくまでも「きっかけ」でしかない

子供が生まれた事が原因だと思われるかもしれません。
ですが、それは「きっかけ」にしか過ぎないのです。

 

クライシスを迎える原因自体は、そのかなり前からずっと存在しています。

 

  • 夫婦間を隔てる溝が、昔からありませんでしたか?
  • 何だかすれ違ってるような、と感じる事はありませんでしたか?
  • でも、ガマンすれば良いかと思っていませんでしたか?
  • あるいは、見て見ぬふりをしてきませんでしたか?


大人同士だけの生活なら、見過ごしても大きな問題にならなかったとしても、子供が生まれると途端に大問題に発展します。

クライシスを回避するために大切な5つの事
  1. 話し合う機会を持つ
  2. 自分の気持ちは伝える、腹を割って話す
  3. 我慢しない
  4. 自分と相手との価値観の差に気を配る
  5. ズレは小さいうちに修正する

 

なぜこの5つが大切なのか?
上手くいっている(様に思える)状態を壊すのは、誰でも怖い

誰しも、本質的な事を話すのは怖いと感じます。
「話す」というアウトプットをすることで、今まで何となく隠して来れた事、見ない事にしていたものを表に出すことになるからです。


表沙汰にすることで上手くいっていた(様に思える)ものが、そうでなくなる危険性がある。
「私のせいで問題が起こる」のが怖い。

 

隠していると、どんどん蓄積され、より大きな問題に

あえて言いましょう。

隠してきたからこそ問題となるのです。
外の世界に出さずとも、自分自身の中では確実に存在しているもの。

それを隠しているとどんどん蓄積され、扱いきれない程のパワーを持つようになります。


それが、出産・育児をきっかけに噴出するだけです。

 

 コラムニスト情報
よねだ ひさえ
性別:女性  |   職業:心理カウンセラー&ライティングサービス
 このコラムニストが書いた他のコラムを読む