風水的カーテンの選び方。カーテンの色や素材で運気を上げよう

執筆者: 夏衣涼子 職業:風水心理カウンセラー
風水インテリア術♪ 幸せを呼ぶカーテンとは?

こんにちは、風水心理カウンセラーの夏衣涼子です。

 

お部屋の中で大きな面積を占めるカーテンは、目にとまる回数も多く、床、壁、天井とともに、部屋を構成するといってもいいほどです。

インテリアとしてお部屋の印象を決めるだけではなく、風水的に見ても非常に重要なアイテムです。

今回は、運気アップに繋がるカーテンの選び方についてお伝えします。

 

 

サイズは窓に合わせて。生地は天然素材のものを

カーテンが重要なアイテムだと認識して、サイズは窓にあったものを使い、質の良いものを選ぶようにしてください。

カーテン生地は、化学繊維のものより、綿や麻といった天然素材のものを選ぶと良いでしょう。

 

 

陰と陽のバランスが大切。各部屋合わせたカラーを

まず、部屋の中の陰陽のバランスを考えましょう。

 

陰の気が溜まりやすい北側のお部屋には、陽の気をプラス!

例えば、北側のお部屋は、暗くてじめっとしやすいお部屋です。
そんなお部屋は、陰の気でいっぱいになりやすい。
ここにダークな色のカーテンをしたら、引きこもりになってしまいそうです。


そんな時こそ、気軽に部屋の印象を変えられるカーテンを活用しましょう。
明るく温かみのある色使いで陽の気をプラスしてください。

 

照明の色や形なども合わせて工夫しても

合わせて照明の色、照明の形など工夫する事もできますね。
陰の気に傾きすぎないようバランスが大切です。

 

お部屋別!風水的おすすめカーテン
リビングには、「軽やかな無地に近いカーテン」を

リビングのカーテンは重厚なものより、軽やかなものを選びましょう。
重厚なカーテンは、家族がリビングに寄り付かなくなる可能性があります。


空間のバランスも考えて、デザインが主張過ぎない「無地」に近い物を選ぶと良いでしょう。
季節にあわせて、年に2回ほど変えることをお勧めします。

 

寝室は「レースとドレープの二重カーテン」で、運気を吸収!

寝ている間に運気を吸収するのが寝室です。
寝室のカーテンは、レースとドレープの二重カーテンにしましょう。
寝室に循環する良い気をとどめて、運気の吸収しやすい環境にします。


夏用と冬用を用意して、季節によって使い分けるのがお勧めです。

 

 

子供部屋に遮光カーテンはNG!

子供はぐんぐん成長していくもの。
特に、カーテン越しに部屋に差し込む朝の光は、子供の成長に欠かせません。


子供部屋に遮光カーテンを使ってしまうと、子供の発展性を奪ってしまう可能性があるので注意が必要です。

全体のバランスを大切に
運気を呼び込むお部屋にするためには、統一感が必要

お部屋の中で大きな面積を占めるカーテンを含め、家具やファブリックの色調、素材、テイストがちぐはぐだとセンスの悪い部屋になり、ゆっくりくつろぐことができません。

 

 

風水では、各方位に合った色やモチーフ使います。

 

まず、その色が、自分が好きになれる色でしっくりくるものなのか、そして、その他のものとのバランスも合っているのかどうか、考えてみてください。

 

方位の色は、アクセントとして小物で取り入れる方法も

カーテン選びの時に、方位の色ばかりに囚われ過ぎないことも大切です。
各方位のカラーやモチーフは、アクセントとして小物で取り入れることも可能です。

おわりに

特に梅雨時は、家の中が陰の気で満ちてきます。
こんな時こそ、気分を変える陽の気を漂わせるカーテンにしましょう。

また、夏に向けては窓辺に涼を感じる、風鈴などのアイテムを一緒に使うのもお勧めです。

 

気分や季節によって簡単に変更できるのが、カーテンの良いところです。
窓辺に季節感も取り入れて、運気を呼び込んでいきましょう。

 コラムニスト情報
夏衣涼子
性別:女性  |   職業:風水心理カウンセラー

風水を生活に取り入れると、
自分自身の事が良くわかるようになり、
運の波に乗ることができます。

自分の運を育てる住まいは特に大切!!
インテリア風水では、毎日の生活でポイントを押さえながら、
快適かつ運気アップする方法&考え方をお伝えします。

現在は個人カウンセリングを中心に、
一般財団法人FSCA認定吉祥寺校の講師としても活動しています。

ホームページ:夏衣涼子の風水生活
http://ryouko-natsue.com/

ブログ:夏衣涼子の風水生活い・ろ・は
http://ameblo.jp/fusuitanoshii/

 おすすめ新着コラム

     住宅・不動産のコラム

     生活のコラム

     趣味のコラム