休みの日、何する?独身女性におすすめの「暇な休日の過ごし方」9選

執筆者: 釘崎アンナ 職業:サブカル研究家
おっと、週末の予定がないぞ

待ちに待った休暇の日!

しかし、友達との約束はゼロ。

さて、何をしよう?

 

今回は主に一人暮らしの独身女性におすすめしたい、ハッピーな「おひとりさま」休日の過ごし方をご提案いたします。

 

とことん掃除してみる!

部屋や浴室、トイレ、玄関の掃除をしてみましょう。

 

部屋は心を表すと言われるほど、メンタルを左右するもの。

実際、部屋を片付けて綺麗にするとメンタル不調が治ったという人も少なくありません。

 

 

いつもは掃除をしない玄関や、部屋の隅、フローリング、窓など、「いつも少し気になっていたけれど、時間が無くて」という箇所を徹底して掃除しましょう。

また、いらないものを捨てたり、クローゼットや靴の整理を行うのも良いでしょう。

 

スッキリしたお部屋になったら、ご褒美に美味しいお菓子や飲み物を淹れましょう。

リラックス効果は絶大ですよ。

 

近くの温泉へ行ってみる

沿線に、地域の銭湯や温泉などがありませんか?

ローカル地元民しか知らないような穴場が意外と多いので、是非検索してみてください。

 

 

スパや大きな温泉施設とは違い、お値段も安く、おまけに自宅から近い。

そんな「穴場」な入浴施設を見つけて、楽しんでみましょう。

 

知らない駅へ降りてみる

定期券圏内で行ける距離の、普段は降りない駅へ降りてみましょう。

 

あまりに廃れてそうな駅は収穫なしかもしれませんが、ある程度人が降りるような駅であれば、商店街やお店、食べ物屋さんがある筈なので、散歩すると楽しいですね。

 

 

地域の図書館へ

近くに図書館があるか調べてみて、もしある場合は気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか?

入場は無料ですし、図書カードも無料です。

 

 

本は苦手という方も、ご安心下さい。

図書館には様々なジャンルの本が置いてあります。

 

レシピ本から図鑑、雑誌、漫画、ライトノベルまで。

好きな本を好きなだけ読んでいるうちに、時間はあっという間に過ぎている筈です。

 

手の込んだ料理を作ってみる

普段は時間が無くてなかなか作れないメニューに挑戦してみませんか?

豚の角煮やとろとろのシチュー、ケーキなど、好物を作って、自分で食べる幸せはまさに至福の時。

 

なんなら週明けの憂鬱さを吹き飛ばすような、美味しい作り置きメニューを用意しちゃいましょう。

 

 

とことん映画観賞!

美味しいポップコーンとDVDを用意し、お部屋で好きなだけ観賞しまくるのも良いですね。

平日はなかなか見れない長編大作や、撮り溜めていた過去のドラマなど、どっぷり映画の世界に浸かれる時間を作るのです。

 

もちろん、勇気があれば映画館に一人行っても良いのです。

ネット予約なら発券時も一人だとバレませんし、意外と映画を一人で見に来ている人も多いものです。

 

 

素敵なカフェでひといき。

カフェで美味しいスイーツと飲み物を頂く、ゆったりとした時間は大変貴重です。

雑誌や本などを置いてあるカフェであれば、暇せず過ごせそうですね。

 

それに、何も考えず(何もしない)ぼうっとする時間は意外と取れませんので、脳のリフレッシュということで、カフェでぼんやりするのもお勧めです。

 

 

ネカフェや漫画喫茶へ行く

8時間パックやオールナイトなどで、大体3000円前後でしょうか。

ドリンクフリー、漫画は読み放題、食事も注文できるので、大変楽しい暇つぶしになるでしょう。

 

 

気が向いたコミックをひたすら読んでもよし、ネットやDVD観賞をするもよし。

イマドキのネカフェは女性専用フロアなどもあり、設備も綺麗で整っているうえ、アメニティ等も充実しているので安心です。

 

SNSでイベントやオフ会を探す

twitterやFacebookなどのSNSで、イベントが開催されていないかチェックしてみましょう。

 

ワイン会や肉会、読書会、カラオケオフ会…沢山のイベントが10人~数十人単位で参加者を募っています。

知らない人同士で会話をすることに抵抗がない方、また知り合いを増やしたい方にはお勧めです。

 

女性の比率がやや多めで、人数が10人程度のものだと全員と話しやすいので、初参加には目安になります。

 

 

おわりに

やることがない…と思っていても、意外と暇つぶし方法は沢山あるものです。

気が向いたらぜひ試してみてくださいね。