結婚に焦ると大後悔!30代独身のアラサー女子が落ちる婚活の罠とは

30代独身のアラサー女子が、婚活で失敗しないための3カ条!結婚や出産の適齢期だからと焦るあまり適当な男性で妥協すると、後で後悔するかも。

執筆者: 西田かおり 職業:フリーライター

友達や、職場の同僚の結婚報告を聞くたびに、胸がざわつく…

やばい、私も早く結婚しなきゃ!?

 

結婚願望はあるものの、彼との間にそれらしき話題も出ていなかったり、そもそも彼すらおらず、結婚までの道のりは遠いと感じたりしている人も、少なくないはず。


周囲から置いてけぼりになるのが怖くて、「婚活しなくちゃ」などと焦っていませんか?

 

 

焦りは失敗のもと。

30歳前後は、女性にとって確かに結婚や出産の適齢期ですが、焦って結婚したばっかりに、失敗をしてしまう人も少なくないのです。

 

結婚や出産は、確かに素晴らしいものだとも思いますが、だからといって焦りだけで早まるのは危険です。

そこで今回は、結婚で失敗しないためにも、婚活を始める前に考えておくべきことをご紹介します。

最低「いつまでに結婚したいのか」を考えてみる

結婚がしたいからと婚活をするのはいいのですが、その前に目標を設定しておくことが肝心です。

つまり、「いつまでに結婚したいのか」を自分の中で決めてしまうのです。

 

期限を決めないと、ダラダラ時間が過ぎていく!

ただ漠然と婚活をしたところで、最終期限がなければダラダラと時間だけが過ぎてしまい、いつまで経っても結婚できない状態になってしまいます。

 

例えば、「35歳になるまでに結婚し、第一子出産を終える」と決めましょう。

それまで特定の相手もおらず焦っていたのに、自分の中でリミットを決めたら結婚できた、という人が、実際に何人もいます。

 

 

結婚後に「どんな生活がしたいのか」考える

ただ、結婚するといっても、結婚した後に待っていることは、特別なことでもなんでもなく、ごく日常の「生活」です。

この事実を踏まえ、自分がこれからどのような生活をしていきたいのかを考えてみましょう。

 

専業主婦orキャリアウーマン?

主婦になりたいのか、仕事を続けたいのかはもちろん、自由気ままに遊びに行きたいのか、ずっと家にいたいのか、いつもパートナーと過ごしていたいのか、あなたはどのような生活を望みますか?

 

主婦 or 仕事を続ける?

気ままに遊ぶ or パートナーといつも一緒が良い?


 

この部分をおざなりにしてしまうと、自分が望む生活を叶えられない相手をパートナーに選んでしまうことにもなりかねません。
将来どのような生活を送りたいのかを決めるのは、パートナー選びにおいても重要なことです。

 

「どんな相手なら」生活できるか考えてみる

どのような生活を送りたいのかを考えたら、次は自分のパートナーとしてふさわしい男性像を考えてみましょう。

今現在、パートナーがいようがいまいが、関係ありません。

 

ただひたすら、自分の理想の生活を認めてくれそうな男性、自分のことを受け止めてくれそうな男性はどのような人なのか考えるのです。

 

どうしても妥協できないポイントを挙げてみよう!

例えば、結婚前に、どうしても妥協できないポイントを挙げてみましょう。

50個ほどあったとしても大丈夫です。

 

全ては無理にしても、ほとんどの項目をクリアした男性と結婚することができたとすれば、結婚後も、特にズレは発生しませんし、これといった不満を感じることもありません。

 

 

「この人でいいや!」は危険!

一生付き合っていく相手だからこそ…

 

自分の理想ばかりを考えるという行為自体に、「わがままではないのか?」という罪悪感を感じる人もいるかもしれませんが、何十年も生活を共にすることを考えると、自分の妥協できないところを再確認し、それに適した相手を探すというだけなのですから、何も悪いことではありません。

 

反対に、こういった作業をしないで勢いだけで結婚してしまうと、「なんか違う」「こんなはずじゃなかった」などと、後々愚痴を漏らす羽目になるのです。

 
 コラムニスト情報
西田かおり
性別:女性  |   現在地:愛知県  |   職業:フリーライター
 このコラムニストが書いた他のコラムを読む
 

 結婚のコラム

 恋愛のコラム

 生活のコラム