なるべく早く失恋から立ち直る方法!元彼との思い出が美化されないように…

なるべく早く失恋から立ち直る方法を紹介。ネガティブな感情は思い切り受け入れた方が、引きずらずに済みます。好きだった人や別れた元彼を思い出して「あの人以上の人はいない」と思い込むのはNG!

執筆者: 鶴岡りさ 職業:恋愛心理カウンセラー
なるべく早く失恋から立ち直る方法

こんにちは、恋愛心理カウンセラーの鶴岡りさです。

 

秋も深まって来ましたね。

気温も下がり、ふと人恋しくなったり、寂しくなったり、フラれた元彼を思い出して切なくなったりしやすい季節です。

 

「元彼のこと、忘れたいけど忘れられなくてつらい…」
今回は、そんなあなたのために、なるべく早く失恋から立ち直る方法をご紹介します。

 

 

方法1.思いっきり落ち込む

「えっ?!早く立ち直りたいのに落ち込んでていいの?」と思う人が多いでしょう。

でもね、いいんです。

 

感情を無理に抑えると、悲しみが長引く…

なぜなら、ネガティブな感情というのは、抑えようとすればするほどかえって継続し、あなたを長く苦しめることになるからです。

本当は辛くて悲しくてどうしようもないくらいなのに「こんなに落ち込んでちゃダメ!明るくしなきゃ!」と感情を無理に抑えると、消化しきれなかった辛さや悲しみがあなたを長く苦しめることになります。


ある研究では、失恋の時に反応する脳の分野は、骨折などをしたときに反応する痛みを感じる分野と同じだという結果が出ているようです。

失恋は、実際に痛みを感じているのです。

 

みなさんがもし骨折したら、その痛みを受け入れて、寝て休みますよね。

骨折しているのに「寝てなんかいられない!」といって無理に走り回ったりしたら、痛くて痛くて余計に辛くなりますよね。

 

失恋も同じことです。

ネガティブな感情を受け入れて、思いっきりネガティブな感情を感じて、スッキリしてください。

大切なことは、中途半端に感じるのではなく、ネガティブな感情がすっからかんになるまで徹底的に感じ切ることです。

そうすると、きっと何週間も経たないうちに落ち着きますよ。

方法2.家族や友達と過ごす時間を作る
寂しさを紛らわすためではない!

これは、よくあるような「一人の寂しさを紛らわす」ということではありません。

寂しさをごまかしたところで、なんの解決にもなりません。

 

 

家族や友人と過ごすのは、一人で考えて元彼を美化して、いつまでも引きずらないためです。

記憶というものは、実は正確ではありません。

「自分の都合のいいように」作りかえられていることがほとんどです。

 

新しい恋のチャンスを逃さないために…

元彼の記憶も、もれなくあなたの都合のいいように書き換えられます。

特に、失恋したばかりの頃は、元彼の素敵なところや、楽しかったことなどを思い出します。

しかも、ちょっと美化して。

そうすると、例えいい人と出会っても「元彼の方が断然素敵」と思い込んでしまい、新しい恋のチャンスを逃すことに…。

これでは、いつまでも立ち直れません。

 

そこで必要になるのが、客観的な視点です。

家族や友人などの第三者の人と過ごし、客観的な視点から自分の恋愛を捉えることで「あれ?元彼って別に大したことなかったな」と思える場合も多いです。

方法3.男はたくさんいると知る

失恋すると「もうあの人以上の人はいない」と思って引きずりがちですが、絶対にそんなことはありません。

20歳~39歳の男性は、日本だけで約1,300万人います。

そう考えるだけでも、少し楽になりませんか?

実際、「もうあの人以上はいない」と言っている人は、ただ出会っていないだけのことがたくさんありますよ。

 

あなたは、素敵な男性に愛される価値がある。

頭では理解できても、心はなかなか難しいものですよね。

でもね、これだけは言えます。

あなたは、素敵な男性に愛される価値があります。

だから、諦めないでくださいね♡

 
 コラムニスト情報
鶴岡りさ
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:恋愛心理カウンセラー

はじめまして。
恋愛心理カウンセラーRisaです。

3歳から恋愛に興味があり、たくさんの恋愛を経験してきました。
24歳で離婚を経験後、
心理学を学び恋愛心理カウンセラーとして独立致しました。

現在は『恋愛に振り回されない自分をつくる♡』をテーマに
カウンセリング・コンサルタントをしております。


♡ブログ「大人かわいい婚活戦略♡」
http://ameblo.jp/risa-t-0105/

♡Facebook
http://www.facebook.com/risa.t15

 おすすめ新着コラム
     

     恋愛のコラム

     生活のコラム