【閲覧注意】「どうぶつの森」のゾッとする都市伝説と裏設定を集めました。

アプリ化も決定した大人気ゲーム「どうぶつの森」のゾッとする都市伝説と、怖い話・噂・裏設定。死刑囚説や、逃亡犯説、とたけけの暗い日曜日など。

執筆者: MI 職業:ライター

 

「どうぶつの森」の怖い噂って…

アプリ版のリリースも話題になっている「どうぶつの森」。

ゆるくて、ほのぼのした雰囲気のゲームで、1度は遊んだことがある人も多いのでは?そんな「どうぶつの森」にまつわる、ゾッとする都市伝説や、怖い話を紹介します。

 

 

読むか読まないかは、あなた次第です。

 

 

1.裏設定は「犯罪者の更生施設」?

実は、「どうぶつの森」は犯罪者が社会復帰をするための場所という説。

他のキャラクターが引っ越していくのは、つまり更生し社会復帰したということ。逆に引っ越してくるのは、犯罪を犯したので、更生しにきたということ。

 

でも、主人公はなぜかずーーっと「どうぶつの森」にいる。それはなぜだろうか…。

更生しても社会には戻れない、つまり「死刑囚」だからだそう。

あまりにも残酷な裏設定。あくまでも噂なので信じるかどうかはあなた次第です。

 

 

2.主人公は逃亡犯?

1の説にも似ていますが、主人公は大きな罪を犯し、その罪から逃れるために、誰も自分のことを知らない「どうぶつの森」へ引っ越してきた、という説もあります。

 

引っ越し先では、名前を新しく決め犯罪者であることを隠しながら平和に過ごす。

けれど、それを見張る捜査官がいます。それが「つねきち」と「ホンマさん」。何か不審な行為をすると彼らがすぐに気づいて、近寄ってくるそう…。

 

 

3.とたけけが演奏する「絶対に聴いてはいけない曲」

「どうぶつの森」では、とたけけに曲のリクエストを入れ、その曲をライブで聴ける機能があります。

通常は、リストにない曲名をリクエストすると、リスト内の曲をランダムで演奏するのだが、ある曲名を入れると曲が流れて、その曲を聴いた者は自殺をしてしまうそう。

 

その曲とは、「暗い日曜日」。

「暗い日曜日」は、都市伝説好きなら知っているかも知れませんが、聴くと気分が滅入って自殺してしまうという怖い噂のある曲なんです。

 

単なる噂かもしれませんが、決して 「くらいにちようび」 なんてリクエストしないように…。

 

 

 

 

4.行ってはいけない村「アイカ村」

他のユーザーの村へお出かけして遊べる「とびだせどうぶつの森」で、”怖すぎる…”と噂になっている村があるそう。

どこを見ても、なにか不気味さを感じる村。家に入れば、ゾッとする意味深な絵画や、謎のマネキンが飾られ、よく考えれば考えるほどに、「意味」があるようで怖くなります。気になる人は、調べてみては?

 

夜に見るのはオススメしません。

 

 

 

※この記事の内容はあくまで噂です。真実であると保証するものではありません。

 

 

 

Siriの都市伝説第1弾~第17弾はこちらから

 

 

 

 
 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺

 

 PC・家電のコラム

 趣味のコラム