余ったシャンプーはお風呂掃除で使い切れ!シャンプーで浴室掃除を行うコツ

いらないシャンプー、余ったシャンプーの使い道にオススメなのが、お風呂場の「掃除」。シャンプーで浴室を掃除をするメリットと、掃除方法を紹介。入浴したついでに、バスルームをキレイにしちゃいましょう!

執筆者: 雨宮あすか
いらないシャンプーをお風呂掃除に使用する方法

新しいシャンプーを買ってみたものの、髪に合わなかったり、香りが好きになれなかったりして、使わないまま放置してしまうことがあると思います。

 

ずっと置いておくと邪魔になりますし、時間の経過とともに汚れやアカなどが気になってきます。

かと言って、捨ててしまうのはもったいないですよね。

 

そこでお勧めなのが、お風呂場の掃除に使うことです。

 

 

シャンプーでお風呂掃除をするメリット
シャンプーに含まれている界面活性剤は、掃除に効く!

ほとんどのシャンプーに含まれている界面活性剤は、掃除に強力な効果があります。

界面活性剤は水と油をなじみやすくし、汚れを落とす働きをします。

シャンプーのほか、洗濯用洗剤やキッチン用洗剤にも、界面活性剤は含まれています。

 

シャンプーで掃除をすると、いい香りがする

お風呂場の掃除に使う洗剤は、あまりいいニオイとは言えないものがほとんどです。

一方、シャンプーにはいい香りが付いています。

シャンプーで浴槽や浴室の床などを掃除するだけで、お風呂場全体がいい香りになるでしょう。

 

シャンプーで掃除すると、手荒れしにくい

掃除用の洗剤を使用すると、手荒れを起こしてしまう人は多いのではないでしょうか。

シャンプーを使った掃除は、そのような人にもお勧めです。

 

シャンプーは通常、素手で使用されるものです。

ですから、掃除のときにシャンプーを使用するようにすれば、手荒れは起こりにくくなるでしょう。

シャンプーで掃除をするときのポイント

シャンプーで掃除をするとぬめりやすいので、あらかじめ水やお湯などで薄めてから使うといいでしょう。

洗浄したい箇所に薄めたシャンプーを垂らし、タワシなどでゴシゴシ磨いていきます。

 

もしくは、濡らしたスポンジに直接シャンプーを付けるのもいいでしょう。

掃除用洗剤に負けないくらいピカピカになるはずです。

おわりに

シャンプーを使用したお風呂掃除に、興味を持っていただけたでしょうか。

洗剤を使った掃除よりも気軽に取り組めるので、入浴したついでに掃除をするといったこともしやすそうですね。

なお、皮脂汚れにはもちろん効くので、襟元の汚れなどはシャンプーで叩き洗いしてから洗濯をすると、綺麗に落ちます。

 

余った時の緊急処理方法としてご検討ください。

 
 

 生活のコラム