イチゴの赤いところは「実」じゃない!旬の苺を美味しく食べるコツ

世界中で愛されている果物「いちご」について紹介。栄養効能と選び方・保存方法や、主な品種の特徴、歴史まで学べます。いつも食べている赤い部分、実じゃないって知ってました?

執筆者: 我妻飛鳥 職業:農業・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ
みんな大好き!世界中で愛されている「イチゴ」について

こんにちは。野菜ソムリエの我妻飛鳥です。

だいぶ春らしくなってきましたね。

桜が満開の地域もあるとのことで、お花見シーズン到来のニュースに、こちらの地方ではまだ先の桜をイメージして心を躍らせているところです。

 

さて今回は、世界中で愛されている「イチゴ」について取り上げてみたいと思います。

 

私たちが食べている赤い部分は、「実」ではなかった!

イチゴは、「バラ科オランダイチゴ属」の植物です。

 

私たちが実だと思って食べているイチゴの赤いところは、実は「花の付け根の部分(花托)」が発達した部分で、本来はイチゴの“つぶつぶ“のひとつひとつが果実です。

 

 

イチゴの歴史 -野いちご時代から-

その歴史は古く、石器時代からヨーロッパやアジア一帯で、野いちごのような自然のイチゴは食べられていたようです。

 

現代で食べられているイチゴのもとになったのは、北アメリカに自生する「バージニアイチゴ種」と南アメリカ原産の「チリイチゴ種」で、あるオランダの農園が、この2つの品種を交配させた結果生まれたものであると言われています。

 

日本には、江戸時代末期にオランダ船によりもたらされたと言われており、本格的に普及し始めたのは明治時代以降のようです。

 

イチゴの旬は5月~6月

イチゴの旬は5月~6月ですが、日本ではクリスマスやひな祭りなどのマーケットニーズに合わせて、温室栽培が主流となりました。

国内生産量のほとんどは冬~春に出荷されています。

 

産地競争も激しく、より大きくより甘いいちごが求められ、品種改良が進んでいます。

今では多くの品種のイチゴが市場に出回り、人気品種もどんどん交代しています。

 

イチゴの栄養はビタミンCが豊富!

イチゴは、ビタミンCを豊富に含み、130gほどで(およそ6~7粒)1日分のビタミンCが摂取できます。

ビタミンCには、コラーゲンの生成・保持を助ける作用があるので、美肌効果が期待できます。

 

さらに、葉酸と食物繊維もたっぷり含んでいるので、女性に人気があるというのは大いに納得できますね。

その他、カリウムやカルシウムも含んでおり、かわいらしさと美味しさだけではなく栄養成分も優秀なのです。

 

洗う前にヘタを取るのはNG!

ビタミンCは水溶性で水に流れてしまうため、洗う時はヘタを取らずに洗ってくださいね。

 

美味しいイチゴの選び方

イチゴを選ぶときは、次のようなものを選びましょう。

 

  • 表面に傷がなくつやのあるもの
  • つぶつぶがはっきりしているもの
  • ヘタの緑が濃くて乾いていないもの

 

イチゴの保存方法

イチゴはあまり日持ちしません。

ヘタをとらず洗わずにラップで包むか、ビニール袋にいれて冷蔵庫の野菜室で保存して、2~3日中には食べきることをお勧めします。

 

イチゴの主な品種

イチゴの品種の一部を少しご紹介します。

 

とちおとめ

「久留米49号」に「栃の峰」を交雑した品種。

栃木県産。

東日本で一番流通しています。

 

甘みが強く、日持ちがよいのが特長です。

 

あまおう

九州、西日本で広く栽培されている「とよのか」に変わる品種として福岡県で育成された品種。

【あまい・まるい・おおきい・うまい】の頭文字で名づけられました。

 

大粒で糖度が高く、酸味もあります。

 

紅ほっぺ

「章姫」と「さちのか」を交雑した品種。

静岡県産。

 

香りが強く、実の中まで甘いのが特徴。

さちのかの甘さと章姫以上の酸味をもっています。

 

女峰

1985年に栃木県の女峰山麓で育成された品種。

濃い赤色と適度な酸味が特徴。

 

「東の女峰、西のとよのか」と呼ばれる程、人気を誇っていた品種です。

ケーキ用のイチゴに使われることも多い。

 

とよのか

「ひみこ」と「はるのか」を交雑して育成された品種。

九州、西日本で広く栽培されています。

かつては、女峰と合わせて国内生産量の90%を占めていました。

 

甘みと酸味が絶妙で、香りが高いのが特徴です。

 

やっぱり、いちごは美味しい!

 

ジャムやソース、ケーキなど加工品にもひっぱりだこのイチゴですが、やはりそのままがぶっと食べるのがベスト。
観光シーズンならいちご狩りもいいですよね。

 

赤やピンク色、そして甘酸っぱい香りを満喫しましょう。

 
 コラムニスト情報
我妻飛鳥
職業:農業・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

野菜農園 笑伝~EDEN~
山形県置賜にて夫婦で野菜農園をしています。
農業の楽しさを皆様に知ってもらいたい、農業という職業の関心をもってもらいたい、そのために農業生活の生の声を発信していこうと心がけています。
美味しい野菜でみんな笑顔で健康に!農業の未来も明るく楽しく!を心から願っています。

http://yasaieden.com/
https://www.facebook.com/yasaino.eden

 

 グルメ・レストランのコラム

 健康・医療のコラム

 美容のコラム

 趣味のコラム