いちごの高い美容効能!ジューシーな苺の選び方・洗い方・栄養を逃がさない食べ方

苺はレモンよりビタミンCが多く、美肌効果に嬉しいほか、食物繊維(ペクチン)による便秘解消もあります。イチゴの栄養効能と選び方、食べ方を紹介!

執筆者: 田中 君枝 職業:ファスティングインストラクター、ローフード料理教室主宰
はじめに

こんにちは、ファスティングインストラクターの田中君枝です。

 

カフェやホテルなどで、「ストロベリーフェア」などの文字を良く目にするようになりました。

 

実は、いちごの一番美味しい季節は冬の終わりから春にかけて。
ハウス栽培や品種改良がされ、年末くらいから食べられるようになりましたが、味や香りが良く美味しいのは3~4月です。

 

 

嬉しい美肌効果も

赤くて可愛いいちごの実には、ビタミンCがとても豊富です。

100g中にビタミンCが62mgと、レモン果汁の52mgよりも多く含まれています。
いちごを7粒食べるだけで、一日に必要なビタミンCが補えます。

 

メラニンを抑え、美肌作りに

ビタミンCは、お肌にハリや弾力をもたらしてくれるコラーゲンの生成を促す為に必要な成分。
また、抗酸化成分のポリフェノールも含まれているので、シミやそばかすの元となるメラニンの生成を抑え、美白効果や美肌効果が期待できます。

 

便秘解消

いちごには水溶性の『ペクチン』という食物繊維が豊富に含まれています。

『ペクチン』には腸内の善玉菌を増やしてくれるので便秘はもちろん、整腸作用もあるので、お腹が緩くなってしまう方にもおすすめです。


腸内環境が整うことによって、ダイエットや美肌に繋がるのです。

美味しいいちごの選び方
へたの緑色が濃く、パリっとしているもの。
実も艶があり、しっかりとした物が新鮮です。
へたがそりかえっているものは、食べごろのサイン。

 

 

栄養を逃がさない食べ方
普通の水で洗う

食べる時はまず、水で洗いましょう。

食塩水で洗うと、塩によっていちご表面の組織が壊れてしまい、表面が潰れたようになってしまいます。

 

へたは洗ってから取る

へたを先に取ってから洗うと、ビタミンCを等の栄養分が流れてしまったり、水っぽくなってしまいます。

 

 

おわりに

見た目もキュートないちごですが、美容の栄養素がぎっしり詰まっています。

次回はいちごを使った美容レシピをご紹介します。

 
 コラムニスト情報
田中 君枝
性別:女性  |   職業:ファスティングインストラクター、ローフード料理教室主宰

JFIA 一般社団法人日本ファスティングインストラクターズ協会 理事 
協会認定 艶めきファスティングインストラクター
ローフード料理教室 Beaute Lumiere主宰の田中君枝です。
ファスティングやローフードを通して、ダイエットや体質改善、艶めく女性を応援しています。

Blog:http://ameblo.jp/noisette-ecs/