悩みが多い人へ!未来への不安や恐怖をコントロールする3つの考え方

不安や後悔を減らして、幸せになる方法を紹介。「つまらないことが気になる」「本当は能力があるのにできない」「今やるべきことが分らない」といったお悩みをズバッと解決する考え方を伝授します。

執筆者: いずみえむ 職業:開運アドバイザー、神秘研究家
不安や後悔を減らして、幸せになる方法

こんにちは。開運アドバイザーのいずみえむです。

新たなスタートを切ることが多いこの時期、不安を解消し、モチベーションアップにつながる方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

つまらないことが気にならなくなる考え方
「気にしない、気にしない」と思っても効果なし…

気がかりなことは、気にかけてみたところでストレスは増すばかり。

メリットはないものです。

ですが、「気にしない、気にしない」とその想いを取り払おうとすればするほど、その気がかりは重くのしかかってくるものです。

 

不安や後悔などが心に引っ掛かるのは、「心に余裕がある」から

不安や後悔などが心に引っ掛かるのは、心の中に、それらを引っ掛けておけるだけの余裕があるからです。

この瞬間に死ぬか生きるかといった危機的状況に立たされるとか、何かに集中しているときには、引っ掛けておける余裕のスペースはなくなるので、その気がかりは消滅します。

 

つまらないことを気にかけている自分を感じたら、「今のところ心に余裕があるんだなあ」と思ってみることです。そのような心の状態にある自分に気づければ、不思議とストレスは減らせます。

視点を変えれば怖いものが怖くなくなる
「幅15cmの板」を渡れますか?

地上100mの高さから幅15cmしかない板の上を平然と渡ることができますか?

たぶん恐怖心から足がすくんでしまう人がほとんどでしょう。

 

ところが、それと同じ板が地面の上に置かれていたらどうでしょう?

その条件であれば、まったく同じ幅の板の上でも、今度は難なく渡れるはずです。

 

恐怖のイメージを取り除けば、簡単にできるかも

このように、能力的には全く問題なくできるものでも、そこに恐怖のイメージが加わるだけで、途端にできなくなります。

逆を言えば、恐怖のイメージを取り除けば、自分にはできないと思えていたことが、簡単に突如できることもあるのです。

未来の自分をイメージして、今の自分を客観視してみよう

ある程度の年齢になると、「学生の頃、もっと勉強しておけば良かった」という言葉をよく耳にします。

人間は、勉強をしなくてもいい年齢になってしまってからの方が、学びたい気持ちが高まるのかもしれません。

ですが、過去を悔やんでも始まりません。

 

それならば逆に、未来の自分をイメージし、そこから今の自分を見てみましょう。

 

10年後の自分から見れば、今のあなたは「若くて羨ましい」存在

たとえば、10年後の自分から見れば、年齢的なことを考えただけでも、今現在の自分は若くて羨ましいはず。

「未来の自分から今の自分を見て、何か後悔することはないか?」と考えてみると、今こそやるべきことが、いろいろ見えてくるかもしれません。

どの道を選んでも、幸せになれる人は幸せになる!

どちらの道を選べば幸せになれるのか、迷ったことはありませんか?

あるいは、「ああ、あのとき別の道を選んでおけばよかったのかも…」と後悔したことはありませんか?

 

ですが、選んだ道によって成功や失敗が分かれるとは、私には思えません。

どの道を選んでも、幸せになれる人は幸せになるし、その逆も言えるのです。

 

どの道を選んでも幸せになるためには、自己成長の努力を積み重ねることがなにより大切だと思います。

 コラムニスト情報
いずみえむ
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:開運アドバイザー、神秘研究家

西洋占星術、心理学等を学び、占い師、占いライターを経て、現在は占いの範囲を超え、幅広い分野から開運や自己認識を研究。誰もが本来持っている「自己開運パワー」( 自らを幸せに導く力) を呼び起こすことに重点を置いた、ポジティブな生き方&生活術を提案。雑誌やWeb サイトなどで、執筆を中心に活動。

著書には、「星と月が導く幸運の法則 ~宇宙と同化して幸せを呼び込む魔法の習慣」毎日コミュニケーションズ 等。

*****ブログ*****

「開運スピリチュアル暮らし」
http://blog.goo.ne.jp/pagura85

「今あるモノで楽しく暮らす」
http://ameblo.jp/emu-izumi

「シンプル幸せライフ」
http://izumiemu.7narabe.net/