ママ友との付き合い方を探る!女同士の嫉妬やマウンティングに巻き込まれない3つのポイント

地雷が多いママ友人間関係。ストレスのない距離感には、コミュニケーションの仕方が大切。子供のことや仕事、給与、職業マウンティングは好ましくありません。

執筆者: 田中よしこ 職業:カウンセラー/マインドコンサルタント
誰かおしえて!ママ友との上手な付き合い方

こんにちは、カウンセラー・マインドコンサルタントの田中よしこです。

お子様がらみで面倒だったり、苦手だと感じたりすることといえば、そう、それはママ友との付き合い。
新学期が始まって、ママ友関係との付き合い方に悩んだり、トラブルに巻き込まれる人も多いのです。

家庭環境や価値観が違う人達が集まっていますから、話の内容にも気を使いますよね。
“どう接すればいいのか分からない”
そんなあなたに、大切なポイントを3つお伝えします。

 

 

注意!話題の中に地雷が隠れている

自分では良かれと思って話していても、相手によっては不愉快な内容だったり、押し付けられていると感じてしまうこともあるかもしれません。
そうすると、今後の付き合いに影響が出てしまいますよね?


お話する内容には、避けた方がいいものと、さし障りなく話せるものがあります。
このポイントを押さえておけば、ストレスを減らすことができます。

POINT1 「仕事の詳細や収入」についての話題は避ける

「何をしているの?」くらいは聞いても構いませんが、根掘り葉掘り詳しく相手の仕事や給料の話をするのは、失礼で配慮にかけますよね。


お金にかかわる話は、人によって捉え方が大きく異なるポイントです。
これは、旦那様についても同様です。
地雷を踏まないために、避けて通る方が無難です。

POINT2 話やすい話題で乗り切る!
「○○だから自分よりラクだ」と勝手に思い込むのはNG!

自分が苦労している様に、相手もいつも頑張っている。

こんな意識で接することが大切です。

 

  • 私も大変だから、あなたも手伝って。
  • これくらい配慮してくれてもいいのに…。


付き合いの中でこんな気持ちが出てくるモノですが、相手もいつも大変だと言う意識を持っておきましょう。

よく「主婦はいいわね」とか、「パートだから○○だ」、「自分は仕事が忙しいからあの人の方がラクだ」などと思っている人もいますが、家事も得意な人と苦手な人もおられますし、体調だって人それぞれです。


勝手な思い込みで「○○だからラクだ・大変だ」とジャッジするのは止めましょう。

 

「家事や育児の“困っている”こと」を小ネタで持っておくと便利

その上で、自分がちょっとした困ったと思っている話をすると、思わぬアドバイスがもらえたりして、ママさん達との距離が縮んでくれることもあります。

 

  • 日頃「○○が大変だ」と思っている
  • 家事のこんなことが困っている
  • 子供のこんなクセをやめさせたい など


特に、リーダータイプの人は相談をされるのが好きな傾向にありますから、自分が困っていることを小ネタに持っておくと便利です。

 

話題は「子供のはなし」を中心に

ママ友同士の必ずの共通点は、「子供」のことですよね。
自分の子供を褒められて悪い気がする人はいません。

相手のお子さんを褒める意識をいつも持ってあげてください。

  • 今日の髪型かわいい、あなたがやってあげたの?器用ね。
  • ○○ちゃんはいつも元気にご挨拶できるね!
  • 本当に笑顔が可愛いわ。

 

一番目の例のように、一緒にお母さんも褒められると素晴らしいですね。

見えるところだけで褒めポイントは充分です。
難しく考えずに、気軽にチャレンジしてみてくださいね。

 

POINT3 学校のことは、情報通のママから積極的に教えてもらう

リサーチ力が高い人がおられますよね?

 

調べたりするのが苦手な人は、学校のことや「○○のことはどの先生に言ったらいいのか?」なんてことは、よく知っている人から情報をもらえると助かります。


仕事であまり学校のことに関われない人は特に、知っている人に積極的に頼れる自分になってくださいね。

あまりにも共感できない人は、「挨拶プラス一言で十分」!

 

最大の目的は「子供のためになっているのか?」というポイントです。
親も毎日を楽しく過ごしていることが、子供のメンタルにも大切なポイントです。

ストレスのない距離感を無理なく作っていくには、まずは毎回のお話を楽しくできるようにしましょう。
そしてもっと付き合いたいと思える人とだけ、プライベートの範囲にも拡げていけるようにしましょう。
自分の気持ちを確認しながらお付き合いしていけると素敵ですね。


“共感”は、ママ友に限らず、女性同士には欠かせないポイントです。
あまりにも共感できない人は、「挨拶プラス一言で十分」と自分に言い聞かせて、無理をしない自分になってあげましょう。

 コラムニスト情報
田中よしこ
性別:女性  |   現在地:広島  |   職業:カウンセラー/マインドコンサルタント

Smile labo Collet代表 田中よしこ

思考改善・自分確立メソッドカウンセラー
お金と仲良くなれる心理学
お金にモテるマインドコンサルタント 


幼少期の頃から30代までアダルトチルドレン・思考の偏り・感情のコントロール、
何をやってもうまく行かない人間関係に困り果て、振り回される。

自分を見つめることとは無縁であったが、自分と向き合い、解決方法を習得した後、幸せを感じながら穏やかに生きられる秘訣を見つけた30年の経験から
「自分が行きたくなるサロンを作りたい!」と一念発起。

20年の会社員生活にピリオドを打ち、心理学やコーチングのスキルや経験を積み、
2013年に気軽に通いやすく、明るく未来志向の自分になれる、
「心と笑顔が美人になるカウンセリング」のSmile Labo *Collet*をOPEN。

自分の思考の偏りを確認、腑に落とし、心理学と脳科学を組み合わせたそのメソッドは90%以上のクライエントが「たった数回で自分の思考の整理ができた!」と、多くの感動の声をいただくことになる。

その成果は・・・

*恋の悩みできた相談者が人生の夢を見つけ、起業を決意し、起業する。
*両親を絶対に赦せないと言っていた人が、毎年旅行に行けるようになる。
*人ギライで悩んでいた相談者が円滑な人間関係を築けて出世をする。
*仕事を辞めようかと悩んでいた人が、売り上げを5倍に伸ばす。
*何十年も引きこもっていた人が働く意欲を持たれてバイトを始める。
*挨拶もしなかった御夫婦が助け合える夫婦に戻る。

~クライエントは九州~関西・関東まで~

現在広島を中心に対面セッションで活動するなか、中国地方だけでなく
関西や九州・関東・四国など遠方からのクライエントも多い。
月に一度東京・大阪でもセッションを開催中。

心の問題にマニュアルは効かない。
思うだけでなく、行動も変わらないと人生は変えられない。
「なりたい自分に必ずなれる」を理念に理想の自分へと行動を整えて行くメンタルケアを実施。
その方に必要な言葉を、しかるべきタイミングで伝え、行動を能動的に
『自分で変えて行けるご自分になる』ことを目的にセッションをしている。

コラムサイト「Latte」や「おしえてGoo」専門家での執筆活動や、企業研修・講演活動も行う。

2017年6月初本刊行Amazonにて発売中
「あなたに合った正しい悩みの使い方~心の扉をひらく鍵はここにあった!~」
https://www.amazon.co.jp/dp/4865709851/ref=cm_cr_ryp_prd_ttl_sol_0

【毎週月曜日に『思考を整え幸せを手に入れる秘訣メルマガ』を配信中】
☆いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください☆
https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/srbr7436/mail

******************
*Collet*ホームページ
http://smilelabo-collet.com/
*カウンセリングのblog*
http://p.tl/lu5z
*お金にモテるマインドセッティングのBLOG*
http://ameblo.jp/collet-mind
twitter始めました、宜しければフォローお願いします!
@yoshikocream
*******************