えっ、逆じゃないの!? 自信があることのデメリット・自信がないことの3大メリット!

「自信がない」より「自信がある」方が望ましいと思いがち。ですが、自信のなさにもメリットがあり、自信満々でいることにもデメリットがあります。短所を無理に克服しようとしなくても大丈夫!長所でもあるのです。

執筆者: 田中よしこ 職業:カウンセラー/マインドコンサルタント
むしろ自信はなくていい?! 自信がないことの3大メリット

こんにちは、カウンセラー・マインドコンサルタントの田中よしこです。


世の中には、いろいろなタイプの人がいます。
自信満々の人や、自信が全然ない人。
「これなら自信があります!」という限定で自信がある人。


今回は「自信がなくてしんどい思いをしている…」という方のために、自信がないことの3大メリットをお伝えしていきます。

 

 

自信があることにも、デメリットが!
  • 「自信がなくて、行動ができない」
  • 「不安が消えない…」
  • 「自信のある人がうらやましい」
  • 「どうしていつもあんなに堂々とできるのだろう?」


自信がない人は、毎日こんな思いと葛藤していますよね?
確かに自信がある人は、こんな思いとは無縁で人生がうまくいっているように見えます。

ですが、自信があることにも、次のような弊害があるのです。

 

デメリット1「現実を受け入れず、自分を過信してしまう」

現実を受け入れない場合は、失敗したときに取り返しのつかない程の大きさになってしまう場合があります。

 

デメリット2「傲慢な人になってしまう」

傲慢な態度をとるようになると、周りの人間関係にも悪影響が出てしまいます。

 

 

実際、このような人を見て嫌な思いをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ビジネス心理学者のトマス・チャロモ・プレムジック氏は、「この2つの問題をなくすだけで、大きなプラスの効果が得られる」と指摘しています。

自信がないことのメリットとは?

自信がないということは、自信が抑えられている状態。

自信を抑えることで得られるのは、実は良いことばかりです。

 

分かりやすいメリットは、次の通りです。

 

  1. 傲慢な印象を減らすことができる
  2. 現実逃避せずに、不安要素を事前に確認できる
  3. 他者を責めずに、自身の誤りを素直に認めることができる


どれも円滑な人間関係や、慎重さが求められる状況で必要なポイントばかりではないでしょうか?
控えめな自信は、個人だけでなく、組織や社会全体にとっても大切だということがよく分かります。

 

 

自信が控えめな人の最大のメリットは "素直さ"

自信を持ちすぎると、学んだり改善したりする機会を自分で奪ってしまう・困難にするということが統計的に確認されています。
すべての答えが分かっていると思い込んでいるので、正しい答えを探そうともしないなんてことも…。

ですから、自信がない・控えめな人の最大のメリットは、この反対のこととも言えます。

 

他者の意見や考えに、素直に耳を傾けることができる


つまり、「正しい知識・正しい情報を得ようとする自分であり続けられる」ということなんですね。

 

自信満々な人は、情報が入りにくくなる場合も…

自信満々な態度は、時に傲慢ともとられてしまいます。

そんな人の周りからは、だんだん意見を言う人も去っていくと思いませんか?
このように、自信を持っていることが、たくさんの情報が入りにくくなる状況を生んでしまうケースもあるのです。

 

「本当にやりたいとこと」を見つけたら、自信がない人は強い!

また、自信がない人は悲観的に物事を見がちですが、そんな人が本当にやりたいことや野望を見つけたときは、
目覚ましい業績をあげる場合がよくあるそうです。
「これは出発点から自信満々では不可能である」と、先に出てきたプレムジック氏は言っています。

 

 

欠点の発見は、改善への一歩!必ず対処法が見つかる

人は、「欠点を見つけては落ち込む」「人と比べては落ち込む」というサイクルを繰り返しがちですよね。


ただ、覚えていて欲しいのは、欠点を見つけることは『改善への一歩』だということ。
直したいところは、改善しようとすれば必ず対処法が見つかります。


最初から、サクッとできてしまったことは特に気になりませんよね。
一方、できなかったときには「どうしてできなかったのか?」を正面から見据えてあげて欲しいのです。

このときに、「だから自分はダメなんだ」「どうしてあの人みたいにできないんだ」なんて非難の嵐はストップです。

穏やかに優しく「どうして上手くいかなかったのか?」をただ確認するだけで大丈夫なのです。

 

自信がない人も、落ち込まなくて大丈夫!

自信があることにも、ないことにも、メリットがあります。

自信がなくて落ち込んでいる人は、今回の記事から自分の素敵なポイントも確認してあげてくださいね。

  • 参考文献 エリック・バーカー(2017)『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』飛鳥新社.
 
 コラムニスト情報
田中よしこ
性別:女性  |   現在地:広島  |   職業:カウンセラー/マインドコンサルタント

Smile labo Collet代表 田中よしこ

思考改善・自分確立メソッドカウンセラー
お金と仲良くなれる心理学
お金にモテるマインドコンサルタント 


幼少期の頃から30代までアダルトチルドレン・思考の偏り・感情のコントロール、
何をやってもうまく行かない人間関係に困り果て、振り回される。

自分を見つめることとは無縁であったが、自分と向き合い、解決方法を習得した後、幸せを感じながら穏やかに生きられる秘訣を見つけた30年の経験から
「自分が行きたくなるサロンを作りたい!」と一念発起。

20年の会社員生活にピリオドを打ち、心理学やコーチングのスキルや経験を積み、
2013年に気軽に通いやすく、明るく未来志向の自分になれる、
「心と笑顔が美人になるカウンセリング」のSmile Labo *Collet*をOPEN。

自分の思考の偏りを確認、腑に落とし、心理学と脳科学を組み合わせたそのメソッドは90%以上のクライエントが「たった数回で自分の思考の整理ができた!」と、多くの感動の声をいただくことになる。

その成果は・・・

*恋の悩みできた相談者が人生の夢を見つけ、起業を決意し、起業する。
*両親を絶対に赦せないと言っていた人が、毎年旅行に行けるようになる。
*人ギライで悩んでいた相談者が円滑な人間関係を築けて出世をする。
*仕事を辞めようかと悩んでいた人が、売り上げを5倍に伸ばす。
*何十年も引きこもっていた人が働く意欲を持たれてバイトを始める。
*挨拶もしなかった御夫婦が助け合える夫婦に戻る。

~クライエントは九州~関西・関東まで~

現在広島を中心に対面セッションで活動するなか、中国地方だけでなく
関西や九州・関東・四国など遠方からのクライエントも多い。
月に一度東京・大阪でもセッションを開催中。

心の問題にマニュアルは効かない。
思うだけでなく、行動も変わらないと人生は変えられない。
「なりたい自分に必ずなれる」を理念に理想の自分へと行動を整えて行くメンタルケアを実施。
その方に必要な言葉を、しかるべきタイミングで伝え、行動を能動的に
『自分で変えて行けるご自分になる』ことを目的にセッションをしている。

コラムサイト「Latte」や「おしえてGoo」専門家での執筆活動や、企業研修・講演活動も行う。

2017年6月初本刊行Amazonにて発売中
「あなたに合った正しい悩みの使い方~心の扉をひらく鍵はここにあった!~」
https://www.amazon.co.jp/dp/4865709851/ref=cm_cr_ryp_prd_ttl_sol_0

【毎週月曜日に『思考を整え幸せを手に入れる秘訣メルマガ』を配信中】
☆いつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください☆
https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/srbr7436/mail

******************
*Collet*ホームページ
http://smilelabo-collet.com/
*カウンセリングのblog*
http://p.tl/lu5z
*お金にモテるマインドセッティングのBLOG*
http://ameblo.jp/collet-mind
twitter始めました、宜しければフォローお願いします!
@yoshikocream
*******************

 

 生活のコラム

 ビジネス・経済のコラム