思春期の子どもに起こりやすい「過換気症候群(過呼吸症候群)」の原因・症状・家庭でできる対処法

精神的ストレスが原因と言われる「過換気症候群」。思春期の子どもの複雑な心理から、突然発症するケースも。原因・症状に加え、起こったときに慌てずに親ができる対処法も紹介。

執筆者: 桜井 涼 職業:メンタルケア心理士、コラムニスト
思春期の子どもに起こりやすい「過換気症候群」について

こんにちは。メンタルケア心理士の桜井涼です。

たくさんの物事を抱えこんでしまう人に見られる心身症の1つ「過換気症候群」。

いわゆる「過呼吸」と呼ばれる状態になるため、「過呼吸症候群」と呼ばれる場合もあります。

 

今回は、勉強・スポーツ・家庭環境など、さまざまなことで悩みやすい思春期の子どもに起こりやすい、この過換気症候群(過呼吸症候群)についてお話ししたいと思います。

 

 

「過換気症候群」って、どんな病気?

最初にお話ししたとおり、過換気症候群は心身症の1つです。

ストレスや興奮・怒りなどによって、呼吸が早くて深い状態(過呼吸状態)になるものです。

 

【心身症とは?】

心身症とは、心のゆがみが身体症状となって現れるものです。

つまり、心理的な影響によって起こる病気です。

代表的なものとして、「慢性胃炎」や「チック症」などがあります。

 

 

「過換気症候群(過呼吸症候群)」のメカニズムとは?

発作的に息苦しくなり、浅く速い呼吸を繰り返すようになると、酸素を必要以上に摂取することになり、血液中の酸素が増加します。

すると、それにより血液中の二酸化炭素濃度が低くなります。

この状態では血液がアルカリ性に傾いてしまい、イオン化カルシウムの値が低くくなって症状が現れます。

 

【症状例】 

  • 急な息苦しさ
  • 動悸やめまい
  • 手足のしびれ
  • 胸痛
  • 嘔吐感
  • 意識消失 など

 

●参考書籍『子どもの病気がよくわかる本』  著者:大澤真木子(小児科医) 

 

「過換気症候群」が思春期に多発する理由は?

そもそも過換気症候群は、ストレスがかからなければ起こることはありません。

ただ、これを言い換えると、ストレスがかかれば誰でも発症するおそれがあるとも言えます。

思春期を迎えた頃の子どもは、精神的にも未熟ですし、さまざまな葛藤があります。

 

  • 部活の厳しい練習や叱咤激励、頑張りたい気持ちと体がついてこない現実
  • 学習では学校と塾の掛け持ち、良い学校への入学と親の期待に応えたい気持ち
  • いい子で頑張らないといけない、毎日どこにいても緊張状態(追い詰められている)など


親が過剰に期待をかけたり、過干渉気味だったりするような場合も、反抗と親への気持ちから葛藤が生じ、発症するケースがあると考えられます。
特に、女子に多く見られます。

 

突然発症するケースも

頑張り屋で、何でも一生懸命に取り組むという子や従順な性格をしている子は、突然発症することがありますので、注意が必要です。

 

「もし、過呼吸状態になったら?」家庭でできる対処法

過換気症候群の兆候は、急な息苦しさや動悸、めまいや手足のしびれといったものです。

苦しさを訴える子どももいます。

 

ここで大切なのは、親や側にいる人が慌てないことです。

兆候が出た場合の、家庭での処置の方法は次のとおりです。

 

1. まずは、座らせて、呼吸を「吸うよりもゆっくり吐く」ように誘導します。

酸素の大量吸収をしないようにするためです。


2. 背中をゆっくりさすりながら「大丈夫だよ」と声をかけ、本人を安心させましょう。

不安な状態を落ち着かせるためです。


3. 呼吸が落ち着いてきたら、横にして休ませます。

しびれなどの症状が落ち着くまで休ませましょう。


子どもが発症した場合、「呼吸をゆっくり」「吐くことを意識して」というように声かけをしても、実際コントロールをするのはかなり難しいでしょう。

必ず親や側にいる人が支えてあげる必要があります。

 

小児科への受診の目安

症状が悪化するような場合や、意識の喪失が見られるような場合は、早急に受診が必要です。

それ以外でも、次のような場合は、できるだけ早く小児科への受診をしましょう。

 

  • 初めてこのような症状が出たとき
  • 症状が長引くとき 

  

慢性化させないために、親ができること

子どもが過換気症候群を起こしてしまう場合、ストレスとなるものが生活環境や背景にあるケースがあります。

それに気づかないでいると、慢性化したり長引く発作が起こったりすることになります。


精神的に強い子どもばかりではありません。

そのあたりをよく見てあげる必要があります。

 コラムニスト情報
桜井 涼
性別:女性  |   職業:メンタルケア心理士、コラムニスト

元学習塾講師。妊娠出産のハプニングを乗り越え、現在は2児の母。
その頃より子どもの心の動きや医療に関係することに興味を持つ。

2009年より文筆家として活動。
子どもの心に関するコラム、子どもの心が正常に育つために夫婦へのアドバイス、子どもの病気関係を取材しコラムを執筆中。
心の闇を抱える子どもへの取材や心理学を学び、2016年「メンタルケア心理士」資格を取得。

ブログ『フリーライター桜井涼のたなごころ』
http://ameblo.jp/miehime0617/