「天中殺とはどう違うの?」「悪いことばかり起きるの?」人生誰でも巡ってくる【ミステリー期】とは?

12年に1度、3年間やってくる「ミステリー期」について解説。世間でいう「天中殺」との違いは?この時期に積極的に行動を起こしても、認められずにむなしい気分になることも…。ご自分のミステリー期がいつか、早速確認してみましょう。

執筆者: 庵 妃慧 職業:占い講師
人生の【ミステリー期】とは? 天中殺って悪いことばかり起こるの? 

こんにちは、占い講師の庵 妃慧です。

 

普段は何気なく過ごしていても、時として思い止って考えることが必要となる時期があります。

生きている以上、誰もが通らなければならない運期の関所のような年月が存在するのです。

それが、12年に3年巡る「ミステリー期」というものです。

 

今回は、どんな人にも必ず訪れる、そのミステリー期についてお話します。

 

【ミステリー期】と【天中殺】の関係

【ミステリー期】と言うのは、世間でいう【天中殺】の時期のことです。
ミステリー期は12年に3年間、天中殺は12年に2年間と決まっており、天中殺はミステリー期の3年間の中に含まれています。

 

 

天中殺とは?

はじめに、【天中殺】について少しご説明したいと思います。

 

天中殺は、『戌亥・申酉・午未・辰巳・寅卯・子丑』の6つがあります。

12年に2年間、12ヶ月に2ヶ月、一日に4時間の期間を指します。

時計の文字盤を基本にした考え方です。

《図1》天中殺の種類

 

 

天中殺の原理

天中殺現象というのは、空間と時間のバランスを欠いた状態のことを言います。

空間とは「十干」を指し、時間とは「十二支」を指します。

 

※十干とは … 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10個の要素からなります。

 

例えば、空間と時間で椅子取りゲームを始めた場合、十干よりも十二支の方が2個数が多いため、時間の十二支は二つの空間が不足になります。
時間があって、空間が存在しないのです(図2参照)。

この《空間が存在しないこと》を「天中殺」と言います。

 

《図2》天中殺の原理

 

 

天中殺の期間に積極的に行動を起こしても…

天中殺では、自分のエネルギーを現実の社会にアピールしても、それを受け止める空間が存在しないのです。

例えるならば、何も無い舞台の上で観客がいない客席に向かって一生懸命お芝居をしている状態です。
そのような状態の中で拍手を求めてもただの無い物ねだりであり、観客は誰もいないのですから、拍手が無いのは当然です。


つまり、天中殺の期間に積極的に行動を起こし、自分自身のエネルギーを社会に対して発揮しようとしても認められず虚しいだけです。

 

 

まず、自分の天中殺を確認してみて!

次に、【ミステリー期】についてお話します。

 

【ミステリー期】がいつなのかを知るには、ご自分の『天中殺』を知っておく必要があります。

まず、中国占星術・四柱推命・算命学・宿命百占学のサイトや書籍などから、ご自身の『天中殺』を調べてみましょう。

そのうえで、以下の方法でご自身のミステリー期を導き出してくださいね。

 

 

ミステリー期の導き出し方

自分の生まれた年が【+】の年か、【-】の年かで、ミステリー期の導き出し方が異なります。

自分の干支をもとに、プラス年生まれか、マイナス年生まれかを確認してから進んでください。

 

  • 【+】の年 … 子・寅・辰・午・申・戌
  • 【-】の年 … 丑・卯・巳・未・酉・亥

 

ミステリー期は、上でお話したように3年間。

天中殺に、さらに1年加わります。

 

【+】生まれの人の場合

自分の生まれた年が【+】の年《子・寅・辰・午・申・戌》の人は、天中殺である十二支の【前】に1年加わります。

例えば、【+】生まれの『午未ミステリー』の人の場合、『巳・午未』の年がミステリー期になります。
 

  • 天中殺が「戌亥」の人 ⇒ 酉・戌亥

 

  • 天中殺が「申酉」の人 ⇒ ・申酉

 

  • 天中殺が「午未」の人 ⇒ ・午未

 

  • 天中殺が「辰巳」の人 ⇒ ・辰巳

 

  • 天中殺が「寅卯」の人 ⇒ ・寅卯

 

  • 天中殺が「子丑」の人 ⇒ ・子丑

 

※太字が、加わった1年です。

 

 

これを図面で表すと、時計の文字盤上に次のようになります。 

《図3》【+】生まれのミステリー期

 

 

【−】生まれの人の場合

自分の生まれた年が、【−】の年《丑・卯・巳・未・酉・亥》の人は、天中殺である十二支の【後】に1年加わります。

例えば、【-】生まれの『午未ミステリー』の人の場合、『午未・申』の年がミステリー期になります。

 

  • 天中殺が「戌亥」の人 ⇒ 戌亥・

 

  • 天中殺が「申酉」の人 ⇒ 申酉・

 

  • 天中殺が「午未」の人 ⇒ 午未・

 

  • 天中殺が「辰巳」の人 ⇒ 辰巳・

 

  • 天中殺が「寅卯」の人 ⇒ 寅卯・

 

  • 天中殺が「子丑」の人 ⇒ 子丑・

太字が、加わった1年です。

 

 

これを図面で表すと、時計の文字盤上に次のようになります。

 

《図4》【-】生まれのミステリー期

 

【ミステリー期】には、悪いことばかり起こるわけではない

ミステリー期の3年間は、五行五気のバランスが一気に傾き崩れ平衡を失います。
40代までに回って来るミステリー期3回の内の二度は、争い・損失・病気・水害・火害・離・死など、軽重の度合いはあれ、どれか一つ二つは凶難を受けることになります。
しかし、悪いことばかりではなく、3回の内一度は無害か、時には吉変する場合もあります。

 

例えば… 

《太平洋戦争終結から28年、アメリカ領グアム島で地元の猟師に発見された残留日本兵・横井正一さん》の場合は、吉変した一例です。

ご本人は、T3年(寅)生まれで【子丑ミステリー】。

昭和47年(壬子)のミステリー期のときに、ジャングルから助けられました。

このような奇跡的なことが起こるケースもあるのです。

また、最近のことでいえば、冬季平昌オリンピックのスピードスケート女子日本選手小平奈緒さんは、1000mの銀メダルに続き、500mでは金メダルを獲得しました。

彼女は、今ミステリー期の真ん中にいます。
おそらく、エネルギーの消耗度合いは心も身体も想像以上ではなかったでしょうか。

 

ミステリー期の過ごし方によって、その後の人生が変わってくる

【ミステリー期】の過ごし方によって、その期間が開けた後の人生の結果が変わってきます。

洋服のボタンの掛け違いのように、状況が思わぬ方向に転換してしまうこともあるのです。

 

次回は、ミステリー期についてさらに詳しくご説明するとともに、ミステリー期の乗り切り方をご紹介します。

ご期待くださいね。

 コラムニスト情報
庵 妃慧
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:占い講師

はじめまして、“心のかけ込み寺” 庵妃慧です。
東京都目黒区下目黒で、占いの個人授業と鑑定をしています。

其れに加えて、この頃は『たびか街あるき』やヤフー占いを始め多種のネット占いも手掛けています。
その時は、熊野古道の母 庵妃慧(あんきけい)で頑張っています。

御年何歳とは申せませんが、この道を本格的に志しましたのは昭和57年に東京へ来た時に始まります。
漠然と{神様みたいに人の事わかる様になりたいなー}と思った時は、幼児期です。
小学校に入ってからは、黒板にチョークで文字を書いて教えたいなーと夢をもちました。

東京へ来て占いに学問がある事を知り、有頂天になりました。
其れからは、東洋占術、日本易学に通い、独学で日夜『60干支』を眺め紐解き続きました。
占い学校へ行く度にどこでも『弟子入り』を誘われました。
その路にあう生まれであったのです。
その憧れた夢が実現したのは、6年後、更にその後平成5年からは、本格的に黒板の前に立って『講師の道』を進みました。

読売文化センター・大森、恵比寿。NHK学園新宿スクール、港区区民センター、各方面で占い授業を開き思う存分活動しました。
今現在は、個人授業・鑑定。“たびか街あるき”で目黒区の神社仏閣を案内し、宿命を解き、占い基礎勉強を指導しています。
憧れた夢を人生の終焉までやり遂げられる事は、最高の幸せ者と毎朝【御仏】に感謝の言葉を毎朝伝えております。

************************************
http://www.an-kikei.com
https://ameblo.jp/ankikei/
デジブック:http://www.digibook.net/search?key=companyuuid&value=425021759a3539b520b39082495c78a1&page=1

日々、真面目に真剣に何事にも取り組む!をモットウに、マンションでは『理事長』を5年近く努めてます。
昨年〜今年に掛けて、大規模修繕工事も終え、私の人生は体験から学び、それを活かして人様を導く人生であると自負致します。

最後の楽しみとして【コラム】に辿り着いた事は、これまた幸せを実感致しました。
長い人生で学んだ事は、この世の何方かにお役に立ちます様に…そんな気持ちでここでお世話になろうと思います。
よろしくお願い致します。

著書 文芸社 【生き長らえて 辿り着いた占いへの道】大威季子
   文芸社 【宿命百占学】 庵 妃慧