いつも辛い恋愛ばかり...そんな方必見!上手くいかない原因とその解決策をお伝えします!

恋愛がいつも辛い、うまくいかない…こんな風に感じたことはありませんか?本記事では、恋愛が辛いと感じる女性に向けて、その原因と、具体的な解決策を紹介します。この記事を読めば、あなたも今日から幸せな恋愛ができるようになりますので、ぜひご参考にしてください!

執筆者: Latte

 

「恋愛が辛い...」、「恋愛がうまくいかない」など恋愛で悩む女性の方多いですよね。

しかし恋愛がうまくいかない原因を知ることで、簡単に幸せな恋愛を叶えることができるのです!

本記事ではだれもが幸せな恋愛を手にするための秘訣をお届けします!

もう疲れた...あなたの恋愛がいつも辛い5つの理由


「恋愛が楽しくない...」、「いつも不安になってばかり...」という方に向けて、

恋愛が辛い主な原因5つをご紹介します。

ご自身の今までの恋愛を振り返りながら読んでみてくださいね。

  1. 相手の気持ちがわからない
  2. 恋をすると不安を感じやすくなる
  3. 適切な判断ができなくなる
  4. 無理に忘れようとする
  5. 上手くいかないの原因を相手のせいにしてしまっている

 

それぞれ解説していきます。

原因①:相手の気持ちがわからない

相手はきっとこう思っていると決めつけてしまうことはないでしょうか?

「きっと嫌われているに違いない」、「嘘をついているに違いない」など、

恋愛がつらいと感じる女性は、相手の気持ちや行動を勝手に決めつけてしまう傾向があります。

頭の中で推測し不安になったり、過去の失敗にとらわれて悪い方向にばかり考えてしまう、それが恋愛が辛くなってしまう1つの原因です。

 

原因②:恋をすると不安を感じやすくなる

相手を好きになればなるほど、相手に嫌われたくない、失いたくない、失敗したくない…
という気持ちが強くなります。

この気持ちが強まるほどネガティブな考えを生み出し不安へとつながっていくのです。

また人間は恋をすると「ドーパミン」という幸せを感じるホルモンと「コルチゾール」というストレスホルモンの分泌が増加します。

「ドーパミン」は幸せホルモンとも呼ばれ幸福感を増強する一方で、
「コルチゾール」は不安を感じやすくさせてしまいます。

恋愛をすると普段よりも不安になりやすく、つらいと感じるのです。

原因③:適切な判断ができなくなるから

原因②でもお伝えした通り、恋をすると「ドーパミン」が分泌されます。

「ドーパミン」が大量分泌されることで、脳の「判断」の思想を司る部分の動きが鈍くなります。

そのため恋愛をしているときは適切な判断ができないことがあるのです。

その結果つらい恋愛につながってしまうこともあります。

原因④:無理に諦めよう忘れようとする


実は相手を無理に忘れようとするのは逆効果です。

理学教授ダニエル・ウェグナー氏らが行った「シロクマ実験」というものがあります。

この実験は被験者を複数グループに分けて、シロクマの映像を見せたあと、
片方にはシロクマについて考えるように指示、もう一方にはシロクマについて決して考えないように指示をするというもの。

この結果、シロクマについて考えないようにしたグループの方が、より鮮明にシロクマの映像を覚えていたのです。

人間は「何かを考えないようにすればするほど、かえってそのことが頭から離れなくなる」ということがわかります。

無理に忘れようとすることでより忘れられなくなってしまい、
つらくなってしまうかもしれませんので、お気を付けくださいね。

原因⑤:上手くいかないことを相手のせいにしてしまっている

恋愛が上手くいかないとき相手のせいにしていないでしょうか?

「相手のこういうところが悪い」、「うまくいかないのは相手のせい」

このような考え方は理想の恋愛から遠ざかる原因となってしまいます。

相手を変えることは難しいため、相手のせいにし続けても問題の解決には至らないことがほとんどだからです。

また上手くいかない原因はあなたにある可能性もあります。

この考え方を続けていると状況は改善せず辛い恋愛を引き寄せてしまいます。

辛い恋愛から抜け出すための解決策


ここまで読んでいただいて、ご自身に当てはまる原因はありましたか?
ここからは辛い恋愛から抜け出すための具体的な改善策5つをお伝えします。

  1. 相手に気持ちをはっきり伝える
  2. 気持ちを書き出して冷静になる
  3. 友人に話して客観的意見をもらう
  4. 無理に忘れようとせずに何かに没頭する
  5. 相手の幸せを願うこと


順に解説していきますので、
ご自身の原因にあった対策法を見つけて試してみてくださいね。

解決策①:相手に気持ちをはっきり伝える

片思いの場合告白して思いを伝える、彼氏がいる場合不安や不満を正直に話すことが
大切です。
相手の気持ちを知ることで、想像で作られた不安は解消され、辛さが軽減するはずです。

「振られたらどうしよう…」、「嫌われたらどうしよう...」など傷つくことが
恐いのは当然のことですが、
どんな結果でもあなたの人生に役立つ経験となることは間違いないはずですし、
今までの辛さから逃れられ、すっきりするはずですよ。

解決策②:気持ちを書き出して冷静になる

不安や不満などの気持ちをすべて紙に書き出してみてください。

紙に書くことでネガティブな感情を減らせる効果があり、不安定な気持ちを落ち着けることができます。

気持ちが安定していれば、いい恋愛ができるはずです。

この方法を心理学では、エクスプレッシブライティングといいます。

恋愛以外にも使えるので、不安や悩みがある時など気持ちが落ち着かないときにやってみてくださいね。

解決策③:友人に話して客観的意見をもらう

仲のいい友人でもだれでも構いません。

恋愛で悩んだら誰かに相談してみてください。

冒頭でもお伝えしたように、恋愛をすると冷静な判断ができなくなってしまいます。

そのような状況下では第三者の意見は非常に重要です。

誰かに話すことでもやもやした気持ちがすっきりするだけでなく、冷静さを取り戻し適切な判断ができるようになるはずです。

解決策④:無理に忘れようとせず何かに没頭する

忘れようとするのではなく何かに没頭してみてください。

趣味でも仕事でもなんでも構いません。

悩まないためには考える暇を作らないことが一番の近道となりますので、

時間を忘れるほど熱中できるものを見つけてみてくださいね。

解決策⑤:相手の幸せを願うこと

実は、人間の脳の感情を司る部分は自分と他人の区別がつきません。

例えばドラマをみて主人公の立場に感情移入することありますよね。

主人公の気持ちになり涙を流したり、悔しがったりした経験はみなさんあるはずです。

この原因は、脳が自分と他人の区別ができておらず、自分の感情であると認識してしまうから起こるのです。

つまり相手に不満がある=自分へ不満があると脳は認識し、

相手の幸せを願う=自分の幸せを願っていると認識するのです。

幸せになりたいと思うのであれば、まずは大切なお相手の幸せを願ってみてください。

きっとご自身の幸せの恋愛にもつながりますよ。

辛い恋愛の原因と解決策:まとめ

 

いかがでしたか。
今まで「恋愛が辛い」、「恋愛が苦しい」と感じていた方、
ご自身に当てはまる原因や良い解決策は見つかりましたでしょうか?

この記事をきっかけに幸せな恋愛を引き寄せてくださいね。

恋愛はときに難しく感じることもありますが、その分たくさんの幸せが待っているはずです。

限られた人生の時間、素敵なパートナーと思いっきり楽しい恋愛をして幸せな日々を築いてくださいね。

 
 

 恋愛のコラム

  このコラムに関するタグ