【ムカつく、イライラ…】人間関係がうまくいかないときに見直したい3つのこと

職場や会社での人間関係にイライラ!友達やママ友などにもストレスを感じてしまうと、もうめんどくさいですよね。人間関係がうまくいかないときは以下の3つに注意してみましょう。

執筆者: 松幸恵 職業:コンサルタント
面倒くさい人間関係ですが、一生付き合っていくものです

子供でも大人でも、人は一人では生きていけません。

山に籠っていても、生きていく以上、どこかで誰かと接触する必要が出てきます。

 

あなたがどんなに孤独を愛そうが、社会の一員であることは一生変わりません。

最近では、SNS上での人との関わりも急速な広がりを見せています。

 

実生活でもSNS上でもいざこざが多く、人間関係に疲れている人が多い現代社会。

完全に人間関係をストレスフリーにすることは不可能ですが、ある程度、自身の気の持ち方によって改善できる部分もあります。

 

「なんでこっちがそんなことしなきゃダメなんだ!」と憤る人もいるかと思いますが、目的は「人間関係をラクにする」ことですよね。

その目的のために、粛々と行えることをしていきましょう。

 

 

まずは、自分一人だけの時間を確保しよう

人間関係に疲れたなと感じたら、少し一人になってみましょう。

 

全ての関係を断つことはありませんが、週末は一人で過ごしてみたり、SNSから離れてみるなど、一人でゆっくり考えられる時間を確保してみて下さい。

 

思い切って、一人旅なども良いかもしれません。

そこで感じたことを大事にしてください。

 

「この景色を○○さんに見せたい」

「この話を○○ちゃんに話したい」

 

そう思える関係は、本当に良い人間関係を築けている人です。

常に周りに誰かがいることで、気が休まる場がなかっただけかもしれません。

 

ストレスの原因は、皆バラバラです。

誰にも気を遣わず、ぼーっとして気持ちをリセットする時間を作りましょう。

瞑想に似たイメージですね。

 

そういった一人の時間を定期的に作ることで、気持ちがコントロールしやすくなると思います。

自分が疲れていると、建設的な思考ができません。 

 

アンガーマネジメントを行い、自分の感情を把握する

自分がいまどんな感情を抱いているのかきちんと把握すると、その感情をどう昇華すべきか次のステップが見えてきます。

 

自分の感情に蓋をして我慢をすると、そのぶん感情はドス黒く膿となって心身を蝕みます。

頭の中でぐるぐると考えていることを、改めて紙やPCのメモなどに書き出してみましょう。

「書き出す」ことで、改めて感情や思考の癖を第三者視点で見ることができるので、自分の感情を把握することができます。

頭で思考を整理するだけではなく、必ず書き出してみましょう。

 

日付や具体的出来事が書けたら、次にその怒りに点数を付けます。
「怒りの温度を測る」のです。穏やかな状態を0「人生最大の怒り」を10として、点数を付けましょう。

自分の「怒りのツボ」が見えてきます。
どんなことで怒るのか、どんなタイミングで怒るのか、パターンが分かるのです。

 

これは、アンガーログという心理トレーニングです。

 

人間関係を壊す考え方や習慣をしていないか見直す

人間関係を壊す考え方は以下の3つです。

 

  1. 人は外側から動機づけられる
  2. 相手は変えられる
  3. 相手が間違っている場合、変えることは正しい


これらは選択理論心理学で「外的コントロール心理学」と呼ばれています。
簡単に言えば、人間は間違っていたら、周りが厳しく言ったり、欠点を淡々と伝えたり、怒ることが大切だという考え方です。

 

実際の行動に起こすと、以下のようになります。

 

  • 批判する
  • 責める
  • 文句を言う
  • ガミガミ言う
  • 脅す
  • 罰する
  • 従わせるために褒美で釣る

 

これらの行動を行うと、確実に人間関係は壊れていきます。

 

相手と自分は全く異なる価値観を持っていることを再認識する

相手には相手の考え方があって当然で、相手の意思を尊重することが大切です。
その代わり、相手と自分の意見が違った場合、必要であればその違いについて交渉することが必要になります。

 

以下のポイントを意識しましょう。

 

  1. 人間の動機づけは内側から行われる。
  2. 相手は変えられない。
  3. 相手と自分の意見が違うのは当然のことだ


実際の行動に起こすと、以下のようになります。

 

  • 傾聴する
  • 信頼する
  • 受容する
  • 励ます
  • 尊敬する
  • 支援する
  • 意見の違いについて交渉する

 

自分と相手はそもそも考え方が違う。

相手は変えることはできない。

 

分かっていることだとは思いますが、今一度、強く脳に叩き込んで毎日意識し直してください。

 

心理カウンセラー解説!人間関係を確実に良くする「7つの身につけたい習慣」より

 

仕事や恋愛、家庭での人間関係を改善していきましょう

関係性によって対応方法は様々あると思いますが、ご紹介した事柄を参考にしてみて下さい。

そして、より良い人間関係を築いていただければ幸いです。

 

冒頭でもお話ししましたが、人は一人では生きていけません。

自分の意見を言ったり、関係を取捨選択したりすることは必要ですが、自分本位になってはいけません。
周囲の人との関わりや助けがあってこその自分ですから、常に感謝の気持ちを持って相手に接していくようにしましょう。

 
 コラムニスト情報
松幸恵
性別:女性  |   職業:コンサルタント

普段はコンサルタントの仕事をしておりますが、
幼児~大人まで幅広い教育に関心が強く、
教育関係の団体で活動もしております。

誰かの為に、
少しでも誰かの支えになれるようにと、
そんな気持ちを持って
主に教育、時々コンサル目線でのあれこれを
様々な観点から書いていきたいと考えております。


よろしくお願いいたします