英語でうまく自己紹介をする方法!ビジネス・大学などで使える例文(フレーズ)と注意点

執筆者: 大澤眞知子 職業:英語教育専門家

こんにちは、Super World Clubの大澤眞知子です。

みなさん、英語の自己紹介は得意ですか?
もしかして、日本語での決まりきった形をそのまま自信なさそうに英語にしているだけ、ということはありませんか。


どうも、相手がそれほど興味を示している様子がない。
そこから会話が進まない。

そんな経験をお持ちのネイティブスピーカーに、ぐーんと興味を持ってもらえる自己紹介のコツをアドバイスいたします。

 

今まで持っている自己紹介への思い込みを排除

自己紹介とは、取りあえず自分のことを脈絡なく説明するものではないということを、まずは覚えておいて下さい。
普通は「名前」を言ったあと「質問・答」と続くのが自己紹介です。

A: Hi, I’m Hiroshi.
B: Hello, I’m Bob.
A: What do you do, Bob? / Do you live here?

隠れヒント

聞き慣れない日本語の名前を相手が聞き取るのは難しいです。フルネームは特に難しい。
英語で自分を語る場合は、まずファーストネームがベスト。
それも、明確に発音すること

その後、相手の答えを聞き、その答えについてさらに質問をします。

A: What do you do, Bob?
B: I’m an IT guy. How about you?
A: I’ve got a small import business back in Japan.
B: You are from Japan?

 

 

ビジネスの場での自己紹介で気をつけること

日本は名だたる肩書きの国。

従って自己紹介にも「(会社名)の(部長)の(名前)」が日常行われていると思います。

ところがこれ、英語ではほぼタブー。
勤め先や肩書きより、どんな能力を持ちどんな仕事が出来るか
これが大切です。

そしてユーモアは必須。

 

自己紹介の例

Eriko: I’m Eriko. I work in PR. I take care of company mistakes. I’m very good at saying sorry.

Masahiro: My name is Masahiro. I’m the Assistant Vice-Manager of marketing. That means I just do whatever my boss says.

隠れヒント2

「会社名と肩書き」だけで終了する自己紹介。

相手は”So?” という顔をして待ち、そのあと何もなければ「なぁ~んだ。面白くない」と、あなたの印象を脳から消し去ってしまうかもしれません。

 

 

学生の自己紹介

これもやはり同じ。
「××大学に通っています」は、通用しません。
学生ということは、何を専門に勉強しているかを語ることだけ。
そして、プラスα。もちろんユーモアも必要です。

 

自己紹介の例2

Aisha: Hello, I’m Aisha. I’m studying anthropology. I’m interested in differences in cultures.

Terry: Hi, I’m Terry. I take computer science, so I spend a lot of time at donut shops with free Wi-Fi.

隠れヒント3

「大学名」は、特別な意図がある時以外は口にしない方がいいかもしれません。特にカナダではそうです。

それだけで終わると「なんて中身のない人間」と、そっぽを向かれてしまう可能性があります。


また、日本の自己紹介では定番のサークル活動などですが、海外でそれをまず語ってしまうと「勉強はしてないの?」と、これもそっぽを向かれてしまいます。

 

 

おわりに

英語圏での大学は「自分の特性を伸ばすために必死で勉強するところ」ですから、それなりの自己紹介をする必要があります。

次回は第二弾として、効果的な自己紹介のイントロと、やってはいけないイントロをご紹介します。

Good Luck!

 
 コラムニスト情報
大澤眞知子
職業:英語教育専門家

【カナダの小さな町でボランティア】
 facebook.com/volunteerincanada
【全く新しいカナダ高校・大学留学モデル】
 facebook.com/educationinenglish
【脳の思考過程を変える英語教材ーBig John Math】
 facebook.com/bigjohnmath

Super World Club(代表取締役)
superworldclub.co.jp


言語学、脳心理学と、コンピューターサイエンス、数学を組み合わせた独特の指導法を実践しています。
クリティカルシンキング、創造力を備えた日本人を作るため、英語での準備から最終ゴールのカナダ着地までをカナダの人的ネットワークでサポート。
大きな未来へコーチします。

 

 旅行のコラム

 教育・学習のコラム