発音をネイティブに近づけたい!フォニックス(Phonics)英語の長母音をマスターしよう -ダイグラフ・マジックe・ディフソンの使い方実例-

執筆者: 植田朋子 職業:英語講師
はじめに

こんにちは、英語講師の植田朋子です。

 

フォニックスでは、短母音(Short Vowels)は、a(アとエの間の音),e,i,o(お医者さんに喉をみてもらうと時のア),u(何か気付いた時のア)の5つがあります。

 

そして長母音(Long Vowels)は、ai(エイ),ee(イー),ie(アイ),oa(オウ),ue(ユー)の5つになります。

 

この長母音について、今回は詳しく紹介したいと思います。

 

 

二文字で一音を表す長母音

ai,ee,ie,oa,ueという文字を見て、見慣れないと思われた方がいらっしゃったかもしれません。

 

これらの文字は、二文字で一音を表すダイグラフ(digraph)と呼ばれます。


tree(木)という言葉があるとします。

この文字は、t,r,eeの3つのレターサウンド(文字を表す音)で構成されているとみます。

eeは、ひと塊とみて、イーという音です。

では、次の単語はどのように分解しますか。

 

  • main(主な) :m,ai,nのム、エイ、ンでメインです。
  • boat(ボート) :b,oa,tのブ、オウ、トでボウトです。

 

*ム、ブ、トについては、出来るだけ母音を抜いて発音しましょう。


このように、フォニックスを学ぶと、単語をみるとき、どのような単位に分けて発音に結び付けるか、一定の視点が出来ます。

フォニックスの知識があると、読みが分からない単語にあたっても、綴りから見当をつけて、分解することにより、とりあえずの発音は出来ることになります。

 

長母音は対応した短母音のアルファベット名を発音する

5つの短母音と5つの長母音は対応しています。


aは ai、eは ee、iは ie、oは oa、uは ueに対応していて、それぞれのレターネーム(アルファベット名のこと)と同じです。


例えばaはアとエの間の音ですが、レターネームはエイですよね。

このように長母音とレターネームは対応しているのです。

 

短母音を長母音に変えるマジックe

ここで、マジックeまたはサイレントeといわれる、フォニックスのルールを紹介したいと思います。

 

マジックeとは、短母音と子音で終わる単語の後ろにeが付くと、魔法が働いて、短母音が長母音に変身するというものです。


例えば、mat(マット)。

eが付くと、mateとなり、aの音がaiの音に変わります。


pin(ピン)だとどうなりますか?

eが付くと、iからieになりpine(パイン:松の木)ですね。

 

二種類の違う音で一音になる「ディフソン(diphthong)」

二文字で一音を表す「ダイグラフ」という概念があるということを紹介しました。

 

もう一つ、良く似た言葉に、二種類の違う音で一音になる「ディフソン(diphthong)」というものがあります。

これは二重母音とも言われます。

 

二重母音の例を挙げてみましょう。

長母音のai。

 

これはエの音で始まってイの音で終わります。

一音なのに途中で音色が変わるのです。

日本人は 「エ」と「イ」をはっきり分けて、エイと発音しがちですが、これは一音で、途中で音色が変わる音なので、エーィと滑らかに変化させて発音した方が自然です。

まとめ

それでは、今回の用語をまとめておきましょう。

 

  • 短母音:a,e,i,o,uの五音。
  • 長母音:ai,ee,ie,oa,ueの五音。a,e,i,o,uに対応していて、文字名と同じ。
  • マジックe:短母音と子音で終わる単語の後ろにeが付くと、魔法が働いて、短母音が長母音に変身するという法則。not→noteなど。
  • ダイグラフ:二文字で一音を表すもの。
  • ディフソン:一音で二種類の音色を持つもの。ai,ie,oaなど。

 

5つの短母音と5つの長母音をマスターし、ネイティブのような発音へと近づけるよう練習していきましょう。

 
 コラムニスト情報
植田朋子
性別:女性  |   職業:英語講師

奈良県香芝市でフォニックスと文法を中心にした英語教室「MamiEC」を主宰しています。「ジョリーフォニックス(Jolly Phonics)」という読み書きを体系的に学ぶことのできるフォニックス・文法プログラムをメインで使用しています。

ジョリーフォニックスのトレーナーとして、大阪や東京を中心にジョリーフォニックスやジョリーグラマーの教え方のセミナーも開催しています。

【MamiEC英語教室】
http://www.mamiec.com/

 

 教育・学習のコラム