バリ島でおすすめのお土産は?10円から安く買える、人気のばらまき系コスメ・コーヒーなどを紹介!

執筆者: まつもと まり 職業:ダイビングインストラクター(PADI IDCスタッフインストラクター)
はじめに

海外旅行で一番頭を悩ませるのは、自身のことよりも、家族や友達、会社の人へのお土産ではないでしょうか。
物価の安さはもちろんのこと、バリ島はお土産の種類や買える場所も豊富にあるので、お土産選びに困ることは無いでしょう。

お土産を買う場所は、大まかに分けて3つのパターンがあります。

 

観光エリアにある市場や商店

まず1つ目は、観光エリアには必ずある大きな市場や、通り沿いのあちらこちらにある小さな商店です。

こちらで買う場合は、基本的に値札などは付いていないので、現地の店主と値段交渉をして買うことになります。


相場を知らない旅行者には不利な条件ですが、現地の人達とコミュニケーションを取る場だと考えてみて下さい。

自分がこの値段で良いと思って買った値段が、適正な値段だったと思い、その過程を楽しめる方はぜひ挑戦してみて下さい。

 

また、少し割高ですが、商品の質が良く、綺麗な包みに入れてくれるという点で人気の観光地、クタからほど近いスミニャック等の、外国人がオーナーのお洒落な雑貨店も人気が高いです。

 

 

値段の安く種類が多いスーパーマーケット

 

値段の安さと種類の多さ、値段表示が最初からされているという点で断然お勧めなのが、スーパーマーケットでお土産を買うという方法です。

バリ島は、クリームバスと呼ばれるヘッドマッサージが有名ですが、そのクリームバスをする為に必要な頭皮マッサージ用のトリートメントや、オイルタイプの洗い流さない使いきりトリートメントなど、ヘアケア商品が充実しています。

 

しかも、どれも100円を切るプチプラ商品。使い切りサイズもあり小さく軽量なので、お土産には最適です。

 

 

 

 

バリ島のお菓子は安くて種類も豊富

また、バリ島のお菓子も、スーパー等で買うと現地価格なので激安で、種類も沢山あります。

あれもこれも欲しくなりますが、その中でも断トツで人気なのがTimTamというお菓子です。

知っている方も多いかと思います。

 

サクサクのクッキー生地の間にクリームが挟まり、その上を更にチョコレートでコーティングしています。

間に挟まれたクリームはバニラ、ストロベリー、マカデミアナッツ等、色々な種類があり、それもまた人気の秘密です。

 

 

インドネシアはコーヒーの産地

バリ島のあるインドネシアは、コーヒーの産地としても有名です。

バリコーヒー(kopi Bali)と呼ばれるエスプレッソほど細かく挽いた豆にお湯を入れ、粉が沈むのを待ち、上澄みを飲むスタイルのコーヒー豆も、お土産としては人気が高いです。


上司や家族への土産には、コピ・ルアックという、ジャコウネコが食べたコーヒー豆から作った希少な高級コーヒーは如何でしょうか。

また、バリの人は甘いコーヒーが好きなので、コーヒー、砂糖、ミルクが一緒に入ったインスタントのコーヒーが主流です。

こちらも飲みきりサイズで、1回分だと10円もしないので、究極のばら撒き用土産と言えるでしょう。

 

 

おわりに

まだまだ魅力的なお土産の話は尽きないのですが、今回はこの辺で。

お土産選びも旅行の楽しみの一つです。

高級店からスーパーまで、色々な場所に立ち寄り、それぞれの雰囲気を楽しんで下さい。

 

 
 コラムニスト情報
まつもと まり
性別:女性  |   現在地:バリ島 デンパサール  |   職業:ダイビングインストラクター(PADI IDCスタッフインストラクター)

バリ島サヌールにある、PADI ダイブセンターとして最高ランクPADI CDC(キャリア・デベロップメント・センター)の認定を持つ、日本人コースディクター常駐の「バリ・クリスタルダイバーズ」http://cd-taka.com/にて、IDCスタッフインストラクターとしてインストラクターコース指導の経験を積みながらバリ島に住む事4年目に突入!
「ひとりでバリばっか」http://blog.livedoor.jp/barimari55/毎日更新中!!

 

 旅行のコラム