大きいサイズ、強い香り、鉢花はタブー!お見舞いのお花に関するマナーと贈り方

執筆者: 高橋 綾子 職業:フラワーデザイナー/ライター
はじめに

こんにちは。フラワーデザイナーの高橋綾子です。

 

体調を崩したり、元気を失くしてしまっている方へ、励ましの気持ちを伝えたい。

そんなときにお花の贈り物はとても役に立ちます。

 

目で見て、香りを嗅いで、気持ちが癒される。

相手を元気付けられる、そんな贈り物だからです。

 

では、実際にはどんなお花を選べば言いのでしょうか。

お見舞いの花贈りの心得、ぜひ習得して下さいね。

 

ちょっとした心遣いを

病気の時は、元気な時と違って、気持ちも落ち込みやすく、心も弱っているものです。

そんなときに贈るお花には、いつもより少しだけ心遣いをプラスしましょう。

 

こんなところに注意したいポイントを挙げてみました。

 

鉢花はNG

ご存知の方も多いと思いますが、入院されている方へ、鉢花の贈り物は基本的にNGです。

 

病気が「根付く」と考えられているからです。

普段は全く気にしないようでも、病気のときはつい弱気になりがちです。

そんな気持ちを察して、鉢花は敢えて避けるのがマナーです。

 

匂いにも注意を

病室は意外と狭く、窓も少ないのが特徴です。

相部屋であれば、他の患者さん達もいらっしゃいます。

 

そんな場所では、匂いのきついお花は避けるのがベターです。

空気の循環が少ない部屋では、時に匂いが息苦しく感じられるかもしれません。

ユリなど、匂いのきついお花は避けた方が良いでしょう。

 

大き過ぎる物は避ける

気持ちを伝えたくて、ついつい大きなお花を贈りたいという気持ちは分かりますが、病院へお持ちする場合には、大き過ぎる物は避けた方が無難です。

 

個室であれば構いませんが、相部屋の場合には、飾れるスペースもあまりないのが現状です。

相手に気を遣わせることのないよう、あまり大き過ぎない物を持参しましょう。

 

優しい色合いのお花をチョイス

お見舞いでお花を贈るときには、元気になってもらえるように、優しい色合いのお花を選びましょう。

 

黄色やオレンジは元気になりそうなイメージで好まれますし、見た目に優しいピンク色のお花もお勧めです。

見ていて優しい気持ちになれる、そんな色合いを想像しながらお花を選んでみましょう。

 

贈るタイミングにも気遣いを

お花を贈るタイミングについても、気遣いが必要です。

実は病状によっては、病室へのお花の持ち込みを禁じているケースもありますし、想像以上に早く退院される場合もあります。

 

病状や退院の予定など、近しい人に事情を聞いておくのも大切です。

場合によっては、退院されてから『快気祝い』として、ご自宅にお花を贈っても良いかもしれませんね。

 

おわりに

元気をなくしているときに届くお花は、とても嬉しく、心癒されるものです。

ちょっとした気遣いをプラスして、誰かを元気付けられる、そんなお花が贈れたら素敵ですね。

 
 コラムニスト情報
高橋 綾子
性別:女性  |   職業:フラワーデザイナー/ライター

フラワーデザイナー、フローリスト、ライター

東京世田谷にて2000年に、夫と共にフラワーショップ『evergreen』をOPEN。
店頭、ウェブでのお花の販売のほか、ウェディング、レッスンなど幅広く活動を行っています。

毎日の暮らしに花を取り入れる提案や花合せのコツだけでなく、カラーやインテリア、写真やガーデニングなどなど、毎日の生活をもっと楽しいものにする、そんな情報を発信できたら・・・と思っています。

サイトやブログでも、お花の情報を公開中です!
HP http://www.f-evergreen.com
ブログ http://blog.livedoor.jp/fevergreen/

 

 生活のコラム