玄関をすっきりさせるカンタン整理整頓術!シューズ・靴の収納アイデアと捨てどきポイント (1/2)

執筆者: 大谷洋子 職業:整理収納アドバイザー
はじめに

こんにちは。
整理収納アドバイザーの大谷洋子です。

玄関は、家の顔と言われています。
玄関を見るだけでそこに住む人の様子が垣間見えるともいえるでしょう。

何より、大切な家族が家に帰って来た時に、ホッとする空間であるのが一番大事ではないかと思っています。

 

玄関が綺麗だと住む人の印象もアップする

そうは言っても日々忙しく暮らしていると、たたきには砂や埃。
下駄箱の上は、レシートや小銭、ダイレクトメールの山が出来ていたり、飾ってある物には埃が薄っすら溜まってしまいます。
または、子供の外遊びのおもちゃが無造作に出しっぱなしということもあるでしょう。
下駄箱に靴が入りきらなくて、たたきに並んでいるお宅も多いように思います。

 


しかし、玄関の整理が出来れば、そこに住む人の印象もアップするのではないかと思います。
逆に言えば、玄関が綺麗であれば、中の部屋は多少散らかっていてもお客様には気付かれないということです。

 

玄関は片付けに取り掛かる最も良い場所

玄関は、リビングほどモノの種類も多くないので、片付けに取り掛かるには良い場所ともいえます。
来客が来てから慌てないためにも、玄関の整理から始めてみませんか?

まず、靴が下駄箱に入りきらないようでは、収納に対して靴の数が多過ぎると思われますので、そんな方は次の手順で整理して下さい。 

 

 

整理の3STEP
  1. 全て靴を下駄箱から出して床に並べ、見渡せる状態にしましょう。
  2. 冠婚葬祭の靴を除いて「1年以上履いてない靴」と「1年以内に一度でも履いた靴」に分けましょう。
  3. 1年以内に一度でも履いた靴と、冠婚葬祭用の靴を下駄箱に戻します。 

 

戻す時は、手の届かない高い所にシーズンオフの靴、手の届きやすい腰高か腰より下の位置に、今履いている靴を入れていきます。
季節によって衣替えをするように、靴も季節で収納する位置を変えるだけで、使いやすくなります。 

 

 

この作業だけでも、靴箱がかなりすっきりするのではないかと思います。
余裕があれば、靴を出した時に砂や埃をかき出して下さいね。

 
 コラムニスト情報
大谷洋子
性別:女性  |   現在地:香川県  |   職業:整理収納アドバイザー

小学生の二児の母です。
物も思考もシンプルな暮らしは風通しも良くhappyが舞い込んでくるように思います。家を整えることによって暮らしが楽になるお手伝いをしています。
blog happy*simple life
http://ameblo.jp/yokko-oo/

 

 生活のコラム

  このコラムに関するタグ