自然を満喫できるアメリカのアウトドア、キャンプ!テントの立て方や野外レジャーの楽しみ方 (1/2)

執筆者: ZIZI
はじめに

アメリカでは、アウトドア・アクティビティがとても人気。

誰もが、気軽に行っているように思います。


土地が広大なので、ちょっと車を走らせれば雄大な自然があります。

また、アウトドアの楽しみ方もバラエティ豊かです。

こういった理由が、人気の秘密かもしれません。


今回は、アメリカのアウトドア・アクティビティの代表、キャンプについてご紹介します。

キャンプの種類

アメリカでのキャンプは、大まかに分けて、3つに分類されます。

 

レクリエーショナル・キャンピング(Recreational Camping)

これは、キャンピングカーなどのRV(Recreational Vehicles)や一般車を、宿泊や荷物の保管に活用するキャンプのこと。

モータライズド・キャンピング(Motorized Camping)とも言います。


キャンプ場にロッジやユルト(Yurt)が整備されている場所もあり、何とキャンプ・ウェディングを行うカップルもいます。

 

ユルト=ゲルとは、主にモンゴル高原に住む遊牧民が使用している、伝統的な移動式住居のこと(Wikipedia引用)

 

このタイプのキャンプができるキャンプ場は、電気、水、排水施設が整備されていることが多く、水洗トイレや温水シャワーも設置されています。

 

全米にある、民間キャンプ場のKOA(Kampground of America)には、コインランドリーやキャンプ用グッズを扱っている小売店、子供用のプレイエリアなども整備。

快適に過ごすことができます。

 

街から近い場所にあることが多く、食料の買出しや、救急時に病院に行く際にも便利です。
また、一部の州立公園でも、レクリエーショナル・キャンピングを楽しむことが可能。

民間施設よりも、テントサイトが広かったり、公園内のトレイルやビーチを楽しむことができます。

プリミティブ・キャンピング(Primitive Camping)

キャンプ場として整備はされています。

しかし、道路から離れた場所に設置されていることが多く、ピクニックテーブル、キャンプファイヤ用の炉、ピットトイレ(汲み取り式のトイレ)、飲料水栓程度の設備しかありません。


電気もないので、夜は、真の暗闇を経験でき、降るような星空を見ることもできます。

テントでキャンプする人が多いのは、このタイプのキャンプです。


国立公園、国立レクリエーション地域、国立森林、州立公園などで楽しめます。

 

 

これは、とある国立森林エリアのキャンプ場にあった、飲料水栓です。

 

ウィルダネス・キャンピング(Wilderness Camping)

バックカントリー・キャンピング(Backcountry Camping)とも言います。

 

キャンプ設備のない場所でのキャンプであり、キャンプに必要な道具や食料・水は、全て、自ら背負うか、動物を使って運びます。

アメリカでは、馬と一緒のキャンプは、珍しいことではありません。


国立公園、国立森林や自然保護地域などで許可されていますが、事前にキャンプの許可証を得る必要があります。

 

我が家のキャンプ

我が家には、2歳半の娘と犬がいます。

この夏に楽しんだのは、レクリエーショナル・キャンピングとプリミティブ・キャンピング。

ウィルダネス・キャンピングは、犬連れ不可だったり、幼児連れでは難しかったりします。


レクリエーショナル・キャンピングには、隣接したキャンプサイトを借り、友人家族と行きました。

1つの区画全体を貸し切って、大人数でキャンプをするグループキャンピングも一般的です。


ピクニックテーブルの1つを食事スペース、もう1つを調理スペースとして使用。

テーブルの上にシェルターを取り付けると、雨除けだけでなく、プライバシーも確保できます。

 

 

手前にテント、奥の緑色のシェルターが、食事スペースになっています。

 


こちらは、調理スペースとして使った備え付けのテーブル。
食材、調理器具や小型バーベキューグリル、小型ガスコンロなどを設置してあります。

キャンプサイトに車を停められたので、色々と持参できました。


夜間は、アライグマなどが出没するので、食材等は全て車で保管します。

 

テント

我が家のテントは、将来、ウィルダネス・キャンピングにも対応できるよう、軽量、かつ設営が簡単であることを重視して購入

シアトルに本社のあるアウトドア専門店「REI」のテントです。



最近のテントは優秀で、1人でも、数分で簡単に設営できます。

 

  1. ブルーシートを敷く。
  2. テント専用の、フットプリントと言うシートを重ねて敷く。
  3. 3本のポールを組立てる。
  4. テントをポールに引っかける。
  5. カバーを被せる。

 

これで設営完了。

ブルーシートやフットプリントは、浸水を防いだり、テントの底を保護します。

 コラムニスト情報
ZIZI
性別:女性  |   現在地:シアトル近郊  |  

2010年10月末に、シアトル近郊に移住・見た目はアジアンだけど中身は完全にアメリカ人のEdと結婚、ゆるーい毎日を送っています。2011年3月にミニチュア・ピンシャーのKOKO(♀)、11月に娘が加わり、4人家族になりました。
アメリカより日本の方が好きでしたが、娘ができたことで、アメリカのいいところをたくさん見つけるようにしています。そんな中で見つけた楽しいことをご紹介できたらと思っています。

 おすすめ新着コラム

     旅行のコラム

     趣味のコラム