バリ島へ観光旅行へ行ったときの防犯対策!治安の良い地域とトラブル時の対処法まとめ

執筆者: まつもと まり 職業:ダイビングインストラクター(PADI IDCスタッフインストラクター)
はじめに

皆さんが海外旅行を考える際、決め手の上位になるのが、その地域の治安の良さだと思います。
しかし、日本からニュース等で見るその地域の治安と、実際の治安は違う場合もあります。

バリ島の安全な地域

バリ島は基本的に、どの地域でも比較的安全で、昼間に一人で大通りを歩く分には、特に心配は要りません。
確実に安全に過ごすなら、ヌサドゥアジンバラン等の高級リゾート地、または物売りが少なく、ビーチボーイも存在しない静かなエリアのサヌールクロボカンチャングーがお勧めです。

しかし、クタレギャンなど、バリ島で一番有名な賑やかなエリアでも、いくつかのルールを守ることで安全に過ごすことが可能です。

 

賑やかなエリアでの注意点

女性のグループや一人旅の方は、絶対に知らない人にはついて行かないようにして下さい。
バリ島の人達は人懐っこく、優しい人が多いですが、それが全てとは限りません。


リゾート地での素敵な出会いは魅力的ですが、ビーチやクラブで気安く声をかけて来る男性には十分注意を払いましょう。

 

 

スリ・ひったくり・置き引きに注意

夜遊びに出かける場合は、タクシーを利用し、街中を歩く場合はカバンを道路側には持たないようにしましょう。
女性は手提げや肩に掛けるタイプのバッグを持つ方が多いですが、バイクでのひったくりを防止する為、そのタイプのバッグは避け、取られにくいタイプの物を持ちましょう。

日本にいる時の様に、レストランの座席にカバンを掛けたり、置いたりして盗まれるケースもあるので気を付けましょう。

男性の場合は、ズボンの後ろポケットに財布をそのまま入れるのはスリのターゲットになりやすいです。
チェーンの付いた物にするか、ボディーバック等を持つことをお勧めします。
少し格好悪いですが、混雑した場所ではバッグは前の方に回しましょう。

 

 

万が一のために日本で出来る準備

物価の安いバリ島では、大金を使うことは滅多にありません。
よほど大きな買い物をする場合を除いては、クレジットカードは持ち歩かず、パスポートもコピーを持ち歩き、現金も少なめに小分けに持つようにすると、万が一被害に遭った場合も最小限のダメージで済みます。

 



日本にいるときから出来る安全対策としては、必ず海外旅行保険に入って来るようにし、保険証書の番号やキャッシュレスで利用出来る病院のリスト、緊急連絡先等を事前に調べて書き出しておくと、もしもの時にも迅速に対処することが可能です。

クレジットカードの番号の控え、クレジットカード会社の海外デスクの電話番号なども事前に控えておくと、紛失したり盗られた場合にすぐに対応出来るので、被害が出る前にカードをストップすることが出来ます。

 

おわりに

大きな事件の少ないバリ島ですが、旅行者の海外で羽を伸ばした状態を狙ったスリや強盗、異性からの誘惑など、どこのリゾート地でも起こりえる犯罪は後を絶ちません。
しかし、事前の対策と後の処置の仕方を知っておくことで、犯罪に巻き込まれる確率を下げ、もしもの事態にも的確に対応することが出来ます。

折角の旅行を事件や事故で台無しにしない為にも、事前に出来る対策はしっかりとして、リゾートでの楽しい時間を過ごして下さい。 

 
 コラムニスト情報
まつもと まり
性別:女性  |   現在地:バリ島 デンパサール  |   職業:ダイビングインストラクター(PADI IDCスタッフインストラクター)

バリ島サヌールにある、PADI ダイブセンターとして最高ランクPADI CDC(キャリア・デベロップメント・センター)の認定を持つ、日本人コースディクター常駐の「バリ・クリスタルダイバーズ」http://cd-taka.com/にて、IDCスタッフインストラクターとしてインストラクターコース指導の経験を積みながらバリ島に住む事4年目に突入!
「ひとりでバリばっか」http://blog.livedoor.jp/barimari55/毎日更新中!!

 

 旅行のコラム