冬の手作りインテリアに!チョークアートで作る雪だるまボードの描き方 (1/2)

執筆者: 大地 由希子 職業:建築士・チョークアーティスト
はじめに

こんにちは。チョークアーティストのユキコこと、大地由希子です。
チョークアート工房「YUKIKO CHALKART NETWORK」を主宰し、制作の傍ら、講師としてチョークアートのご指導を行っています。

チョークアートはオーストラリア発祥の、楽しくて優しい現代アートです。
黒いボードに描いた下絵にオイルパステルを塗り、指で触って色を馴染ませていく手法なので、子供やご年配の方、絵が苦手な方にも、ぬり絵感覚で気軽に取り組んでいただけます。

初心者でも簡単に綺麗に仕上がるユキコオリジナルデザインで、チョークアートを始めてみませんか?

 

チョークアートを始める前の準備
用意する物
  • 黒いMDFボード
  • オイルパステル
  • 白と黒の色鉛筆
  • 消しゴム
  • 転写シート 

 

チョークアート用の黒のMDFボードは、画材店やネット通販で購入出来ます。
私のHPでも販売していますのでご利用下さい。

初心者は、大きめのサイズを選ぶと作業がしやすいでしょう。
ちなみに、今回使用している板は20×20cmです。

オイルパステルは初心者が扱いやすい、固めで発色の良い専門家パスがお勧めです。
白い色鉛筆は下絵を描くのに使います。

黒い色鉛筆は、仕上げや修正用です。
消しゴムは一般的な物の他に、細かい部分を消せるタイプも用意しておくと便利です。
100円ショップ等で部分消し用が購入出来ますし、自分で小さく切って作っても良いでしょう。

転写シートは、手芸用チャコペーパーや事務用カーボン紙の白色を使います。
他に、汚れた指を拭くウエットティッシュやウエス等も適宜ご用意下さい。

 

クリスマスの定番柄、雪だるまを描いてみましょう

チョークアートは、旬の素材や行事など、季節のモチーフを取り入れて描くことが多いです。
12月は何といってもクリスマスですね。

今までご紹介したぶどうやコスモスは写実的な絵柄でしたが、今回はお子さんにも好まれるイラストタッチの、可愛い雪だるまを描いてみましょう。

単純な円形の組み合わせから成る雪だるまは、初心者にも描きやすいモチーフです。
パーツも大きいので、チョークアート独自の手法、ブレンディング(指でくるくると触って混色したり馴染ませたりする作業)を一気に習得してしまいましょう。

なお、説明に出てくるオイルパステルの品番は、ぺんてる「専門家用パス」の品番です。
別のメーカーのオイルパステルを使う場合は、記載の色名を参考にお色を選んで下さい。 

 

 

1.ボードに下絵を描きます

雪だるまの下絵を見ながら、白い色鉛筆でボードに写し描きします。
写し描きが面倒な場合は、転写シートで下絵をボードに転写しても良いでしょう。

 

 

2.雪だるまを塗ります

白(100)で、雪だるまの輪郭(アウトライン)をなぞります。
パステルの角の部分も使って、なるべく細い線が出るように丁寧になぞって下さい。
輪郭に沿って、数か所にバランス良くコバルトブルー(138)のラインを入れます。

 

 

次に、旗飾りを避けて胴体部分を、続いて鼻を避けて顔部分にも、白(100)を板の黒色が見えなくなるまでしっかりと塗りこめます。
この時、コバルトブルーのライン上も忘れずに塗って下さい。 

 

 

 

3.ブレンディングします

まずアウトラインに沿って、軽く抑えます。
次にコバルトブルーのライン上に指を置き、カーブに沿って左右にゆっくり触ります。
下に塗り込められたコバルトブルーが、ふんわりと浮かび上がってきます。

 

 

その後、白い部分全体を触ります。
力を入れて伸ばすと白がよれてムラになってしまいますので、馴染ませるように優しくブレンディングをしましょう。 

 

 

4.雪だるまの顔と手を描きます

オレンジ(111)で鼻をニンジンの形に描き、軽くブレンディングをして馴染ませます。

 

次に黒の色鉛筆で、目・口・ニンジンの線を、オイルパステルを削り取るように強めに描きます。
芯先に付いたパステルのカスは、その都度、ウエスやティッシュで拭き取って下さい。
色鉛筆で描いた部分には触りません。

続いて、両手を枝の形に描き、線に沿って指先で軽く触れます。 

 

 

5.旗飾りを塗ります

薄黄(102)でロープを描き、指先で軽く触ります。

赤(113)と緑(146)で交互に旗を塗って、ブレンディングします。
この時、伸ばすと雪だるまに赤や緑が移ってしまうので、細かく押さえるように触るのがコツです。 

 

 
 コラムニスト情報
大地 由希子
性別:女性  |   職業:建築士・チョークアーティスト

建築士。
プロチョークアーティスト。チョークアートインストラクター。

水彩画で培った知識と技術を活かし、日々チョークアート制作に意欲的に取り組んでいます。
雑貨店、飲食店等の店舗看板を多数手がけ、「笑顔で働きたいママのフェスタ 」「アートマルシェ新宿」「犬展2014」「チョークアートの織りなすイタリアの世界展」など、展示会やイベントへの出展も精力的にこなしています。

インストラクターとして、埼玉県志木市の自宅教室、「SDカルチャー新所沢パルコ」「読売カルチャーセンター浦和」「浦和トレノーヴェ・カフェスクール」にてチョークアート講座を開講中。
出来るまで根気よく教える丁寧な指導がモットーです。
子供会や老人施設への派遣ボランティア講師としても、積極的に活動中です。

建築士の資格を活かし、チョークアートを用いた内装インテリアを手がけるのが、当面の目標です。

【ホームページ】 http://tinygaia.wix.com/yukiko-chalkart
  【ブログ】  http://ameblo.jp/hiiragi1710

 

 趣味のコラム

  このコラムに関するタグ