住宅ローンの返済が困難・支払えなくなった時に行う、3つの対応策 (1/2)

執筆者: ヨースケ城山 職業:節約アドバイザー
はじめに

節約アドバイザーのヨースケ城山です。


病気をしてしまい、退職を余儀なくされた。また失業をしてしまった。

今月分、来月分の住宅ローンが払えないという方は必見です。

ピンチのしのぎ方を、具体的に紹介したいと思います。

 

金融機関に相談する

まず第1に行って欲しいのが、正直に住宅ローンを借りている金融機関に相談に行くことです。

滞納してからいくのでは遅すぎます。


一般的に言って住宅ローンは、3回滞納すると返済の債務が保証会社に移り、競売の準備に入ってしまいます。

それでは遅すぎるのです。

 

 

金融機関に相談すると、どうしたら支払っていくことが出来るのか、リスケジュール(新たな返済計画)を考えてくれたり、元金据え置き措置と言って当分の期間、元金の返済は繰延して、利息だけの支払いだけにしてくれたりといった提案をしてくれます。

 

例えば、総支払額は増えますが、失業中の今だけは利息だけを支払い、就職ができたらまた元の形に戻るといった感じです。

借り換えを検討する

相談した金融機関が全然相手にしてくれないという状況でしたら、住宅ローンの借り換えを検討しましょう。

失業中では難しくても、在職中でしたらまだ借り換えるチャンスは残っております。

 

残存する住宅ローンから新たな借り入れを行い、住宅ローンの償還期限を35年返済にして、毎月の支払額を減らします。

それまでは60歳返済完了予定だった住宅ローンを、70歳返済完了予定にするイメージです。

 

 

期間が延びるので総返済額は当然増えます。その分は繰り上げ返済出来るときに返済するなどして減らしてください。

 

また借り換えることにより、残存するローンよりも金利が安くなり、長い目で見ると得になるというケースもありますので、デメリットだけではありません。

任意売却を検討する

この次に行うのは任意売却です。

住み慣れた我が家、愛着のある我が家といったところに固執していると、あっという間に転落人生になります。

この任意売却も早めに動きましょう。


滞納初めて3か月経過後からは、任意売却の手続きを進めて下さい。

一応競売までの期間はまだ残っていますが、その物件が売れるかどうかは誰にも分からないということです。

 

 

もし売りに出しても売れ残ったら、それは競売にかけられるということを指しております。


任意売却で自宅を売ることが出来れば、そのお金で住宅ローンを完済することも可能ですし、住宅ローンが残ったとしても少額で済ますことが出来ます。

 

不動産というのは売れる

タイミングもあるので、(当たり前ですが引っ越しシーズンに一番動きます)いつ売りに出せば良いのかというのは早めに検討しておきたいですね。

 
 コラムニスト情報
ヨースケ城山
性別:男性  |   職業:節約アドバイザー

社会保険労務士合格者

ファイナンシャルプランナー

住宅ローンアドバイザー

年金アドバイザー

1973年生まれ。大学卒業後、商売の基本を学ぶため大手100円ショップに入社。1円単位の原価計算の重みを知る。その後、大手スーパーに転職し、値引きやタイムセールを担当。リアルな現場での駆け引きや相場観を養う。またその手腕により東京地区エリアマネージャーとなり、新人採用を年間4000人担当した。

著書「給料そのままで月5万円節約作戦!!」の中では固定費の削減を中心に
ラクして貯めるをモットーに活動している。

ブログでいつも取り上げているテーマは節約全般、社会保険労務士試験 住宅ローン 労働問題 ブラック企業 障害年金 40代の転職 出版について 潜在貯蓄 教育についてなどになります。興味がある方は是非ブログも覗いてみてください。

著書は『給料そのままで「月5万円」節約作戦!』(ごま書房新社)。本の内容は、『らくらく貯蓄術。住宅ローン地獄に落ちない為の家計防衛のススメ。』
http://kotukotushinai.jimdo.com/
にもまとめられている。

ブログ『節約アドバイザー ヨースケ城山ブログ』http://ameblo.jp/yousukeshiroyama
では、節約だけではなく転職活動、著書、社労士、FPのことを配信中。

【著書】
2012年 給料そのままで「月5万円」節約作戦【ごま書房新社】より発売
2015年 給料そのままで「月5万円」節約作戦がkindle化されました。
2015年 「kindle無料キャンペーン」でベストセラーランキング1位を獲得して販売につなげる方法 発売。
2016年 給料そのままで「月5万円」節約作戦 増補改訂版発売
2016年 「子供の教育費は削りなさい!」奨学金利用者50%以上時代の新教育費計画発売
2017年 給料そのままで「月5万円」節約作戦 増補改訂2版発売
2017年 老後資金は49.9歳までに貯め始めなさい!: 私の老後に必要な資金は2164万円です あなたの金額は? 発売
2017年 人生の3大支出「住宅」「教育」「老後」を節約しなさい!お金の裏技3冊セット: この3つを節約すれば他の節約は不要!発売

 

 住宅・不動産のコラム

 お金・資産運用のコラム