奨学金の返済額を減らせる!Uターン・Iターン就職するなら、自治体の「奨学金返還支援制度」をチェック!

Uターン・Iターン就職を検討していて、奨学金の返済額を減らしたい方に朗報!地方自治体の「奨学金返還支援制度」を紹介。地方創生事業の一環で、地方に就職して定着した人を対象に、奨学金の一部を肩代わりしてくれます。

執筆者: ヨースケ城山 職業:節約アドバイザー
地方の役に立って、奨学金の返済額も減らせる!地方自治体の【奨学金返還支援制度】とは?

節約アドバイザーのヨースケ城山です。

 

地方の企業に、ある一定の年数勤めると、奨学金の一部を肩代わりしてくれる【奨学金返還支援制度】というものが、最近急増しています。

 

今回は、その一部をご紹介したいと思います。

 

【奨学金返還支援制度】たとえば、どんな条件があるの?

都道府県やその他の地方公共団体(市区町村)による「奨学金返還支援制度」は、若年層の流出を抑制するとともに、外からの流入を促進させること、地方への定着を図ることを目的として、奨学金の償還を助成する制度です。

 

Uターン、Iターン就職を基本としていますが、ほかにもさまざまな制度が出始めています。

ここで、いくつかの自治体の例をみてみましょう。

 

北海道旭川市/若者地元定着奨学金返済補助事業

●対象:大学など高等教育機関を卒業後、市内で就職し地域に定着した方

●補助金額:市内に定着している期間内に、日本学生支援機構第一種奨学金の返還金として返済した金額の2分の1

●補助期間:3年間を限度
旭川市HP http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/364/392/work0002/d056429.html

 

福島県喜多方市/奨学金償還支援制度

●対象:高校等以上の在学生・卒業者で、市内に定住、かつ市内の事業所等に継続して勤務する見込みの方

●補助金額:通常の償還年額(利子分を除く)相当額(年間最大18万円)

●補助期間:正規の修業年数の2倍の期間(最長96ヵ月)
喜多方市HP http://www.city.kitakata.fukushima.jp/site/syoukou/7732.html

栃木県/とちぎ未来人材応援奨学金支援助成金

●対象:県内製造業(大企業の場合は、県内に本社機能がある場合に限る)に就職する大学生等

●補助金額:70〜150万円
●補助期間:在学中のみ
栃木県HP http://www.pref.tochigi.lg.jp/f06/work/koyou/koyou/miraijinzaiouensyougakukin.html
 

神奈川県海老名市/若者定住促進奨学金返還補助事業

●対象:市内に定住する意思がある方

●補助金額:返還する奨学金等の月額相当の2分の1の額(千円未満切り捨て)に、返還する月数を乗じた額(月額2万円を上限)

●補助期間:2年間限定
海老名市HP http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1490657940495/

大阪府大東市/未来人材奨学金返還支援補助金制度

●対象:市内の中小企業等に就職し、市内に居住した方

●補助金額:奨学金等の返還額の2分の1(1,000円未満の端数切捨て)
      上限75,000円(1年を上・下半期に分けた1期あたり)
●補助期間:最大(返還を開始すべき月から)8年間
大東市HP http://www.city.daito.lg.jp/kakukakaranoosirase/seisakusushin/sangyoshinkou/osirase/shogakukinhenkanshienoshirase.html

和歌山県/中核産業人材確保強化のための奨学金返還助成制度

●対象:製造業、情報通信業の企業に研究開発職・技術職として採用され、3年間勤務した方

●補助金額:奨学金返還額に相当する額、上限 100万円(対象企業に就職し3年経過後)
和歌山県HP http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/060600/01shin/uturnshushoku/syougakukin_001.html

島根県/奨学金返還助成制度

●対象:県内の中山間地域・離島の企業等へ就職し、専門の国家資格等を目指す新卒者(高校・大学等)

●補助金額:高校等  86 万 4 千円(年 9 万 6 千円)
      大学等  288 万円(年 24 万円)
●補助期間:最大9年間
島根県育英会HP https://www.shimane-ikuei.or.jp/exemption/106/

長崎県佐世保市/奨学金等返還サポート制度

●対象:市内に定住し、市内で働く若年層

●補助金額:対象となる奨学金等の年間返還額の最大3分の2に相当する額
●補助期間:10年間

佐世保市HP http://www.city.sasebo.lg.jp/99life/support/shougakukinhenkan.html

 

まだまだある!自分に使えそうな制度を賢く活用しよう

今回ご紹介した制度は、ほんの一部です。

在学中から使える、またその都道府県の企業へ就職したら使える制度となっています。

学生の2分の1以上が奨学金を利用する時代ですから、少しでも奨学金の負担を軽減させたいものですね。

 

もっと知りたい方は、日本学生支援機構のホームページで、地方公共団体の返還支援制度に関する情報をご覧ください。

本当にたくさんの返還支援制度が掲載されています。

自分に使えそうな制度を調べて、賢く活用していきましょう。

 

独立行政法人日本学生支援機構HP http://www.jasso.go.jp/shogakukin/chihoshien/sosei/seido/

 

※本コラムの情報は、掲載当時のものです。最新の情報は、各自治体のサイトなどでご確認ください。

 コラムニスト情報
ヨースケ城山
性別:男性  |   職業:節約アドバイザー

社会保険労務士合格者

ファイナンシャルプランナー

住宅ローンアドバイザー

年金アドバイザー

1973年生まれ。大学卒業後、商売の基本を学ぶため大手100円ショップに入社。1円単位の原価計算の重みを知る。その後、大手スーパーに転職し、値引きやタイムセールを担当。リアルな現場での駆け引きや相場観を養う。またその手腕により東京地区エリアマネージャーとなり、新人採用を年間4000人担当した。

著書「給料そのままで月5万円節約作戦!!」の中では固定費の削減を中心に
ラクして貯めるをモットーに活動している。

ブログでいつも取り上げているテーマは節約全般、社会保険労務士試験 住宅ローン 労働問題 ブラック企業 障害年金 40代の転職 出版について 潜在貯蓄 教育についてなどになります。興味がある方は是非ブログも覗いてみてください。

著書は『給料そのままで「月5万円」節約作戦!』(ごま書房新社)。本の内容は、『らくらく貯蓄術。住宅ローン地獄に落ちない為の家計防衛のススメ。』
http://kotukotushinai.jimdo.com/
にもまとめられている。

ブログ『節約アドバイザー ヨースケ城山ブログ』http://ameblo.jp/yousukeshiroyama
では、節約だけではなく転職活動、著書、社労士、FPのことを配信中。

【著書】
2012年 給料そのままで「月5万円」節約作戦【ごま書房新社】より発売
2015年 給料そのままで「月5万円」節約作戦がkindle化されました。
2015年 「kindle無料キャンペーン」でベストセラーランキング1位を獲得して販売につなげる方法 発売。
2016年 給料そのままで「月5万円」節約作戦 増補改訂版発売
2016年 「子供の教育費は削りなさい!」奨学金利用者50%以上時代の新教育費計画発売
2017年 給料そのままで「月5万円」節約作戦 増補改訂2版発売
2017年 老後資金は49.9歳までに貯め始めなさい!: 私の老後に必要な資金は2164万円です あなたの金額は? 発売
2017年 人生の3大支出「住宅」「教育」「老後」を節約しなさい!お金の裏技3冊セット: この3つを節約すれば他の節約は不要!発売