引越し代金を安く抑える方法は?数千~数万単位の料金値引きテクニック

執筆者: ゆみちん
はじめに

引越し料金の見積もりを取ってみて、その金額に驚いたことはありませんか?

 

 

引越し料金は、ちょっとしたコツで数万円の差がでてくるものなのです。
初級者から上級者向けまで、様々なテクニックを紹介します。

 

見積もりは複数社で取る=基本中の基本

インターネット上には、一括見積もりサービスを行っているサイトもあります。

そして、ここからがちょっとしたコツです。

 

本命の引っ越し業者の見積もりは、最後にとる!

相見積もりを取ることで、価格はどんどん安くなります。
交渉次第では、数万円の差が出てくることもザラにあります。

 

最後の最後に、本命業者から見積もりを取ります。
他社の見積もりを揃えた上で、うまく価格交渉を進めていきましょう。

その場で契約、現金払い!

本命の引越し業社の見積もりを最後にする狙いは、他にもあります。

引越し業者にとって、契約は喉から手が出るほど欲しいものです。

 

「その場で契約し、現金一括で支払います」

 

こう約束することで、さらに料金を安くすることもできます。

日程は、引越し業者にあわせる

料金は、引越しのタイミングや日程にも左右されます。

3~4月、各月末は繁忙期

繁忙期は、価格がどうしても高くなってしまいます。

 

土日祝日、午前指定なども注意

曜日指定では、平日が割安であるケースが多いです。

時間帯では、午後や最終便、時間指定無しにすると、価格を抑えることができます。

 

日程に余裕があるなら、引っ越し業者の手が空いてる時間を狙ってみましょう。

 

普段の生活から気をつけるべきこと

 

大型家具は買わない!

大型家具の有無で、トラックの大きさや台数が違ってきます。

 

2tトラック、大型トラック、台数や人員などは、料金にダイレクトに反映されます。

そして、値引き交渉が難しい部分でもあります。

 

単身者、転勤族の方などは、これから先も数回の引越しが予想されます。

コンパクトな生活を心掛けると良いでしょう。

 

リサイクルショップや、行政機関を活用

大型家具は中古ショップに持ち込んで買い取ってもらうのも、良い方法です。

ただしイスなどはなかなか買い取りが難しい場合があり、手間暇を考えると、最近大流行中の無料フリマアプリやフリマウェブサービスを利用するのが良さそうです。

 

買い手が付かない場合は、あらかじめ粗大ごみとして処分しておきましょう。

各自治体のごみ処理センターにお願いすれば、引っ越し業者よりも格安で処分してもらえます。

 

おわりに

引越しには、様々な部分でお金がかかります。

中でも引越し料金は、安く抑えられる可能性が高いものです。

 

上手に値引き交渉をして、楽しい新生活をスタートさせたいですね。

 コラムニスト情報
ゆみちん
性別:女性  |  

目的別貯金や5週間やりくりなど、お金の管理にひと工夫を取り入れながら、
年間100万円が貯まる暮らしを実践中です。
【4人家族のお金が貯まる暮らし方。】
貯金サイト:http://mai-happy.com/
ブログ:http://fuwari-cafe.com/blog/