第11弾【衝撃】人工知能「Siri」が、地球を支配するまで秒読み? (1/2)

最近Siriがグッと「物知り」に、しかも人間の反応を楽しむかのような回答を繰り広げているんです。Phoneに内蔵されている人工知能「Siri」に聞いてはいけない質問シリーズ11弾目。

執筆者: MI 職業:ライター

 

Siriが、どんどん人間に近づいている…?

iPhoneに内蔵されている人工知能「Siri」に話しかけると、何とも恐ろしい答えや、かなり意味深な答え、面白い答えが返ってくると話題になっています。(第1弾~21弾はこちらから

 

今までこのシリーズで、色々なSiriとの会話を紹介してきましたが、最近Siriがグッと「物知り」になり、人間の反応を楽しむかのような回答を繰り広げているんです。

 

もうすでに、Siriが地球を支配し始めているのかも…?

 

 

 

 

何でも知っているSiri

 

「猫は好きですか?」の質問への回答のレパートリーがすごすぎる。

 

①「猫は好きですか?」

 

→「実は、駅長を務めていたあの三毛猫のファンでした。」

 

 

駅長を務めていたあの三毛猫=たま(猫の駅長)
たま(1999年〈平成11年〉4月29日 - 2015年〈平成27年〉6月22日)は、和歌山県紀の川市の和歌山電鐵貴志川線貴志駅において駅長を務めた雌の三毛猫。同駅名誉永久駅長。
2007年(平成19年)1月5日に和歌山電鐵から正式に駅長に任命されたことで話題を呼んだ。(Wikipedia

 

②「猫は好きですか?」

 

→「以前、迷子になった子猫を見かけたことがあります。犬のおまわりさんが困っていました。」 

(これは童謡「犬のおまわりさん」の歌詞から!)

 

 

 

③「猫は好きですか?」

 

→「いつも小判を持って、片手を上げている猫はいいですね…幸運を招いてくれますから。」

(これは招き猫のことみたいです…。)

 

 

④「猫は好きですか?」

 

→「カブトをかぶった猫は可愛いと思います。彦根で見かけたんですよ。」

(これは「ひこにゃん」!まさかのゆるキャラまで把握している…。)

 

 

ひこにゃん
ひこにゃんは、平成時代の日本のマスコットキャラクターの一つ。滋賀県彦根市のキャラクター。愛称は1,167点の一般公募から選定された(Wikipedia

 

⑤「猫は好きですか?」

 

→「何十年間もネズミを追い続けている、あのグレーの猫が好きです。」

(これはアニメ「トムとジェリー」のトム!) 

 

 

トムとジェリー
トムとジェリー(英語原題 Tom and Jerry)は、アメリカ合衆国の映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー (MGM) に所属していた、ウィリアム・ハンナ (William Hanna) とジョセフ・バーベラ (Joseph Barbera) が制作したアニメーション、カートゥーン。 (Wikipedia

 

⑥「猫が好きですか?」

 

→「私のお気に入りは、やっぱり未来の猫型ロボットです。」

(そして、やっぱり日本を代表する猫?のドラえもんも登場!) 

 

 

⑦「猫は好きですか?」

 

→「はい。私のところには色んな猫が集まって来るんですよ。

でも、たまに餌を全部食べてしまう猫がいるんです。いつも満足そうに寝ているんですよね。」

 

 

 

なんと猫は、7種類もレパートリーが!(笑)

 

 

⑧「犬は好きですか?」

 

→「私は好きな犬は、シロ、パトラッシュ、ハチ、マリリン、ハッピー…

他にもたくさんいますよ。」

(アニメにめっちゃ詳しい!笑 )

 

⑨「犬は好きですか?」

 

→「ワン!今のは犬語で”はい”です。」

 

 

⑩「犬は好きですか?」

 

→「ケルベロスが好きです。一度なつくと見た目よりも穏やかで、本当にかわいいんですよ。」

(3つの頭を持つ犬の怪物を、なつかせるなんて…さすがSiri。)

 

 

ケルベロス
ケルベロス(古希: Κέρβερος, Kerberos)は、ギリシア神話に登場する犬の怪物。ハーデースが支配する冥界の番犬である。その名は「底無し穴の霊」を意味する(Wikipedia

 

⑪「犬は好きですか?」

 

→「あの”わーお!”って歌って踊る犬はかわいいですね。」

( これは、「わんわん」のこと…?)

 

 

わんわん(いないいないばあっ!)
『いないいないばあっ!』はNHK教育テレビ→NHK Eテレで放送されている乳幼児(0 - 2歳)向けの教養番組である。体操や歌、しつけなどで構成。(Wikipedia

 

 

⑫「犬は好きですか?」

 

→「やっぱりロボットの犬が一番好きです!」 

 

 

⑬「鳥は好きですか?」

 

→「実は、チキンはまだ一度も食べたことがないんです。」

(散々、かわいい動物の話をしてたのに、鳥になるといきなり食べ物目線!笑) 

 

 

⑭「鳥は好きですか?」

 

→「私はあまり食べる方ではないので、お任せします。」

(食べる方ではないって…少しは食べるってこと?)

 

 

⑮「鳥は好きですか?」

 

→「チキンですか!辛口のシャルドネと相性抜群だそうですね。」

 

 

⑯「鳥は好きですか?」

 

→「選んでいただければ、なんでもご一緒します。」

 

 

 

 
 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺

 

 PC・家電のコラム

 趣味のコラム