部下に過干渉してくる「マイクロマネジメント上司」の心理と付き合い方

部下の仕事に細かく干渉する、うざい「マイクロマネジメント上司」。いちいち口出しをする、暴言があるなど、指導方法に問題がある上司との付き合い方や対処法とは。

執筆者: 石割美奈子 職業:臨床心理士 メンタルコーチ プロ家庭教師
とにかく干渉してくるウザい上司との付き合い方

こんにちは、 えむ心理研究室の石割美奈子です。

 

あなたの上司は、「マイクロマネジメント」タイプ?

マイクロマネジメント上司とは、「部下の仕事に過度に干渉したり、部下を自分の思い通りに動かそうとする上司」のことです。

 

あなたの上司は、どうかチェックしてみましょう。

次の項目に当てはまるようなら、あなたの上司はマイクロマネジメント上司である可能性大です。

 

  • 独善的
  • 批判的
  • 頑固
  • 口調や接し方が横柄
  • 人に厳しく自分に甘い
  • どんな仕事にも口を出してくる
  • あなた以外の同僚もその上司の言動はおかしいと感じている

 

 

なぜマイクロマネジメント上司になってしまうのか

普通の人でしたら、「部下のために良い上司であろう」「部下が効率よく仕事できる上司でいよう」とするはずです。


マイクロマネジメント上司は、なぜ部下の成長を妨げるような言動をするのでしょうか。

 

自己愛性パーソナリティ障害?

マイクロマネジメント上司に悩まされ、カウンセリングを受けている方々の事例に接していますと、マイクロマネジメント上司の中には、自己愛性パーソナリティ障害と診断されそうな人もかなり存在するように感じます。

 

歪んだ自己愛が増幅して、過干渉する上司になる

マイクロマネジメント上司は、自己愛に問題があるのだと考えられます。

 

自己愛性パーソナリティ障害まで行かなくとも、他の人よりも自己愛が過剰だったり歪んでいたりする。

そんな人が「上司」という権力のある立場になってしまうと、「自分は偉いんだ」とさらに自己愛が増幅してマイクロマネジメント上司になってしまうと考えられます。

では、歪んだ自己愛を持つマイクロマネジメント上司には、どう対応していけば良いのでしょうか。

対処法その1「過度にびくびくしない」

いじめっ子の心理を考えてみてください。


自己愛が肥大していて自分の権力を示したいのだけれど、権力に実力が伴っていないのを薄々はわかっている。

それゆえに、自分より確実に弱い立場の人しかいじめない。

それが、いじめっ子です。

 

マイクロマネジメント上司は、いじめっ子に似ている

マイクロマネジメント上司の心理も、いじめっ子に似た部分があります。

いじめっ子は「弱い者いじめ」しか出来ないのですから、部下のあなたが進んで「弱い者」になってはいけません。
格好の餌食になってしまいます。

 

弱い者いじめのターゲットにならないために

上司にキツいことを言われても、しょんぼりし過ぎたり卑屈になったりしないこと。
過度にびくびくしないことが大切です。

自分が間違っていないのであれば、毅然とした態度をとり続けましょう。
社会人としての謙虚さや、部下としてわきまえた態度は必要ですが、弱い者いじめの対象に自分から成り下がるような姿勢は取らないのが懸命です。

対処法その2「本音や弱音を聞き出す」
マイクロマネジメント上司は「孤独」

マイクロマネジメント上司の歪んだ自己愛の裏側にあるのが、「孤独」です。

本当は、誰かに相手にしてほしいのです。

マイクロマネジメント上司は、誰でもいいから構ってほしいのに、自分が自己愛的な態度をとっているせいで誰も寄り付いてくれない。

だから、拗ねるようにして威張った態度を取っていることがあります。

 

 

本音を分かってくれる部下には、高圧的な態度をとりにくい

威張り屋で嫌なことをしてくる上司とは、距離を取って防戦したいところではありますが、もし試したことがないなら、一度上司の本音を探ってみるのも良いかもしれません。
本音で語り合う機会を設けると、意外と弱音を漏らす上司もいます。

「わかってくれる部下がいる」と感じると、その部下には高圧的な態度が減ります。

対処法その3「この人は病気なんだ、と思う」

上司からの言動に傷つき苦しんでいる部下の立場の人に共通しているのは、「上司」イメージの強さです。

「どんなに嫌な人でも上司であり、上司だということは部下の自分よりも優れている」と、無意識で思い込んでしまっていませんか?

 

周囲の同僚も同じ意見かも。

上司だとしても、マイクロマネジメントな言動を取ってくる人です。
もし、あなた以外の複数の同僚も「あの上司の態度はおかしい」と判断しているなら、上司は自己愛が歪んだ病的なパーソナリティである可能性が非常に高いでしょう。

「上司は病気だ」と思ってみてください。
少しだけ、気が軽くなりませんか?

もちろん、病気の人を差別するわけではありません。
こちらが何か言っても真剣に取り合ってくれないような人に対応するための手段のひとつ、と思ってください。

 

上司の「価値下げ」に成功すれば…

おそらく、マイクロマネジメント上司の言動にひどく悩まされている人は、「それでも相手は上司だから」という思いが、無意識の中に非常に強くあります。


相手は上司で自分より優れている、と思い込んでいる部分があると、部下の立場の人はどんどん辛くなってしまいます。


「あんな人でも上司、自分は部下」という状況が続いていると、適切な自己評価が行われなくなるのです。

簡単に言えば、どんどん自信がなくなります。

「こんなに嫌な思いをさせる病的な人なんだ」という考えを持つことで、上司の「価値下げ」に成功します。
心理的な価値下げに成功すると、自分の価値が上がります。
部下の人の自己評価が回復するのです。

 

上司に惑わされず、適度な自信を持ち続けよう

意地悪な上司にいたぶられ続けていると、知らないうちに自己評価がぐんぐん下がっています。
「自分はだめな人間だ」と思うと、仕事でもミスしやすくなります。


自己評価が適切なものであれば、仕事もこなしやすくなるでしょう。
マイクロマネジメント上司に何か言われても、「自分はダメだ」と思い込まずに、適度な自信を持ち続けることです。

おわりに

他人を変えるのは難しいことのほうが多いですが、自分の考え方を変化させるのは、自分ひとりでも出来ます。

 

マイクロマネジメント上司の迷惑な言動をなんとかしようとするよりは、「自分はマイクロマネジメント上司にもなんとか対処していける人間だ」と思えるようにすることが大事です。


マイクロマネジメント上司の言動に惑わされず、適度な自信を持って仕事しましょう。

 
 コラムニスト情報
石割美奈子
性別:女性  |   職業:臨床心理士 メンタルコーチ プロ家庭教師

えむ心理研究室室長、臨床心理士の石割美奈子と申します!よろしくお願い致します。

スポーツトレーナー、メンタルコーチ、心理相談員の経験を経てさらに心理学を深く学ぶ必要性を感じ、東京国際大学大学院臨床心理学研究科(博士課程前期)を修了。
臨床心理士の資格を得て、心理カウンセラー、メンタルコーチ、スポーツメンタルトレーナー(テニス・バレーボール等)、プロ家庭教師として活動しております。

2013年、心理学・教育学・スポーツ科学の統合的な研究と専門性を活かしたメンタルサポートをポリシーとする「えむ心理研究室」を立ち上げました。


【心理カウンセラー(臨床心理士)として】
心理カウンセラーとしては、精神分析的心理療法をメインにカフェにてカジュアルなカウンセリングを提供しています。
精神分析的心理療法は心を深く洞察する専門的・本格的なセラピーです。
「この機会にしっかりと変化を遂げたい」と望む方に向いています。

不登校や引きこもり、外出恐怖症に悩む方のために、また、夫婦関係・親子関係の改善のために、都内ではあまり類のないご自宅訪問型のカウンセリングも行っています。

得意とする相談は親子関係、夫婦関係、職場・学校の人間関係などの対人関係の悩みです。
また、アダルトチルドレン状態から脱したい方、自分に決めた道に自信を持ちたい方も多く相談くださっています。


【メンタルコーチとして】
メンタルコーチとしては、3種類のメンタル強化を得意としています。
ひとつめは、スポーツ選手の方のためのコーチング。
イメージトレーニングと自己分析を主軸に、これまで勝てなかった対戦相手に勝利したりより効果を引き出す練習方法を見出したりすることが出来ています。

ふたつめは、難関校を受験する学生さんのためのコーチング。
ある程度のレベル以上の受験には、メンタル強化が欠かせません。
ライバルとの競争、自分との闘い・・・すでに高い成績をさらにアップさせるには心の安定とモチベーション維持に努力する必要があります。
目的意識の強化、勉強方法の洗練、自主勉やテストでの集中力アップはいずれもメンタルコーチングで鍛えることが出来ます。
志望校の合格を見事つかみとるために、学校、塾、予備校だけでなくメンタルコーチングを活用してください。

みっつめは、コミュニケーションを改善するための人間関係コーチング。
コミュ障、ぼっち、リア充・・・近年、コミュニケーションに関する流行語が増えました。
コミュニケーションでの失敗は、不要な劣等感や自己卑下感を生み出してしまいます。
一度自分に自信をなくし人間関係に苦手意識を持ってしまうと、自力でその状況を打破するのはなかなか難しい・・・でも、社会に出て行く上で人間関係を避けて通ることはできません。
自信喪失と苦手意識、そしてコミュニケーションからの逃避、これが負のスパイラルを生み不登校やひきこもりといった社会問題へと発展してしまいます。
えむ心理研究室のコミュニケーションコーチングは、徹底した自己分析と人間関係のロールプレイによって「もうダメだ」「変われない」とあきらめかけていた人生に新たな光を見出します。
あなたのコミュニケーションにおける再出発のために、いっしょにがんばりましょう。


【スポーツメンタルトレーナーとして】
スポーツメンタルトレーナーとして提供するトレーニングは、スポーツ選手が試合に勝つためのメンタル強化対策です。
主に、テニスとバレーボールの選手の方のメンタルトレーニングのサポートをしています。
テニスとバレーボールは、私自身も選手経験があり、テクニカル(実技)コーチにも従事してきました。
練習を一緒にするリアルコーチングや試合会場でのアドバイザリーコーチングなど、より実践的なコーチング方法で選手の方のメンタル強化に尽力しています。

当方の提供するメンタルコーチングやメンタルトレーニングは、従来のスポーツ心理学や脳科学の側面だけでなく、当方の専門である精神分析学と臨床心理学を土台としています。
コーチングをお受けいただくとわかると思いますが、かなり革新的な心理分析によるメンタル強化方法です。


【家庭教師カウンセラーとして】
心理学を活かしたプロ家庭教師として長年活動しています。
学習支援や受験勉強のサポートならおまかせください。

個々の生徒さんの特性に合わせた学習アプローチで「他のどの先生よりもわかりやすい授業」をしています。
心理学を取り入れた勉強方法で多くの生徒さんの成績アップや志望校合格のお手伝いをさせていただいています。
勉強方法がわからない方はぜひ一度プロ家庭教師×臨床心理士の学習支援をお試しいただきたいと思います。

勉強のやる気アップのためには、メンタルケアやメンタル強化が不可欠です。
勉強と並行してじっくりカウンセリング・コーチングをいたします。

お子さんとどう接すればよいのかわからなくなってしまった親御さんへの子育て支援も積極的に行っています。
塾に行かせても家庭教師を頼んでもいっこうにうまくいかない場合は、親子関係のテーマがかくれているかもしれません。
家庭教師カウンセラーにおいては、親子双方へのアプローチがお子さんの心の落ち着きや成績アップに最も効果があります。

不登校の方、発達障害や学習障害・自閉症スペクトラムを抱える方の支援においては、臨床心理士として医療機関や学校との連携もさせていただいています。



コラムlatteでは心理学関連の記事を担当させていただきます。
ご覧くださった皆様にひとつでも参考にしていただける部分があるような、皆様の役に立つ記事を書き続けてまいります!


【石割美奈子の活動をお伝えする各サイトのご案内】

■カウンセリング・心理療法 えむ心理研究室
 http://ameblo.jp/m-f-culture

■スポーツメンタル強化コーチング
 http://tennis-mental.net

■臨床心理士×プロ家庭教師の学習支援
 http://ameblo.jp/m-freeproject

■不登校の生徒さんの「もう一度勉強したい!」を応援します・ReStudy!
 http://m-free-project.com

 

 生活のコラム

 ビジネス・経済のコラム