「iPhone7(Plus)」の特徴と新機能まとめ!iPhone6と比較して使いやすい?

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」購入前に、iPhone6シリーズからの変更点をチェック!イヤホンは?サイズは?バッテリーは?

執筆者: 矢野勇雄 職業:パソコンサポーター
「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」って、そんなに凄いの?

こんにちは、パソコンサポーターの矢野勇雄です。

 

ついに発売された「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」。

買い替えを検討している方や、どちらを買うべきか悩み中の方も多いかと思います。


そこで今回は、購入する前に知っておきたい「iPhone 6シリーズからの変更点」と「iPhone 7とiPhone 7 Plusの違い」について解説したいと思います。

 

 

iPhone 6シリーズからの変更点

まず、iPhone 7シリーズがiPhone 6シリーズからどのように進化したかをご紹介します。

 

CPU性能が向上し、処理速度がさらにアップ!

iPhone7シリーズには64bitアーキテクチャ搭載の「A10 Fusionチップ」が新しく搭載されました。


このチップでは、iPhone6シリーズに搭載されていた「A9チップ」と比べ、プロセッサの処理速度は最大で2倍、グラフィックスは最大で3倍高速化しているといわれています。

 

ストレージ容量は、3種類

ストレージ容量は32GB、128GB、256GBの3種類が用意されています。
これまでのiPhone 6sやiPhone 6s Plusにあった16GBモデルと64GBモデルは廃止されました。

 

広色域ディスプレイ採用で、表現可能な色の幅がより広くビビットに!

ディスプレイのサイズや解像度はiPhone6sやiPhone6s Plusと変わりませんが、「広色域ディスプレイ」*1が採用されています。
また、最大輝度が、25%明るくなっています。


(*1) 色再現範囲を従来よりも拡大したディスプレイを広色域ディスプレイと呼びます。

 

iPhone初!防水対応

iPhone 7シリーズは、今回初めて防水に対応しました。
水深1mに約30分間沈めておいても動作に問題が出ない程度の防水性能と言われています。

 

これで台所やトイレなど、水のあるところや雨降りを気にしなくてすむようになるでしょう。

また、お風呂場で利用する人が出てくるかもしれません。

 

イヤフォンジャックがとうとう廃止に…

イヤフォンジャックがなくなりました。

これは防水機能を装備する都合もあるのだろうと思われます。

 

これに伴って、Lightning接続の純正イヤフォン「EarPods with Lightning Connector」と、3.5mmのイヤフォンをLightning接続できるアダプターが付属しました。

 

さらに、左右が完全に独立したワイヤレスイヤフォン「AirPods」も登場します。

「AirPods」は、「耳に引っ掛ける」ようにして利用します。

Bluetoothイヤフォンとは違い、ペアリングなどの面倒な設定はいりません。
このために箱から取り出せばすぐに利用できます。

 

ステレオは、音量が2倍!

本体が備えているスピーカーは、上下に分かれたステレオスピーカーになり、iPhone6sと比較して音量が2倍になっています。

 

Suicaとして使える!

日本で発売されるiPhone 7シリーズは、ソニーの非接触ICカード技術「FeliCa」に対応しました。
このために、Suicaが利用できるようになります。

 

ただし、Suicaへの対応は10月下旬に予定されており、発売日にiPhone 7を買っても、すぐにはSuicaとしては使えません。

 

メモリも増えてる?

アップル自身は公にしていませんが、メモリーが3Gバイトに増えていると言われています。

 

 

iPhone 7とiPhone 7 Plusの違い
最大の違いは、「デュアルカメラ」

iPhone 7とiPhone 7 Plusの違いは、それほどありません。

違いの中で、一番大きいのは、iPhone7Plusにだけ「デュアルカメラ」が搭載されていることでしょうか。

 

iPhone 7のカメラ機能も大幅にアップ!

iPhone 7は画素数1200万の背面カメラを備えており、この点は、iPhone6sと変わりません。
しかし、「F値」*2が2.2から1.8となり、最大50%明るく撮影できるようになりました。


(*2)F値とは、レンズの焦点距離を有効口径で割った値で、レンズの明るさを示す指標として用いられます。 F値が小さいほどレンズは明るくなります。

 

また、従来はiPhone6s Plusのみで利用できた光学式手ブレ補正を搭載しています。

 

でも、iPhone 7 Plusは、さらに凄い!

一方、iPhone 7 Plusは、背面カメラに光学式手ブレ補正を搭載はもちろん、画素数1200万の広角カメラと望遠カメラの「デュアルレンズカメラ」を備えました。


このカメラでは、2倍の光学ズームが可能になりました。
ほかに、被写界深度を検知して背景をボカすエフェクトも利用できるようになりました。

サイズと重量
  • iPhone 7 … 138.3×67.1×7.1ミリ、138グラム
  • iPhone 7 Plus … 158.2×77.9×7.3ミリ、188グラム

 

ディスプレイサイズ
  • iPhone 7 … 4.7インチ
  • iPhone 7 Plus … 5.5インチ

 

おわりに

iPhone 7とiPhone 7 Plusのどちらを購入すべきかという点ですが、サイズの違いと、カメラしか違いがないので、選ぶのはなかなか難しいです。


もしカメラを利用する機会が多いということでしたら、iPhone7Plusを選んでおいた方が楽しみが多いかもしれませんね。

 
 コラムニスト情報
矢野勇雄
性別:男性  |   職業:パソコンサポーター

福岡市とその近郊でパソコンの出張サポートをやっています。パソコンを使っていて困った際のサポートを行っています。具体的にはパソコンの初期設定、インターネットへの接続、ウイルスなど迷惑ソフトの削除、旧パソコンから新規パソコンへの各種設定・データの引っ越しなどをやっています。

 おすすめ新着コラム
     

     PC・家電のコラム

     写真・カメラのコラム