【恐怖の夢占い】「殺し」に関する夢を見る意味とは?殺す、殺される…などパターン別心理。

【グロ・恐怖画像なし】「殺し・殺人」に関する夢の意味とは?殺す、殺される、殺されかける…また相手(恋人、友人、親、家族など)から方法(刃物で刺される、殴られる、首絞め、銃で撃たれるなど)別に詳しく診断。

執筆者: 釘崎アンナ 職業:サブカル研究家

 

「殺す」「殺される」夢を見る意味とは…

 

「殺す」「殺される」「殺されかける」夢…など、後味の悪い「殺し」に関する夢。
もしかして、悪い暗示なのでは?と思いますよね。

でも、実はほとんどの場合が悪い意味ではありません。
「殺し」に関する夢を見る心理を、パターン別で解説します。

 

1.自分が殺される(殺されそうになる)夢

自分が殺される夢は、 本当にゾッとする夢です。
殺してきた相手が知り合いだった場合には、目覚めてからもその相手に会うのが怖くなってしまうことも…。
けれど、意味さえ知ればきっと前向きに捉えられるはずです!

 

友人・同僚に殺される(殺されそうになる)夢

夢の中で自分を殺した相手が、友達、同僚だった時。
すごくショックの大きい夢ですが、悪い意味ではありません。

あなたを殺してきた相手は、やがて訪れるあなたの人生の転機や大きなチャンスの際に、手助けしてくれる人です。
またピンチの時に助けてくれる相手です。

この夢を見た時、モヤモヤしてしまう場合には勇気を出して相手に夢の内容を伝えてみましょう。
その時には、夢が暗示することも同時に伝えることが重要です。

 

親・家族に殺される(殺されそうになる)夢

これまたショックの大きい夢です。
ですが、これも決して悪い暗示ではありません。

家族に殺される夢は、「自立」を意味します。
また、親や家族から「自立」を求められていることを意味しています。
ネガティブな意味ではなく、「今、自立すべきタイミングである」という知らせのようなものなので、自立できていない場合には、思い切って自立に向けたスタートを切ってみるのもいいかもしれません。

 

恋人に殺される(殺されそうになる)夢

彼氏や彼女に殺される夢を見る心理。
実は、これも「転機」を表します。

また、彼氏や彼女に対して「恐怖心」や「不信感」を抱いてる可能性が多くあります。
「このまま付き合っていくべきなのか…?」と考えている場合にも見ることが多い夢です。

また「転機=恋人との別れ」を暗示します。
この暗示が自分にとってしっくり来てしまう場合には、思い切って恋を終わりにすることが幸せへの一歩かもしれません。

 

見知らぬ人に殺される(殺されそうになる)夢

知らない人に殺される夢。
基本的には、「幸運」の訪れを意味します。
人生の転機であったり、チャンスが訪れるしるしだったり。相手の顔を思い出せない場合や、はっきりと記憶に残っている場合、どちらも問題ありません。
後味は悪いですが、前向きに捉えて過ごしていきましょう!

 

2.どんな方法で殺された夢か

殺される夢を見た場合、「どんな方法で殺されたのか」それも大きな手掛かりとなります。
方法別にチェックしてみましょう。

 

刃物などで刺される

夢だとしても、かなり怖いのがこの夢。

突然に刺されて殺されてしまったという夢だった場合には、さほど問題がありませんが
刃物を持った相手に追いかけられる夢だった場合には、精神的に弱っている状態であることが多いです。

何か新しいことを始める時の不安や、人間関係に対する不安など、
思い当たることがある場合には、早いうちに相談できる相手を見つけて相談しておきましょう。

 

殴られる

殴られて殺される夢は、今の状態よりも運気がアップしていくことを暗示します。
相手が、異性であった場合には恋愛運のアップも期待できることでしょう。

 

首を絞められる

首を絞められて殺される夢を見た時は、極度のプレッシャーを感じている場合が多いです。
仕事などで、上司や後輩などからの期待が大きすぎて抱えきれない状態で、ストレスが溜まっていることも。

気にしないことは難しいですが、少しでも楽に考えられるよう息抜きをすることが大切です。

 

銃で撃たれる

銃殺される夢は、性的欲求が高まっていることを表します。
単純に欲求不満である場合や、パートナーとのセックスライフに不満がある場合も…。

また、撃った相手は性的欲求とは関係ありません。ただし、今後幸せを運んできてくれる相手である可能性が高いので、関係性は大切にしたいものです。

 

3.誰かを殺す夢

誰かを殺してしまう夢を見た時。
夢の中とはいえ、自分のしてしまったことにゾッとしてしまうと思います。
一体、どんな心理なのか相手別に確認してみましょう。

 

憎い相手を殺す夢

現実でも、憎い相手、嫌いな相手を殺す夢を見た時。
「もしかして、正夢に…?」なんてゾッとしてしまうかもしれませんがそんなことはありません。

しかし、 その相手に対してかなりの怒りやストレスが溜まっていることが表れています。
脳がその状態を察し、夢の中で発散しているともいえるでしょう。

相手を殺してスッキリした場合は、その怒りやストレスが夢のおかげでいくらか発散できたことになります。
後悔やモヤモヤが強い場合には、今後現実で和解や関係の修復などができることを暗示しています。

 

憎んでいない相手を殺す夢

全く憎んでいない相手、または全く知らない相手を殺す夢。

それは、相手に対する感情ではなく「自分を変えたい」という感情の表れです。
現在の自分に納得がいっていない状態で見ることが多い夢です。

何が原因なのかを、じっくり考えてみるのをお薦めします。

 

恋人・好きな人を殺す夢

彼氏や彼女、または好きな異性を殺す夢を見る意味。
それは「独占欲」が高まっている表れです。

でも、決して悪い意味ではありません。恋人との関係性を変えるキッカケが訪れる暗示でもあります。
トラブルを抱えているカップルは、解決に向けて動き出せることもあります。

 

さいごに

 

「殺し」に関する夢は、主に「変化」や「転機」「チャンスの訪れ」を表します。

とはいえ、モヤモヤしてしまう場合には、夢の内容を友人や家族などに話すことをおすすめします。

 

殺す、殺される夢は、正夢になることはまずありませんが、

夢は話すことで正夢になることを防ぐともいうので、モヤモヤがとれない人は他人に話すことで解決しましょう。