トイレした後が臭い…消すには?使用後の匂い消し・対策方法5選

トイレしたあと臭いが残る、恥ずかしい…。使用後のトイレの匂いを残さない・消す方法とは?外出先や旅行先のホテルなどでおすすめの臭い消し方法をご紹介。使用後の臭いの予防・対策法、トイレをした後の消臭方法をまとめました。(水を流す、パワー脱臭、消臭スプレー、芳香剤、香水、ふたを閉める)

執筆者: 釘崎アンナ 職業:サブカル研究家

 

 

トイレした後が最強にクサイ…この臭いを消すには??

 

トイレをしたあとが臭い…。次に人が入ってしまったらどうしよう…。こんな経験はありませんか?

人の家や旅行で滞在中のホテルなど、トイレが1つしかない場合は尚更でしょう。

次に入る人のことを考えると、臭いを残さないようにするのはマナーです。

今回は、トイレをしたあとの臭いを予防・臭いを残さないよう消臭する方法をご紹介します。

 

 

 

①水を流しながらトイレをする

 

 

尿をするときと違って、便は出しきるまでに時間が掛かりますよね。

流すまでに時間が掛かれば掛かるほど、トイレ内に嫌な臭いが広がってしまいます。

臭いを残さない予防方法として、排泄しながら水を流すことで、臭いの元をすばやく処理することができます。

節水面で考えると良くはないですが、臭いを残したくない状況であれば、やってみても良さそうです。

 

 

②「パワー脱臭」を使う

 

 

最新型のトイレや、機能が充実しているトイレには「脱臭機能」が付いています。

よく見ると、「パワー脱臭」というボタンが付いていませんか?

排泄しはじめたタイミングでパワー脱臭をONにしましょう。

臭いを吸い取ってくれるので、知っておくと便利な機能です。

 

 

③消臭スプレー・消臭芳香剤を使う

 

 

それでも臭いが残ってしまう場合はどうしたらいい?

人の家や滞在先のホテルなど、次に誰かが入る可能性があるときは、しっかり臭いを消したいですよね。

そんな時の為に、トイレ用の消臭スプレーを持ち歩くことをおすすめします。

携帯できるミニサイズのものから、1滴垂らすだけでOKな消臭芳香剤など、色々な種類が発売されています。

バッグの中に入れておけば、もう臭いを恐れることはありません。

 

 

 

 

④香水を垂らす

 

 

消臭スプレーや消臭芳香剤を持ち歩いていないときは、香水フレグランススプレー制汗剤でも代用可。

ただし、臭いを取るものではなく誤魔化すものなので、大量に振りまくのはNGです。

 

 

⑤便座に蓋をする

 

 

最後にトイレから出る際、忘れてはいけないのは蓋を閉めること。

便器に蓋をすることで、臭いの元をシャットアウトします。

臭いを個室に広げないことはもちろん、ウォシュレットが付いているタイプのトイレなら節電にもなります。

 

 

 

トイレのあとの臭いでもう悩まない!

 

 

次に入る人のことも考えられる人って素敵ですよね。

ぜひ、トイレを使用するときの参考にしてみてください。