【男性心理】彼氏からの悩み相談に「否定的な言葉」を返すのはNG!愚痴の正しい聞き方

彼氏から突然別れを切り出された!それは、いつも無自覚に行っている行為が原因かも?自分の意見や価値観を押し付けるなど、してはいけないことをピックアップしてみました。

執筆者: 松崎 有里 職業:心理セラピスト
男性心理を知る!彼氏からの愚痴、悩み相談に「否定」はNG

こんにちは。心理セラピストの松崎有里です。


お付き合いをしていると徐々に地が出てきてしまうものですが、あなたにしてみれば自然体、当たり前の姿でのコミュニケーションをしているかと思います。

けれども、あなたはただ自然な言動を繰り返していただけなのに、気付いた時には彼の態度がよそよそしくなっていて、突然別れ話を切り出されて訳が分からない…なんて経験はありませんか?

あなたが無自覚に行っていた行為が、実は知らぬ間に彼を傷付けていたかもしれないのです。

 

 

「でも、それはさぁ」男性は否定されることが嫌いです

日々、戦い続けている男性は、女性との時間に癒しを求めます。

何も言わずに自分を丸ごと受け止めて欲しいと、彼はあなたにいろいろ相談することでしょう。

その時に、彼の意見に対して「でも、それはさぁ」と切り返す女性がいます。
実は大半の女性が、男性の話に対して途中で口をはさみ、自分の意見を押し通そうとすることを無意識でやっています。

 

男性は、悩み相談を否定されると、人格まで否定された気分になる

それは、「彼にもっと良くなって欲しいから助言をしたい」という気持ちの表れだということはよく分かりますが、彼女が自分の意見を主張し始めた瞬間、彼の中には否定された感覚が残ってしまいます。

 

あなたにそんなつもりはないのでしょうけれど、これが続くと人格まで否定された気になってくるものです。

「自分が話したい」「自分の意見の方が正しい」はNG

男性の愚痴や悩み相談に対して途中で口を挟み、自論を展開するということは、彼への助言という名のもと、「私の意見の方が正しい」という、彼に勝とうとする意識が働いていることを自覚してください。


これだと、「私の思いこそ分かってよ」と彼に強いることになり、彼は受け止めてもらうどころか、むしろ彼女の心の面倒を背負う立場へと逆転しています。

 

今回は女性から男性への仕打ちの話ですが、逆の立場でもしばしば起こります。

 

癒して欲しいときに、逆に癒す側に回るのはツラい…

話を聞いて欲しかったはずの男性が、いつの間にか彼女の気持ちを受け止めてあげなければいけない側に回っている状況。

相手が優しい男性だったなら、ケンカに発展しないよう、何度も自分の意見を飲み込んだ人もいるかもしれません。

それが積もりに積もった結果、あなたから気持ちが離れてしまうのでしょう。

 

まずは、黙って彼氏の話を受け止めよう

まずは、あなたが肯定的な姿勢で彼の話を黙って受け止めてあげましょう。

あなたが話をするのは、その後です。

人は心から自分の意見を分かってくれた人に、特別な感情を抱きます。

肯定的に相手の話を受け止めるということは、それほどに効力があるのです。

自分の意見ばかり押し通そうとしていた無自覚の行動に気付いて、改善していきましょう。

 
 コラムニスト情報
松崎 有里
性別:女性  |   職業:心理セラピスト

はじめまして。
心理セラピスト、松崎有里です。

東京都恵比寿にて、女性専用セラピールーム
「Bright Moon」を開業しています。

ヒプノセラピー、NLPのスキルを使ったセラピー、カウンセリングやコーチング、スピリチュアル、ヒーリングなどを取り入れております。

恋愛関係はもちろん、家族間や社会の人間関係における心理を得意とし、心の仕組みをひも解く日々です。

人というものを深く知る為には、現実的心理アプローチと、第六感的能力を生かした、スピリチュアルアプローチの両側面が必要だと感じており、その人に適した癒しが起こるよう、毎日奮闘しております。

ホームページ
http://www.bright-moon.jp/

ブログ
「自分を大好きになれる!ヒプノセラピーBright Moon」
http://ameblo.jp/kokorohakirakira