飼い犬のしつけNG事例!やんちゃな性格の犬にしてはいけないこと

うちの犬、元気でやんちゃすぎる…。落ち着いた性格にならないのは、飼い主さんのNG行為のせいかも?良かれと思って、逆効果になることをしていないか確認してみましょう。

執筆者: Dog index Makiko 職業:ドッグトレーナー
うちの犬、性格がやんちゃすぎ!…飼い主がやってはいけないNG行為

元気でやんちゃな犬と暮らしている方がよく口にする、「落ち着いてくれたら○○したいんだけど」という言葉。
落ち着いた犬になるには、いったいどうしたらいいのでしょうか。


オーナーさんが良かれと思ってやっていることが、実は逆効果になっていることがあるのです。

 

 

やんちゃな犬のしつけNG行為1 ケージやサークルに閉じ込める
  • 「落ち着いたらもっと自由にしてあげよう」
  • 「落ち着いたら遊んであげよう」
  • 「落ち着いたら…」

 

こう思ってケージに閉じ込めてしまうのは、NGです。

 

自由に動けなかった分、ケージの外に出たらパワーが炸裂!

ずっとケージの中にいる犬にとって、一歩ケージから出たら、たとえ室内であっても外へ出たのと同じ。
自由に動けなかったパワーが炸裂します。

 

人間の子どもに置き換えてみると分かりやすいのですが、やんちゃ盛りの子供が家の中で走り回るからといって、閉じ込めますか。

そうはせずに、外で体を存分に動かして遊べるようにするでしょう。


犬も、自然の中でしっかり五感を使ったお散歩や遊びをすることで、落ち着いた犬へと近づいていきます。
そうすると、室内でケージから出していても、リラックスして過ごせる時間が増えていくことでしょう。

やんちゃな犬のしつけNG行為2 リードを短く持って散歩する

右へ左へと蛇行されると、危ないからといって、ついついリードを短く持ってしまいがちです。

ですが、その状態では常に引っ張りながら歩いていることになります。

 

引っ張りグセは直らず、散歩中の満足度も低いので、長い時間散歩しているにも関わらず、全然落ち着いてくれないということになるのです。

やんちゃな犬のしつけNG行為3 とにかく走らせる

運動が足りていないからといって、ランニングマシーンで走らせたり、自転車引きで走らせるようなことはやめましょう。

 

精神的に満足できるお散歩でないと意味がない

まず、自転車での散歩は大変危険な行為なので言うまでもないですが、ランニングマシーンのように、犬が自分のペースではなく走らされて、体がグッタリと疲れたとしても、精神的に満足できる散歩にはなりません。


それどころか、逆に興奮しやすくなってしまうことがあるので注意が必要です。

やんちゃな犬の性格には、理由がある

おとなしい犬がいれば、やんちゃでエネルギッシュな犬もいます。

他の犬と比べても何も始まりません。

 

なかなか落ち着いてくれない時には、必ず理由があるはずです。

「うちの犬はこういう犬だ」と諦めて決めつけずに、原因を考えてあげてくださいね。

 
 コラムニスト情報
Dog index Makiko
性別:女性  |   職業:ドッグトレーナー

「イヌと人の笑顔を少しでも増やす!」という目標のために、
Vancouverへ渡航。
現地のドッグトレーナー養成学校で、「おやつや体罰を使わない」
オーナーさんとイヌの絆をつくる というトレーニング方法を学ぶ。

卒業後はドッグウォーカーや、Dog daycare
(犬の預かり施設)に勤務。
帰国後、動物病院での業務を経験。
Dog indexドッグトレーナー 神奈川担当として活動中。
神奈川県内の動物病院にてパピー教室、相談会を担当。

*College of Canine Behavioral Science(Vancouver, Canada)卒業

*動物看護師統一認定機構認定 動物看護師
*愛玩動物飼養管理士
*愛犬飼育管理士

パートナー犬は、2011年生まれのシェルティー。
Kiitos(キートス)♂です。

 

 生活のコラム

 ペットのコラム