神奈川県の桜の名所・穴場スポット5選(長興山紹太寺、若宮大路、野毛山公園、生田緑地、小田原城址公園)

執筆者: Hama

もうすぐお花見のシーズンです。今年はいつごろの開花でしょうね。
今回は都内からもアクセスしやすい、神奈川県の桜の名所とその付近にあるグルメをご紹介します。

 

 

小田原市 長興山紹太寺(しょうたいじ)のしだれ桜

小田原駅から箱根登山鉄道に乗り、入生田駅から徒歩5分の場所にある長興山紹太寺の敷地内にあるしだれ桜は、江戸時代に植えられた樹齢340年の大木です。

3月下旬から4月上旬が見ごろで、神奈川の銘木100選にも選ばれています。

鯛めし弁当、鯵の押し寿司

小田原駅に小田原名物「鯛めし」と「鯵の押し寿司」が売られています。鯛めしといっても鯛が一匹入っているわけでは無く、代用されている魚肉のそぼろが炊き込みご飯にかけられている、というものです。

鯵の押し寿司は、明治のころから塩と酢でしめた小鯵を使ったさっぱりとした押し寿司のことです。

鎌倉 若宮大路(わかみやおおじ)

鎌倉鶴岡八幡宮若宮大路にある、段葛(だんかずら)と呼ばれる一段高い歩道。

その両側にあるソメイヨシノは350本ほど植えられており、満開の時期には提灯が点灯しているためたくさんの人が訪れます。

開花時期は3月下旬から4月上旬。周辺は道が狭く、駐車場も限られていますので、ぜひ公共交通機関でお越しください。

 

 

また、源氏池のほとりでも桜が楽しめます。

 

 

テラデリ

JR鎌倉駅東口から徒歩6分の場所にある「テラデリ」(TERRA DELI)カフェをご存じですか?

体にいいお野菜やお肉を厳選して作られたヘルシーなメニューが大人気のお店です。

桜の季節でもそれほど混み合わない穴場です。

 

野菜たっぷりのキーマカレーなどはテイクアウトできますので、桜を見ながらベンチで食べるのがおすすめ。

 

小町通り

鶴岡八幡宮へ向かうまでの長い通り。殆どの人はここを通り、鶴岡八幡宮の桜を見に行くかと思います。

途中ではおだんごやおせんべい、飲み物など様々な出店がされていますので、好きな食べ物を楽しみながら鎌倉散歩を楽しんで下さい。
 

 

横浜 野毛山公園

横浜市の西区野毛にある「野毛山公園」は、野毛山動物園に隣接された広い公園として市民に愛されている公園です。

展望台があり、そこから横浜のみなとみらい地区などを一望することができます。

展望台よりもう少し奥まった場所には遊具の広場があり、その周辺に何本もの桜の木が植わっています。
ここの桜は背が高いため覆いかぶさるような感じではないのですが、400本もあり圧巻させられます。
動物園でたくさん動物を見てから、桜の木の下でお弁当が楽しいですよ!
みなとみらい地区からも近いので、お花見シーズンに観光に来られた方、ぜひ見に来てくださいね。

崎陽軒 シウマイ弁当

横浜といったら、という感じになってしまいますが、シウマイ弁当だけに限らないのが崎陽軒さんのすごいところです!

春期限定の桜エビごはん弁当、春の神奈川味わい弁当をはじめ、横浜ならではの海鮮チリソース弁当、チャーハン弁当、フカヒレあんかけチャーハン弁当などレパートリーは豊富です!

じっくり選んでみてくださいね。

 

 

向ケ丘遊園 生田緑地

ここは本当に穴場。

お花見スポット情報にも滅多に載らない、本当に貴重な「のんびりできるお花見」場所です。

小田急線に乗って向ケ丘遊園で降り、歩くこと15分程度。

生田緑地という広大な公園に到着します。

 

ここは入園無料の大変広い公園施設で、公園というよりはもはや小さな山。生田緑地で最も標高の高い枡形山広場で、ゆっくりお花見が楽しめます。

展望台からは都心や多摩川が一望でき、リラクゼーション目的で訪れる人も多いとか。

 

岡本太郎美術館

生田緑地にはいくつかの施設があり、岡本太郎美術館もその1つ。

カフェが併設され、テラス席もあるので、春限定メニューを楽しんで下さい。以前利用した際には、桜の花びらを使用した桜ティーがありましたよ。


とりあえず3か所の見どころとそれぞれの場所にあるおすすめお弁当をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

 

小田原城址公園(おだわらじょうしこうえん)

さくら名所100選の地に選ばれた小田原城址公園

約320本もの桜が楽しめる光景は、まるでピンクの霧のよう!

ライトアップのほか園内には小さな遊園地も併設され、「きもので街歩き」「稚児行列」など一風変わったイベントも開催されていますので、1日中楽しめること間違いなし。

 

 

御食事処 本丸茶屋

小田原城址公園内にあるお蕎麦屋さん。店内から外は、桜に囲まれた小田原城が見えます。

焼きおにぎりに天然ダシ100%のおつゆを掛けて食べる「小田原戦国武将茶漬け丼」がおすすめ。

 

また、小田原城址公園の芝生広場にレジャーシートを引いて、お手製のお弁当を食べる人も多いです。

おわりに

圧巻される桜景色や、人ごみに流されないゆったりお花見のスポットをご紹介しました。

都心からのアクセスもいい上に、1日中観光できる場所ですので、桜の知らせが届いたら、ぜひお弁当を手に遊びにいってみてくださいね!

 
 コラムニスト情報
Hama
性別:女性  |   現在地:神奈川県横浜市  |  

神奈川県横浜市在住のHamaです。

高校生の息子と夫の3人暮らし。

花粉症と喘息、原因不明の湿疹を糖質制限やサプリメントだけで治すことができ、とっても幸せな春をすごしています。
それからは栄養素について学んでいます。

主婦目線ですが、心のこと、家族のこと、体のこと・・・
色々なことを共有して役に立てていけたらとっても嬉しいです。

よろしくおねがいします。

 

 旅行のコラム