シリコンバレーにある、グーグル本社への行き方と場所を紹介

執筆者: 山ちゃん

今となっては誰でも知っている有名企業「グーグル(Google)」。

 

六本木ヒルズにあるグーグルの東京本社は日本のメディアにも度々紹介されます。

なぜなら、場所が六本木ヒルズにあることもそうですが、その他に銭湯をイメージしているフロアがあったり、社員食堂が無料だったり、ビリヤード台があったりと、何かと話題になる要素があるからです。

 

では、サンフランシスコのシリコンバレーと言われている場所にあるグーグルの本社はどのようになっているのでしょうか?

 

そこで今回は、グーグル本社への行き方と場所、そして建物の一部をご紹介します。

 

 

グーグル本社の行き方と場所 (San Antonio駅から)

まず、グーグル本社の場所ですが、住所は

1600 Amphitheatre Parkway Mountain View

となっています。

 

最寄り駅はCaltrainのSan Antonio駅です。

 


駅からは歩けることは歩けますが、バスかタクシーをお勧めします。

 

バスであれば駅前のカフェのある通り(Showers Dr.)を駅側から見て左に数分歩きます。

するとCalifornia St.との交差点にバス停を見つけられます。

このバス停で、40番のVTA Busを待ちます。

 

※カフェの目の前にもバス停がありますが、こちらには40番バスが停まりません。

 

バスに10分ほど乗っていると、左手にGoogleのロゴが見えてきますので、このタイミングで停止リクエストの紐を引く(ボタンではないです)と、ちょうどGoogleの入口付近で降りることができます。

 

グーグル本社の行き方と場所 (San Antonio駅まで)

San Antonio駅からグーグル本社までの行き方は既に紹介しましたが、みなさまが宿泊するであろう、サンフランシスコの市街地からSan Antonio駅までの移動は結構大変です。

 

実際に地図で見ると、こんなに離れています。

 

 

正直、電車でも1.5~2時間かかります。

乗換がうまくいかない場合、1時間程待ってしまう場合もあります。

 

では、実際にサンフランシスコ市街地からSan Antonio駅までの行き方をご紹介します。

 

まずは市街地からMillbrae駅まで行きます。

乗る電車はBARTという路線です。

 

 ▲左上の赤い四角が市街地 下部の四角がMillbraeです

 

Millbraeに着いたら次はCaltrainに乗り換えます。

※ここの乗換が重要です(私は1時間待ってしまいました)

 

Caltrainに乗って、San Antonio駅まで行きます。

 

 

 45分くらいかかったと思います。

 

あとは既に紹介したように、バスを待ってグーグル本社まで行きます。

 

グーグル本社の一部を紹介

ここまで頑張れば、あとはグーグル本社内の敷地に入って見学をします。

その一部を紹介します。

 

▲アンドロイドとドーナッツ

 

▲ほかにも色々なキャラクターがいます

 

▲ひいて撮影するとこんな感じです。
 
▲敷地が広いので、自転車も借りられます
 
▲敷地が広い為、ビルは高くなく横に大きいです
 
▲お天気のいい日は、外でくつろげます
 
おわりに

いかがでしたでしょうか?

世界でも有名な企業の本社を見に行くだけですが、この他にも様々な企業が近くにあるので、行ってみる価値はあります。

 

この記事を参考にグーグル本社に行ってみてはいかがでしょうか?

 

※記事の内容は、掲載当時のものです。

 
 コラムニスト情報
山ちゃん
性別:男性  |   現在地:関東  |  

肉と魚だったら魚を選びます。
牛と豚と鶏だったら鶏を選びます。
レアとミディアムとウェルダンだったらミディアムを選びます。
うどんとそばだったらそばを選びます。
赤ワインと白ワインだったら赤ワインを選びます。
醤油と味噌と豚骨と塩だったら塩を選びます。
イカとタコだったらイカを選びます。
カニとエビだったらエビを選びます。
紅茶とコーヒーだったらコーヒーを選びます。

ある程度、自己が固まってきたので、自己を紹介してみました。


気まぐれでコラムを執筆しています。
よろしくお願い致します!

 

 旅行のコラム

 ビジネス・経済のコラム