プーケット周辺のマリンスポーツ!タイ観光時に遊べるアクティビティまとめ (1/2)

執筆者: さくらこ 職業:旅行会社経営 スポーツインストラクター
はじめに

世界に名立たる、タイのビーチリゾートであるプーケット島。
プーケットに来たら、エメラルドグリーンの海と存分に仲良くしてほしいです。


プーケット島内や、プーケットからボートで15分程度の島に行くと、数多くのマリンスポーツを楽しむことが出来ます。
中には泳ぎが得意でなくても大丈夫なもの、日本語での説明が受けられるものもあります。
見かけたら、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

 

ダイビング

プーケットには、日本人が経営するダイビングショップも数多くあります。
既にライセンスを持っていれば、そういったショップに予約をしてはいかがでしょう。
魚影が濃いスポットが、プーケットの近隣の海にはたくさんありますよ。
ジンベイザメや、マンタにも出会えるかも。

もしまだライセンスもなく、ダイビングの経験もないという場合は、1日離島ツアーに体験ダイビングが追加出来るものもあります。
本格的ではなくても、ちょっと気軽に体験出来る場所もあります。

 

 

シュノーケリング

プーケット周辺の海では、11-3月のハイシーズンは、シュノーケリングが出来る場所もあります。
それ以外の季節は海が荒れるため、シュノーケリングには適しません。
年間を通じてでしたら、コーラル島、ラチャ島、ピピ島カイ島など、近隣の島に行くことをお勧めします。


プーケットから出発する1日離島ツアーには、シュノーケリングマスクが含まれています。
ライフジャケットも無料貸し出しがありますが、フィンは有料のところが多いです。


ツアーによっては、船を沖に止めてのシュノーケリングタイムがあります。
足の下には、怖いぐらいの珊瑚や魚がうようよ見える、シュノーケリングスポットもありますよ。 

 

 

パラセイリング

風を受けて、大空を高く舞うパラセイリング。


パラセイリングを背負ったら、スピードボートがゆっくり引っ張り上げてくれます。
約10分間、空と海の間で、ふわふわ漂う夢心地が味わえます。

空の上から見る風景は、忘れられない思い出になることでしょう。

 

パラセイリングはプーケット島内の各ビーチや、離島のコーラル島で楽しむことが出来ます。
天候が悪いときや、強風のときは、安全のため参加を控えましょう。

 

 

バナナボート

バナナの形のゴムボートにまたがって乗り、スピードボートに引っ張ってもらいます。
プーケットでは、5人乗りぐらいのボートが多いようです。


波を跳ねるように進むボートから落っこちないように、バランスを取って乗ります。
ですが、船がわざと旋回して、ボートから振り落とされたりすることもあります。
みんなでワーッと、海の中に落ちるのも楽しいですよ。


ライフジャケットは着用して乗りますが、足が着かない場所が怖い人などは、参加しない方が良いです。 

 

 
 コラムニスト情報
さくらこ
性別:女性  |   現在地:タイ プーケット  |   職業:旅行会社経営 スポーツインストラクター

こんにちは。タイ・プーケット島に20年住んでいます。夫婦で旅行会社を経営する傍ら、趣味でやっていたテコンドーに没頭しすぎて、現在はインストラクターもしています。タイ旅行(特にリゾート地)のノウハウや、そこでの生活などを綴っています。

2005年から続いている、ブログも見てやってください。
http://phuketwebm.exblog.jp/

 

 旅行のコラム