一眼レフデジタルカメラやレンズのお手入れ方法!3stepで終わるお掃除手順と、おすすめアイテム (2/2)

執筆者: 植村耕司 職業:写真家
イメージセンサーの清掃は自分ですべきではない

大まかにはこれでお手入れは終わりです。
お手入れ後は、防湿庫に保管したりカメラバックに収納しましょう。

しかし、肝心なことを書いていません。

そうです。デジタルカメラの心臓部、イメージセンサーの清掃についてです。

 

ミラーレスカメラですと、レンズを外すとイメージセンサーが直ぐに見えます。
1眼レフデジタルですと、ミラーの奥にあります。

 

イメージセンサーの埃の確認の仕方

このイメージセンサーが汚れていると、写真に埃が写りこみます。

ポートレートなど、開放付近で撮っていると気付きませんが、風景などある程度絞り込んで撮ると、F8くらいから埃は確認出来ます。

 

F10からF16くらいまで絞って空を撮ってみれば解ります。

黒く小さな点は、全て埃やゴミです。

 

イメージセンサー清掃キットが売られている

最近のカメラはセンサークリーニングが自動で行なわれるような設定がありますが、それでも全て綺麗になるわけではありません。


カメラ量販店などでは、イメージセンサー清掃キットなるものが販売されています。

それらを使い、自分で清掃するのも一つの手ではあります。

 

自分で清掃すべきではない理由

しかし私は反対です。

イメージセンサーは心臓部です。

もしも気軽に清掃して傷をつけてしまった場合は、カメラを修理に出さなくてはなりません。

 

もちろん有償修理です。
イメージセンサーの修理は大変高額だと思いますので、なるべく自分では触らないようするのが私流です。

 

新しいカメラですと、購入時より1年間は無償でメーカーが掃除してくれます。

保障を過ぎても1000円程度でしてくれます。
お近くにメーカーのサービスセンターが無くても、メーカーのホームページから郵送で受け付けてくれる場合が多いですので、積極的にメーカーを使っていきましょう。

おわりに

最後に、どうしてもしっかり清掃したい方は、1週間から10日間撮影を我慢し、メーカーに清掃と点検を出すという方法もあります。


私の場合、仕事用ですのでカメラとレンズ、アクセサリー類がほぼ3セットあり、一度の仕事で持ち込むのは2セットです。そのため時期をずらして、1セットはメーカーに清掃点検に出します。

 

そして年に1度、概ね年末年始を利用し、全てを点検に出します。
気持ち良く撮影する為に、カメラやレンズも手入れをし、いつも綺麗にしておきましょう。
お手入れは、いざという時のトラブル回避にも繋がります。

長々と書きましたが、結論「最後はメーカーに出せ」。

これに尽きます。 

 

 
 コラムニスト情報
植村耕司
性別:男性  |   職業:写真家

クラシックコンサートからミュージカル、ダンスなど各ジャンルの舞台を中心に大阪から神戸、阪神間から関西一円で活動しています。
JPS 公益社団法人 日本写真家協会会員
JSPS 日本舞台写真家協会会員

植村写真事務所
http://uemura-photo.com
Facebook
https://www.facebook.com/uemuraphoto
マイベストプロ
http://mbp-kobe.com/uemura-photo/

 

 写真・カメラのコラム