胃が痛い、食べ過ぎた…そんな時は「大根」を食べよう!だいこんの栄養効能とおすすめ保存レシピ

暴飲暴食には大根が効果的!飲み会続きで胃腸もたれ、胃が痛いなどの不調は、ダイコンで調整しませんか?切り干し、おろし冷凍などの保存レシピも解説。

執筆者: 笹生暁美 職業:フードデザイニスト
華やかな季節は大根でセルフケア

こんにちは、フードデザイニストの笹生暁美です。


年末年始はとかく外食が多くなります。
いくら美味しい、楽しい外食でも、ずっと続くと「普通のものが食べたい」と思います。

そんな時におすすめの食材は、今が旬の大根です。

 

 

食べ過ぎに効く大根パワー

大根は何といっても消化を助ける働きが強いのです。
デンプン分解酵素のジアスターゼ、タンパク質分解酵素のステアーゼ、脂肪分解するリパーゼを初めその他にも沢山の種類が消化をサポートしてくれます。

また消化不良を助ける他、胸焼け、二日酔い、食べ過ぎてできてしまった口内炎にも効くそう。

ただ酵素は熱に弱いので、消化を助けるためには生で召し上がって下さい。
特におすすめが大根おろしで食べる方法です。
天ぷらや揚げ出し豆腐に大根おろしがついてくるのは、さっぱりと食べるためだけではく、消化促進のためでもあります。

 

 

体の中を若々しくキープ!

大根おろしのパワーはそれだけではありません。

すりおろすとピリッとした辛味が強くなりますよね。

この辛味成分はイソチオシアネートといい、優れた抗酸化作用があるのです。


体のサビを取ってくれる働きをする抗酸化作用は、体の中を若々しく保つ効果が期待できます。

冬の乾燥気味のお肌、大根おろしで美肌にしてみませんか?

便秘対策にも

大根おろしには食物繊維も多く、ジアスターゼと繊維の共同作業で他の野菜以上に便秘解消にいいのです。

また大根にはリグナンという制がん性を持つ食物繊維もあります。

リグナンはおろしたり千切りにすると増えるので、簡単に作れる大根おろしは利用価値大ですね。


便秘は万病の元。ぜひ、解消したいものです。

ゆっくり食べてダイエット効果も

忘れていけないのは大根の葉です。

葉は邪魔だとポイと捨てていませんか?

 

大根の葉には根にはないメリットが沢山あります。
βカロチンが豊富ですし、女性に不足しがちと言われる鉄分も豊富です。

 

大根の葉や皮もお料理に使うことで、食物繊維の摂取量が増えます。
また自然と噛む回数が増えるので、食事の時間も長くなり満腹感が出てきます。


ゆっくり食べると早食いするより量も減るので、ダイエット効果も期待できます。

扱い方のヒント

大根を使い切る自信のある人は少ないでしょう。

そんな時は、大根おろしにして冷凍するか、切って干しましょう。

 

大根おろしを冷凍

大根はそのまま冷凍すると食感が悪くなりますが、大根おろしにしたら大丈夫です。
皮ごとおろし、出た汁も一緒に袋に入れてすぐに冷凍して下さい。

 

薄切りにして干す

また薄く切って干してみてもいいですね。週末のお天気の日に薄いものなら1日でも乾燥します。

干すとほとんどの栄養価は増えます、特に鉄分は50倍にも増えるそうです。
保存も利きますし、のんびり週末に手作りしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

大根は別名「すずしろ」と言います。

「清白」と書き本来は女性の肌の美しさを表す言葉でした。

大根のもつ栄養で肌の美しさが作れそうです。

 

値段もお手頃で沢山の美容効果がある大根。

疲れた体を大根で労わって、年末年始を楽しんで下さいね。

 コラムニスト情報
笹生暁美
性別:女性  |   職業:フードデザイニスト

主な取得資格
スイーツ:コルドン・ブルー ロンドン校にてサティフィケート取得
マクロビオティック:リマ・クッキングスクール師範科卒業
ローフード:アメリカ・LLCAIにて公認インストラクター取得
    

 おすすめ新着コラム

     グルメ・レストランのコラム

     健康・医療のコラム

     趣味のコラム