チョコレートに合うお茶は?チョコと相性がいい飲み物を、お茶ライフコーディネーターが紹介

チョコレートに合うお茶は?お茶ライフコーディネーターおすすめの、チョコレートに合う飲み物と美味しい入れ方を紹介。

執筆者: 堀部珠美
はじめに

こんにちは。お茶ライフコーディネーターの堀部珠美です。

街はすっかりバレンタインの雰囲気に包まれていますね。
最近では自分用のチョコを買い求める女性も多く、売り手側もそれを察知しているようなので、店頭に並ぶチョコ選びにも力が入ります。

今回は、そんな自分へのご褒美チョコを楽しむ皆様へ、主役のチョコを引き立てるお茶をご紹介していきます。

 



ホワイトチョコレート・ミルクチョコレートには
ロイヤルミルクティー

ホワイトチョコは、カカオマスを使わずココアバターで作っているので、カカオ本来の苦味がせず、ミルキーでマイルドな味。

ミルクチョコは、乳固形分が14%以上入っているものなので、ビターチョコと比べると甘く、クリーミーです。

 

このように、苦味がなく、マイルドな味のチョコレートには、ミルクをたっぷり使うロイヤルミルクティーがおすすめです。

 

 

簡単ロイヤルミルクティー
  • リプトン イエローラベルティーバック2個
  • 水  60ml
  • 牛乳 120ml

 

  1. カップに材料を全て入れて、レンジ(600w)で2分。
  2. チンの後は1分蒸らして出来上がりです。

 

イエローラベルティーバックはホッチキスが無いので、レンジで使用できます。

 

高カカオのビターチョコレートには

ブラック、ダーク、スイートチョコレートとも呼ばれている、カカオマスが40%~60%入ったチョコレートです。

濃厚な甘味の中にバランスよく苦味と酸味があり、しっかりとした味の物には、烏龍茶がおすすめです。


烏龍茶も数多く種類がありますが、その中でも“岩茶(がんちゃ)”は、世界遺産にも登録された武夷山(ぶいさん)が産地であり、その力強い味と、甘い香りが特にビターチョコレートに合います。

 

 

岩茶
  • 茶葉     5g
  • 湯の温度   95~100℃
  • 湯の量    300cc

 

  1. ポット、ティーカップを温めます。
  2. 茶葉を入れ、湯を注ぎます。
  3. 蒸らし時間は約1分。
  4. 烏龍茶は何煎も飲めるので、2煎目以降は蒸らし時間を少しずつ延ばしてお楽しみ下さい。

 

和のチョコレートには

煎茶や抹茶を使ったチョコレートが、お茶屋の福寿園はもちろん、他のメーカーからも沢山販売されています。

こうした和風チョコレートには、お抹茶と合わせて頂くと、和の魅力が引き立ちます。

 

抹茶
  • 抹茶   ティースプーン1杯弱
  • 湯の温度 80℃
  • 湯の量  60~70cc

 

  1. 抹茶茶碗を温めます。[カフェオレボウルでもOKです]
  2. 抹茶を入れ、湯を注ぎます。
  3. 茶筅で抹茶と湯を混ぜ、ダマが出来る場合は茶筅の穂先でつぶして下さい。
  4. “m”の字を書くように素早く動かします。

 

 

茶筅をお持ちでない場合はドレッシングマドラーや、ミルクフローサーなどでも点てることができます。

おわりに

たった1杯のお茶を添えるだけで、チョコレートがいつもと違う味わいになります。
チョコレートとお飲み物で、優雅な一時をお過ごし頂ければと思います。

 コラムニスト情報
堀部珠美

お茶ライフコーディネーターふぅてんです。

毎月のハーブブレンドレッスンや
中国茶極め塾など、お茶を中心としたお教室を主宰してます。

また、コサージュデザイナーとしても活動しており、
コサージュやアクセサリーの販売、レッスンも行っています。

ホームページ
http://salonfuten1.amsstudio.jp/