洋服の毛玉、原因は?毛玉防止のコツと素材を傷めない取り方

執筆者: ずぼら主婦(o^^o)hana
お気に入りの洋服に、毛玉は付いていませんか?

洋服の毛玉は、どうしてできるのでしょうか。


可愛いデザインの洋服でも、毛玉がひとつあるだけで、その価値は激減します。

毛玉のせいで、だらしない、貧乏くさい印象に変わってしまうこともあります。

 

毛玉の原理を知れば、洋服選びから変わってくるはずです。

 

 

なぜ、毛玉はできるのか?
毛玉は、生地の表面が摩擦によって毛羽立ち、飛び出した繊維同士が束になって絡み合うことで起こります。


特に摩擦の起きやすいのは、以下の時です。

 

着用の繰り返し

動作や、重ね着などで繊維同士がすれます。

また、机やショルダーバッグなどと擦れれることでも、毛玉は起きやすくなります。

 

洗濯時の衣類同士の擦れ

洗濯機の中で回転することにより、衣類は擦れあっています。

 

 

毛玉のできやすいファッションアイテム
コート、セーター、カーディガン、スウェット、靴下、ジャージなど

 

毛玉のできやすい素材

アクリルやポリエステルなどの、合成繊維です。
繊維同士が強く、固く絡まってとれにくいことが原因です。

毛玉のできにくい繊維

毛(ウール)、カシミヤ、アンゴラなどの、動物繊維です。
繊維が絡まって毛玉になっても、繊維が柔らかいので絡まってもほどけやすい特徴があります。

お手入れをして、毛玉を防ごう
洋服ブラシを使う

こまめにブラッシングをしましょう。

毛羽の絡みやホコリをはらっておくと長持ちします。

 

洗濯時は、ひと手間加える

摩擦を減らすために、洗濯ネットを使いましょう。

裏返して短時間コースで洗うと、毛玉の発生を軽減できます。

特に「裏返す」「ネットに入れる」ことがポイントです。

 

やってはいけない! NGお手入れ方法
毛玉取り器、カミソリ

生地が薄くなりやすいので、おすすめできません。

 

食器用スポンジ

毛玉の原因の摩擦を引き起こしていますので、洋服の寿命を縮めているだけです。

手やピンセットで引っ張ってちぎる

他の繊維まで引き出されてしまい、新たな毛玉を作ったり、ちぎれた繊維分の生地が薄くなります。

 

毛玉を防ぐ方法おさらい
毛玉のできる原因は
  • 動作や洗濯による摩擦

 

毛玉を防ぐには
  • 毛玉が起きにくい、動物繊維を選ぶ
  • カバンやクセ等繰り返しの摩擦に気をつける
  • 摩擦が起きないように洗濯時に注意する
  • 洋服ブラシで日々お手入れする

 

毛玉ができてしまったら?
  • はさみで丁寧に切る

 

おわりに

洋服は少し高くても、カシミアなど動物性のものを選ぶことで、長く着る事ができて、結果的にお得になるかもしれません。

 
 コラムニスト情報
ずぼら主婦(o^^o)hana
性別:女性  |  

低年収でもズボラでも楽々貯金できるhana流家計管理術を公開中!
http://zuborasyuhu.com/wp/

節約はとても楽しくてかんたんですよ(o^^o)v

 

 生活のコラム

  このコラムに関するタグ